スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月28日(火)活動報告 

 朝から政務官室に向かい、今後の原子力政策のあり方について検討を行っている原子力部会の中間骨子案について担当部署より報告。昨年のいわゆるバックエンド法の審議では党内でも色々議論があったが、「雨降って地固まる」で、日本の原子力政策の方向性は固まった。これから、長いタイムスパンで日本のエネルギー政策の柱となるのであるから、この報告の持つ意味も重い。

 その後、明日予定している伝統的工芸品産業振興協会表彰式について担当者と段取りを打合せ。

 正午から官邸に向かい、定例の大臣政務官会議に出席。今日は、性犯罪者処遇プログラムの実施と東アジアサミットが議題。この会議では毎回昼食が出るが、何となく変わったメニューが多い。総理の趣味なのだろうか?

大臣政務官会議


 今日は選挙応援のため、一路石川県の能美市へ向かう。小松空港に到着後、少し時間があるので、加賀東芝エレクトロニクスを視察し、三谷社長らと意見交換。さらに、寺井町商工会へ向かい、合併を控えた寺井町・根上町・辰口町・川北町ら四商工会の幹部の皆さんとまちづくり三法やものづくり法、政府系金融、信用保証などについて幅広く意見交換。

 その後、合併によってできた能美市の石川県議会補欠選挙の候補者(古い友人)の個人演説会へ。旧根上町は松井秀喜と森喜朗前総理の故郷。
スポンサーサイト

2月27日(月)活動報告 

 午前中は書類整理や面会をこなす。昼から経済産業省の本館の1Fにて、担当である一村一品キャンペーンの一環として行われる経済産業省ロビー展オープニングセレモニーに二階大臣と共に出席し、テープカット。関係各国の大使らも多数出席。本ロビー展では、今日から1週間、23カ国より77の特産品を展示し、産品に関する情報をより多くの方々に向けて発信していく予定。昼食は地下食堂のヘルシー弁当。

一村一品ロビー展


 その後政務官室に入り、今国会提出の中小組合法と意匠法について担当部署より報告。両法とも先月の党の部会で異論が出たため、明日の部会で再説明。知財関係の罰則強化は、知財立国を標榜するならこの程度は厳しくすべき。その後さらに1件の面会。

 党本部に向かい、経済産業政策ユニット会議に出席。自民党経済産業部会の松島部会長らと意見交換。今日は何かと新聞等でも報道されている、電気用品安全法の表示の変更に係る販売の経過措置について議論。やはり役所の広報体制というのは新しい時代に追いついていない。批判側はたくみにインターネットやメディアを利用しているのに。

 議員会館に向かい、横浜市都筑区からの国会見学団ご一行にご挨拶。

 夕方は、かつて通産大臣をつとめた森喜朗前総理を囲む経産省職員の会に招かれ、森会長と自分の関係についても説明。

2月26日(日)活動報告 

 まず茅ヶ崎市へ向かい、神奈川15区選出の法務副大臣、河野太郎衆議院議員の茅ヶ崎新春の集いに出席。河野太郎議員は自民党神奈川県連会長であり、現在行われている会長選挙にも立候補している。挨拶では秋の総裁選への立候補表明も。三代目の太郎代議士への期待は大きい。茅ヶ崎に柔道の道場を出した小川直也氏がゲスト。ハッスルコールで盛り上がった。

 その後、川崎市宮前区へ向かい、自民党宮前支部女性局定期総会に出席。宮前区は県議一名、市議四名に加え、山際大志郎代議士、小泉昭男参院議員もおり、支部の活動も活発なため、年明けからの会合出席数は最多。リラックスして煮物や野菜などをすすめられるままにいただく。

 夜、横浜市中区へ向かい、横浜市社交飲食喫茶技能連合会の賀詞交歓会に出席。社交飲食業生活衛生同業組合の理事長でもある平山会長の挨拶で盛り上がる。その後、川崎市多摩区登戸へ向かい、同区選出の伊藤弘川崎市議会議員の賀詞交歓会に出席。

2月25日(土)活動報告 

 朝、横浜市西区の新都市ホールへ向かい、神奈川2区選出の総務副大臣、菅義偉衆議院議員の西区新春の集いに出席。菅代議士は西区、南区、港南区、経済人と4回の新年会が恒例。

