スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月24日(火)活動報告  

 朝目を覚ますと今日も寒い夜明けだった。しかし、昨晩は早く床についたせいか、風邪はある程度抜けたような気がした。

 今日はいよいよ参議院で小泉総理の所信に対する代表質問が行われる。参議院院内第9会議室で行われる自民党所属参議院議員の総会(これは基本的に本会議の行われる日には必ず開会される)に出席。

 そののち本会議場へ。我が党からは青木幹雄議員会長が質問に立ち、決算重視やODA特別委員会の設置など参議院の独自性について主張を展開しながら、時には総理への苦言も含め、30分の質問、そして総理の答弁が行われる。

 その後院内の参議院幹事長室へ。昨年11月まで2年間住み慣れた幹事長室の副幹事長のたまり場へ久々に顔を出す。

 12:30からは首相官邸で政務官会議。これは各府省庁の政務官が月に一度昼食を取りながらの会議。省庁間の連携をしっかりと図る必要のある法案や政策もたくさんあり、実務的な議論や各省庁の取組などについて意見交換をする。今日の食事は、焼き魚とすき焼き風の煮物、ご飯、味噌汁、漬け物といった和食だった。

 その後あわてて党本部509号室へ向かう。13時から、経済産業政策ユニット会議が開かれる予定だったが、部会が長引きキャンセルに。この経済産業政策ユニット会議は経済産業省の副大臣、政務官と党の部会の幹部、経済産業の場合は、部会長、部会長代理、そしてエネルギー専任部会長との意見交換、或いは法案提出に向けての調整の場となり、中川秀直政調会長のもとでの新たな取り組みである。政治主導の政策決定という意味では 極めて意義深い仕組みだと言えよう。

 引き続き、党本部702号室で12時から続いている経済産業部会に出席。今日は説明法案が5本にのぼり、また韓国ハニックス社製の半導体に対しての報復関税の発動や、ヤマハ発動機の無人ヘリの不正輸出問題などで、通常は4、50分で終わる会議がほぼ2時間近く行われることとなった。

 その後、経済産業省に戻り、仕事の整理。その間、新経済成長戦略(これは経済産業省の進める3つの大きな戦略のうちの一つであるが、内閣府や財務省とは違った観点から日本の産業の力を活用した成長戦略の道筋を作る大きな取組)についてレクチャーを受け意見交換。この間に電話が入り、雑事がまた増えてしまった。

 16時半に小野晋也衆院議員の事務所にお邪魔をし、日韓議員連盟21世紀委員会(小野議員は21世紀委員会の委員長)のHP作成について打合せ。わたくしは21世紀委員会の事務局長を務めている。

 その後、車に飛び乗り、横浜へ向かう。今日も新年会は続く。新百合ヶ丘で麻生区の山崎直史川崎市議の賀詞交歓会に出席後、新横浜で藤代耕一横浜市会議員(横浜市連幹事長)の賀詞交歓会、昨日に引き続き、横山哲夫県会議員(鶴見の新年会)に出席する。横山哲夫先生は県会議員を8期31年勤める大ベテランであるが、来年の統一地方選挙には出馬をせず、孫の幸一君が出馬をすることになり、今年の新年会はそのお披露目も兼ねている。明日と明後日と4日間連続で合計1000名程度は出席するとのこと。横山哲夫議員の後援会である朗月会は哲夫先生の先代の頃からの後援会であり、40数年の歴史を持つ。横浜市幼稚園協会の賀詞交歓会には間に合わず、今日の仕事は遅延となる。

 その後東京に向かい、日本ベンチャー協議会の賀詞交歓会の2次会に合流。ホリエモンの話でひとしきり盛り上がる。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。