スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月26日(木)活動報告  

 朝は政務官室で多摩大学の山内教授らと航空産業のRFIDについて、また中部電力の川口社長とカタールとの二国間関係発展について意見交換。カタールは日本にとって4番目の天然ガス供給国だが、中部電力は400万トンのヘビーユーザー。その後、資源エネルギー庁の近藤資源・燃料部長とイランの核開発問題とアザデガン油田プロジェクトへの影響、ロシアの天然ガスプロジェクトについて意見交換。
 昼は定例の清和政策研究会(森派)の議員総会に出席。派閥(政策グループ)は毎週木曜日の昼に総会がある。その後、日本住宅ローン株式会社の大垣社長と面会。現在、前米連邦住宅機関監督局長のアマンド・ファルコン氏とダン・ボブ米連邦住宅機関監督局シニア・アドバイザーがアジアで住宅ローンの証券化を事業化する調査のため来日しており、大垣社長と引き合わせる。
 急いで横浜へ向かい、県喫茶飲食生活衛生同業組合賀詞交換会に出席。その後、また東京へ戻り、資料整理やスケジュールの打合せ。来週はいよいよ参議院で補正予算の審議が行われる。NHKでは、衆院の予算委員会が放映されていた。その後、赤坂プリンスホテルで開催されている日本中古自動車販売協会連合会の賀詞交歓会に出席。木谷専務理事は早稲田雄弁会の先輩。またまた横浜へ向かい、鶴見区にて昨日までの3日間に引き続き横山哲夫県会議員の新年会に出席、その後、県看護協会、県仏教会の新年会に出席する。
 もう一度東京へ戻り、先ほどのアマンド・ファルコン氏とダン・ボブ氏(ワシントンでウィリアムロス上院議員のスタッフを長くつとめたアジア通で、15年来の友人)の来日歓迎会を林芳正議員らと行う。結局、今日は東京・横浜間を2往復していた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。