 相模原市へ移動し、昨日に引き続き(昨日は相模原北部、今日は南部)神奈川14区選出の赤間二郎衆議院議員の南部賀詞交歓会に出席。

 その後、川崎市幸区で行われている自民党川崎市連婦人部小倉班新春の集いに向かうが、渋滞がひどく、閉会後の後片づけの最中に到着。お土産をたくさんいただく。

 午後、再び新都市ホールへとんぼ返り。向かい、菅義偉衆議院議員の南区新春の集いに出席。その後横浜事務所へ戻り、遅い昼食後、事務所スタッフとミーティング。今年一杯の横浜での活動方針を打ちあわせ。いよいよ選挙モード(事務所は)。

 夜、横浜市磯子区へ向かい、神奈川1区選出の松本純衆議院議員の合同総会・懇親会に出席。やけにカメラが多いと思ったら、麻生外務大臣がゲスト。メディアはおもしろい話を期待して集まるが、ニュースになる話はなかった模様。その後、座間市へ向かい、同市選出の山本俊昭県議会議員の県政報告会に出席の予定が閉会に間に合わず、急遽、山本県議の後援会、若手「俊友会」の新年会に飛び入り。11時過ぎ帰宅。

2月24日(金)活動報告 

 朝から自民党本部へ。エネルギー戦略合同部会に出席。我が国エネルギー政策の課題について、日本エネルギー経済研究所の内藤理事長から話を聞く。さすがエネルギー安全保障の第一人者という整理されたプレゼンだった。

 一旦政務官室に入り、書類整理など雑務をこなしたあと、衆議院の院内へ。我が省提出の日メキシコ原産地証明法改正法案について、党の国会対策委員会に対し説明。今日は衆院でかなりの数の委員会が開催されているため出席者はパラパラ。

党国対法案説明


 遅れて党本部へ向かい、政策金融改革に関する合同部会に出席。ODAのあり方について議論。ODAのあり方が日本の国益にとって重要という立場からは、無償資金協力、技術協力、円借款が一つの組織で体系的に行われるようになる今回の改革は望ましい方向だが、エネルギー安全保障や日本の産業振興という観点からは、円借款と国際金融が分離されることには懸念がある(といっても、JBICでは円借款と国際金融のセクションが合併してもなじめなかったが)。その担保を今後どう現実化していくのかは今後も議論されることになる。

 その後、神奈川公団住宅自治会協議会の要望活動に駆けつける。家賃の現状維持と、管理の民間委託への反対が要望内容。

 昼休みに上野の歯科にて義兄に休憩時間を使って2か月前にはずれてそのままだったブリッジをかぶせてもらった。固いものを食べても安心。

 午後は政務官室で、雄弁会の後輩である沢田さいたま市議会議員と面会。その後、一村一品キャンペーンの一環で27日の月曜日に行われる、経済産業省ロビー展のオープニングセレモニーについて担当部署と段取りの確認。

 夕方はまず横浜の港北区へ。佐藤ひろふみ横浜市議の賀詞交歓会に出席。車に飛び乗り急いで相模原へ向かい、神奈川14区の赤間二郎衆院議員の賀詞交歓会へ出席。その後横浜の栄区に向かい、保阪努県議の時局講演会に駆けつけた。今日も忙しい一日だった。

2月23日(木)活動報告 

 朝は部会をスキップして横浜駅東口で税理士会による無料相談会を訪問。複雑な税制に頭を悩ます小規模事業者や個人に大変好評とのこと。

 東京に戻り、赤プリで定例の清和研議員総会に出席。司会は毎回新人議員が担当する。今日の司会は東京6区の越智隆雄議員。

 議員会館で事務所宛のメールのチェック。3日ぶりに開いたら迷惑メールが700通も来ていた。

 その後政務官室に入り、通商白書の骨子について通政局の長谷川審議官より報告を受ける。続いて外務省の杉山参事官よりGCC諸国(サウジアラビア、クウェート、アラブ、バーレーン、カタール、オマーン)の概要についてレク。イスラムの湾岸諸国と言っても、政治体制や経済のレベルもまちまち。皇族と政治家の訪問が少ないと先方には言われているそうで、5月に訪問の方向で検討することに。GCC諸国とのFTAも進めなければ。

 IT業界と政治というテーマで読売新聞の取材。その後、金融商品取引法について産政局の大辻審議官よりレクチャー。明日出席する予定の自民党国会対策委員会への我が省提出法案説明会(明日は日メキシコ原産地証明法改正法案)につき担当部署と段取りを打合せ。

 その後たまった新聞記事のスクラップに目を通す。忙しい時は毎日ファイルがたまって鞄はパンパンに。少し軽くなった。

 夜は菅原一秀衆院議員ら早大雄弁会出身の若手議員と勉強会。

2月22日(水)活動報告 

 朝一番で党本部へ。国土交通部会地域公共交通小委員会に出席。新世代交通システムの概要について慶應の鬼頭工学博士とトヨタの伊原常務から話を聞く。昨年の愛・地球博のシステムも今後実用化される見込み。

 その後政務官室へ。日米草の根交流計画の一環として来日中の米国議会スタッフ一行の表敬を受ける。共和・民主両党の有力議員の経済・外交担当のスタッフで、彼らに日本の生の姿を見てもらえるのは有益。

0222 米国議会スタッフ一行


 その後永田町にて、松下政経塾出身議員の会である未来政治研究会と、程駐日公使を始めとする中国大使館スタッフとの懇談会に出席。二階経済産業大臣や中川政調会長の訪中が話題になった。蕎麦が美味しいお店の黒澤だったが、蕎麦が出る前に退席。残念。

 急いで車に飛び乗り、ものづくり関係の中小企業を視察するため相模原へ。まずは、相模原商工会議所の河本会頭が会長を務める東邦電子株式会社を視察。温度センサや制御機器、半導体ウエハー計測用プロープカードの設計・開発現場を見学、その後意見交換。さらに、プリント配線板の製造・販売を行うステイ電子機器株式会社と銅リング、銅メッキや型打鍛造品の製造・加工・販売を行う権田金属工業株式会社と続けて視察し、意見交換。合計3社を見学した。中小企業ものづくり基盤技術の高度化に関する法律を提出しているが、ものづくり中小企業のオンリーワンを目指す経営姿勢や匠の技に、日本の競争力の源泉を見た思い。

ものづくり中小企業視察


 その後保土ヶ谷に向かい、田中ただあき横浜市議の市政報告会に出席。さらに旭区に向かい、佐藤茂横浜市議の市政報告会へ出席。両報告会とも中田宏横浜市長がゲストに。3月26日投票の市長選の前哨戦の様相。

 急いで東京に戻り、赤坂で会合。納豆やオニオンスライス、豆腐など、あるある大辞典に出てきそうな惣菜を満喫。某民主党議員も加わり、ライブドア事件の今後について激論。

2月21日(火)活動報告 

 朝は政務官室で、午後の経済産業部会で議論が行われる中小企業信用保証制度の見直しと中小企業における若手人材の確保・育成対策について中小企業庁より現状説明、のち議論。

 その後、明日予定されている米国連邦議会スタッフの表敬訪問について担当者と段取りを打合せ。更に、明日相模原にて視察をする予定の、ものづくり関係中小企業についてスケジュールや企業概要につき担当部署より報告を受ける。その後、1件の面会。

 正午から党本部へ向かい、情報産業振興議連に出席。昨今の情報産業を取りまく状況につき議論。茂木事務局長の論点整理は極めて秀逸。

情報産業振興議連


 その後、同じ党本部で行われた経済産業部会に出席。信用保証制度の見直しについては意見が百出。中小企業のセーフティネットとしての信用保証制度の維持と、企業の業況に見合った利率の柔軟化の両立はなかなか難しい問題。現在も家業の信用保証による借入れの第三者保証をしている身としては若干複雑。

 夕方のスケジュールが一件キャンセルに。今年2回目のジムに。30分走っただけでバテバテ。来年の選挙の体力が心配だ。

 赤坂に戻り、民放記者団と日韓・六者協議・総裁選などについて意見交換。政府にいると政局にうとくなる。早めに帰宅。

2月20日(月)活動報告 

 今朝はまず衆議院内へ向かい、衆議院の予算委員会に出席。来年度予算について質疑が行われた。我が省関連では、日中経済関係やフリーター・ニート対策問題、さらには中小企業対策などについての議論があった。「堀江メール」事件も野党の決め手が無く、論戦は低調。予算委員会なのだから国の予算をしっかり審議すべき。

 その後急いで川崎に向かい、川崎市連女性局賀詞交歓会に出席。

川崎市連女性局賀詞交歓会


 東京に戻り政務官室へ。面会が数件。

 党本部へ向かい、FTA特命委員会に出席。経済連携交渉の推進について議論。党のまとめた「経済連携交渉の更なる推進について(案)」は非常に良く練れた文章だが、更に詰めるべき点も。特に現在の人員・体制でベストを尽くすのか、遅きに失することがないように体制整備(例えばUSTRのような日本版通商代表部の創設など)をすべきなのか政治的な判断が必要。

 夕方は電力、ガス、石油会社などエネルギー関係企業とエネルギー政策についての勉強会を開催。今後継続することに。

 その後、中華全国青年連合会訪日団の懇親会の2次会に合流。深夜まで続く。

2月19日(日)活動報告 

 相模原市へ向かい、細谷まさゆき相模原市議会議員の新春の集いに出席し、ご挨拶する。細谷市議とは先代の細谷憐先生の時代からのお付き合い。

 14時から本日告示の町田市議選の出陣式があるから来てくれと言われ、隣の町田市へ。熊沢あやり市議候補の応援スピーチを。熊沢市議のお兄さんはかつて青年会議所(JC)でお世話になった先輩で、細谷市議とは、はとこ。まさに飛び入り。

 午後、横浜市港北区へ向かい、都筑区選出の加藤たかひさ県議会議員の新春の集い並びに自治功労賞受賞報告会に出席し、祝辞を述べる。加藤県議は僕の住んでいる都築区で5年前の正月に始めて朝の駅頭に立った時に付き合っていただいた。おめでとうございました。

 続いて川崎市川崎区へ向かい、林浩美川崎市議会議員の賀詞交歓会に出席し、ご挨拶する。林さんにも選挙の時には川崎市連青年局長として大変お世話になった。たくさんの人にお世話になっていることを改めて痛感。

2月18日(土)活動報告 

 横浜市西区へ向かい、県宅建協会会長の杉浦武胤さんの褒章受章祝賀会に出席。

 午後、横浜市港南区へ向かい、神奈川2区選出の総務副大臣、菅義偉衆議院議員の港南区新春の集いに出席し、ご挨拶する。いつもどおり菅先生の会は超満員。選挙は来年だが、封筒の中に僕のリーフレットを入れてくれた。その後、鎌倉市へ向かい、同市選出の中村省二県議会議員の広友会に出席し、ご挨拶。広友会は鎌倉と藤沢の市境の手広地区の後援会。

 夕方から、川崎市多摩区の土井りゅうすけ県会議員の新年会に出席。土井県議はかつて小泉総理の秘書で、かつての上司の飯島秘書官も登場。厚木市へ向かい、神子雅人厚木市議会議員の新春の集いに出席し、ご挨拶する。神子氏は亀井善之衆院議員の秘書をしていた時代に、僕の選挙で大変お世話になった。会は大盛況で友人の一人としても嬉しかった。東京にとんぼ帰りをして20時半から上京中の母親と弟夫婦らと食事。母親に何を食べたいかと聞くと、答えは必ず「寿司」。たまには別のものも食べれば良いのに。

2月17日(金)活動報告 

 仕事のスタートは、電気用品安全法の表示の変更に係る販売の経過措置について担当課長より説明を受ける。法律の施行や改正についての告知は大変だ。その後、神奈川新聞より取材を受け、日露議員交流や昨年のアフリカ出張などについて話をするが、記者の興味は政務官の肩書きの英語表記についてであった。

 急いで外務省飯倉公邸に向かい、昨日に引き続き、「日露若手議員の会」に出席。今日は森喜朗前総理との懇談や森前総理主催によるレセプションが行われた。中央アジアに近いトムスク市で今年の夏に第4回目の会議を開催することとなり、トムスク出身のジキトフ議員は嬉しそうだった。トムスクは経済特区にも指定され、太平洋パイプラインの経由地でもある。

日露若手議員の会


 政務官室に立ち寄った後に、日本JC会館へ。日露若手議員の会ロシア議員団の日本JC会頭の表敬訪問や常任理事会参観などに同行した。かつてJCメンバーだった時に、議案の説明をした上程台でスピーチ。懐かしかった。

 夕方から横浜に向かい、ホテルコンチネンタルで害虫駆除の団体である、県ペストコントロール協会の総会懇親会に出席。その後川崎日航ホテルで田中和徳代議士の賀詞交換会に出席。川崎南部には大きなパーティーに使える会場が無く、田中代議士の賀詞交歓会は11Fと12Fの2フロアを使い行われた。川崎日航ホテルから新横浜のソシア21へ向かい、梅沢ひろゆき県議の賀詞交歓会に駆けつけた。その後急遽東京に戻る事となり、古川なおき横浜市会議員の新年会は出席できず。古川さんごめんなさい。

2月16日(木)活動報告 

 午前中は書類整理や面会をこなした後、定例の清和研議員総会に出席するため赤坂プリンスへ。総会は毎週木曜日の昼食会だが、総裁選関係のニュースが毎回流れるため、心なしかメディアの数も多い気がする。

 その後、急いで参議院本会議場に向かい、田中忠昭横浜市議による国会見学団ご一行に挨拶。

 その後政務官室に入り、中根政策秘書と「自由民主」の最終校正。6万枚印刷することに。

 参議院の院内へ。「日露若手議員の会」のロシア国会議員団が来訪。参議院1階ロビーで同会日本側共同議長の世耕弘成参議院議員らと出迎え、3階の会議室にて「定例会議」を開催。日ロの若手議員が双方の国を訪問し交流を重ね、今回で4回目を迎えた。

 日本側からは西村康稔衆議院議員が、ロシア側からはネヒョードフ議員が日ロの協力発展に向けた問題提起のためのプレゼンテーションを行い、エネルギー・環境問題やロシアの経済開発特区構想等双方の議員で活発に意見交換。今後、同会として温室効果ガス削減に向けた新エネルギー開発の一環としてDME(ディメチルエーテル)の可能性を探るプロジェクトを共同して進めること、また次回日本側がシベリア方面の地方都市で、天然ガス田や経済特区を視察することが決まった。自分からは、日本企業の投資意欲増進のためには経済法制の整備が急務であることを提起。今国会で審議される京都メカニズムを利用した温室効果ガス削減のクレジット取得の可能性に言及した。その他両国での青年フォーラムの開催や青年会議所間のミッション交流、文化交流等についてもロシア側から提起され引き続き検討することとなった。会議は延々3時間半にわたったが終始友好的な雰囲気の中で行われた。

日露若手議員の会 定例会議


 夕方からは場所を変え、西麻布にて日露若手議員の会主催歓迎夕食会を開催。友人の大嶽親方(元関脇貴闘力)に無理を言って、ロシア出身の露鵬が飛び入り。大いに盛り上がった。

2月15日(水)活動報告 

 午前中は書類整理や面会をこなした後、参議院会館の会議室に向かい、資源エネルギー長期政策議員研究会に出席。今後の世界の石油需給と原油価格の予測動向につき、日本エネルギー経済研究所の十市常務理事の話を聞いた。

 その後衆議院院内に入り、経済産業委員会に出席。今日は今次通常国会初の衆議院の経済産業委員会。二階大臣の所信表明の後、政務官就任挨拶を行った。いわば国会内での初仕事となった。衆議院と参議院の経済産業委員会では委員の数やテーブルのセッティングも違っていて変な感じだった。

衆議院経済産業委員会


 その後、政務官室に入り、雑誌「論座」から、松下政経塾出身議員として国家間や今後の政経塾出身者の役割について取材を受ける。続いて、党本部シンクタンク鈴木室長と面会。さらには、在日米国商工会議所(ACCJ)メンバーの来訪を受ける。特に対日直接投資や企業の社会的責任(CSR)について意見交換。

ACCJ来訪


 新霞ヶ関ビルに向かい、日本医師連盟役員と神奈川県選挙区役員との懇談会に出席。産婦人科医や小児科医の不足とその改善策、医療のIT化等について懇談。

 急いで党本部に向かい、電気通信調査会、通信・放送産業高度化小委員会合同会議に駆けつける。今日はNTTの和田社長からNTTの中期経営戦略及び事業の現状についてヒアリング。NTTの今後のあり方については、竹中大臣の「通信と放送の在り方に関する懇談会」でも議論されているので、とてもタイムリーな意見交換だった。

 政務官室に戻り、日・ロシア関係、特に石油・天然ガスを巡るトピックにつき担当部署と意見交換。明日から始まるロシア国会議員団訪日による日露若手議員の会の準備。特に日本とロシアの経済関係やエネルギー関係については、積極的な議論に参加すべく詳細まで勉強した。

 夕方は日アフリカ連合友好議連(AU議連)の役員会へ。事務局次長として司会を担当。昨年の派遣ミッションそれぞれからの報告と今年のアフリカ諸国訪問計画について意見交換。経済産業省として今月より展開するアフリカ版一村一品運動についてもプレゼンをした。会は無事終了し、その後、小渕優子代議士らと2次会へ。

2月14日(火)活動報告 

 朝一番で党本部へ向かい、経済産業部会、環境部会の合同会議に出席。容器包装リサイクル制度の見直しについて議論。事業者と自治体と消費者それぞれが意識を持って努力しなければ循環型社会構築は難しい。それぞれにとって100点満点ではないが、ある程度納得のいく法案に仕上がった。特に分別収集に積極的に取り組む自治体にインセンティブが与えられることは評価に値するのではないか。

 その後政務官室に入り湾岸諸国との経済連携について担当課長と議論。天然資源の供給元確保という意味でも、湾岸諸国との経済連携を通じた関係は重要である。その後ファンドについて担当課長と議論。ライブドア事件によってファンドの在り方が問われているが、種々あるファンドについて行政側でもしっかりとした把握が出来ていない。深く議論を掘り下げる事に。

 再度党本部へ向かい、日本の廃棄物不法投棄問題を解決する会の勉強会に出席。

 正午から官邸に向かい、定例の大臣政務官会議に出席。本日はテレワークの推進について担当政務官からプレゼンの後議論。大臣政務官の英語の肩書きについてしばし意見交換。その後、飯島総理秘書官を訪問し来年の参議院選挙の公認作業について相談。

 またまた党本部へ向かい、経済産業部会に出席。中小企業組合法改正についてのヒアリングと対日直接投資の促進につき意見交換。組合法については、事業協同組合の最少構成要員を4名から3名にするという見直し案について複数の議員から疑問が呈され、説明側も的確に答えられず準備不足の感は否めない。

 その後政務官室に戻り、昨今のODA改革について担当課長と意見交換。

 夕方はまずキャピトル東急に向かい、日本自動車会議所の平成18年春の懇親会に出席。その後川崎に向かい、坂本茂川崎市議の賀詞交歓会に出席。坂本市議は両親が福島出身で、日頃から色々と親身なご指導をいただいている。

坂本茂市議賀詞交歓会

2月13日(月)活動報告 

 午前中は書類整理や面会をこなす。午後からエコ企画の土井社長の来訪を受ける。東名高速の防音壁にパネル型の太陽電池を組み込み、太陽光発電を行うというプランの説明を受ける。実現可能であれば省エネ・環境対策、高速道路の経費削減などにつながる画期的なプランだった。

 その後NIRA(総合研究開発機構)の犬飼主席研究員の来訪あり。アジアの債券市場の整備について意見交換。この分野は日韓がイニシアティブを取れる分野とのこと。政治的にぎくしゃくしている今こそ、FTAや金融市場の整備で日韓が協力を深めるのは極めて意義がある。

 続いて森喜朗先生の事務所に向かい、15日のAU議連総会の段取りの説明、合わせてアフリカ版一村一品運動についても簡単にプレゼンをした。

 再度政務官室へ。現在内閣官房でPKOの仕事に関わる池邊さんが国連の任務でスーダンに駐在するとのことで挨拶に来られた。スーダンの状況と復興に向けての日本の役割についてしばし意見交換。こういう若い人が体を張って国際貢献の現場で頑張っているということは、日本にとって大きな財産だ。スーダンでの再会を約束して見送り。

 その後は今次国会において環境省より提出予定の容器包装リサイクル法改正法案につき担当部署と意見交換。横浜市をはじめゴミの分別リサイクルに積極的な自治体には新しい仕組みの中で補助金が出ることに。まだ不十分であるが一歩前進。

 夕刻横浜に向かい、丸山みねお前横浜市議の新春の集いに出席。丸山先生は3年前の選挙では8千票を取りながら5票差で涙を飲んだ。来年の選挙での再起に向け、さながら決起大会の様相。

丸山みねお前横浜市議新春の集い

2月12日(日)活動報告 

 朝一番は川崎市中原区へ向かい、空手道MACのチャレンジカップチャンピオンシップの開会式に出席し、選手の皆様に激励の挨拶を行う。極真会館の流れをくむ団体が参加してのレベルの高いフルコンタクトの大会で、かなりの迫力だった。

その後、横浜市中区へ向かい、同区選出の村上健司県会議員の女性の会「はなむら会」の新年会に出席。村上県会議員、松本純衆院議員、松本研市会議員、川口順子参院議員らと全部のテーブルをまわって挨拶をした。

 午後は逗子市へ向かい、岡本勇逗子市議会議員の新春の集いに出席し、ご挨拶。逗子市は3月に市議会選挙を控え、活気のある会だった。その後川崎市中原区へ戻り、川崎市中原福島県人会新年会に出席し、同郷の皆様に対し新年のご挨拶を行う。さらに川崎市多摩区へ向かい、同区選出の佐藤光一川崎市議会議員の賀詞交歓会へ出席。

 夕方は、横浜市金沢区へ向かい、相川光正横浜市会議員の賀詞交歓会に出席。続いて横浜市西区へ向かい、神奈川県神輿保存会の新年会へ出席。22時からのトリノ五輪のハーフパイプ男子決勝を見ようと思って家に着いたら日本選手は全て予選落ちとのこと。ニッポンガンバレ。

2月11日(土)活動報告 

 朝は横浜市瀬谷区へ行き、自民党瀬谷支部総会・賀詞交歓会に出席。瀬谷区は横浜市内で唯一自民党の県会議員がいない。来年の統一選挙に向け候補者の選定が支部長である川口正寿市会議員を中心に進められている。焼き鳥が美味しかった。

 午後、相模原市へ向かい、同市選出のたてもり勝弘県議会議員の新春の集いに出席。その後神奈川県医師会の創立58周年記念式典に出席予定だったが、道が混んでいて間に合わず、結局出席できず。

その後、東京へ向かい、ホテルオークラ東京にて大学時代の後輩の結婚披露宴に来賓として出席。もう15年もしばらく会っていない雄弁会の後輩とも旧交をあたためた。

 夜は港区へ向かい会合に出席。更にもう1件、愛宕で少人数での新年会。パスタが美味しかった。

2月10日(金)活動報告 

 今朝は8時から党本部に向かい、エネルギー戦略合同部会に出席。元読売新聞論説の中村氏を招き我が国エネルギー政策の課題について議論。自分もアメリカ政府が先日発表した「国際原子力エネルギーパートナーシップ構想」が日本の核平和利用の推進を評価するもので再処理の国際的な管理の中で日本の主体的な役割が期待されているものと評価すべきである旨発言。

 その後参議院の院内へ移動し、幹事長室で副幹事長の先輩方としばし懇談。その後議員総会へ出席、のち本会議場へ。今日は各種委員の選任や永年勤続表彰などが行われた。扇千景参議院議長の永年勤続表彰への謝辞には議場からどよめきが何度か起きた。

 正午から党本部へ向かい、金融調査会企業会計に関する小委員会に出席。ライブドア事件を受けて証券取引関係の法整備がかなりのスピードで進んでいる。事件が起きて取り組みが進むのは国政の怠慢と言われても仕方がない。その後西村康稔衆議院議員と資源エネルギーに関する議員外交についてしばし打合せ。

金融調査会企業会計に関する小委員会


 一旦政務官室に入り、前回テーマが大きすぎて掘り下げた議論が出来なかった3戦略(新経済成長戦略、グローバル経済戦略、新・国家エネルギー戦略)につき、松永総括審議官や石黒官房総務課長と再度ブレーンストーミング。経済産業省としての経済成長率に関する考え方、所管産業の規制と振興の問題やFTA・EPA推進のための論理構成の方向性、アメリカの「国際原子力エネルギーパートナーシップ構想」の資源エネルギー戦略上での取り扱いなどを議論。

 さらに今国会提出法案の一つである特定原産地証明法改正法案について担当者よりレクチャーを受ける。

 続いて、外交を手伝ってもらっているスタッフのブライアンと打合せ。学生時代にインターンを勤めてくれた現在福岡で銀行員をしている小沢さんの来訪あり。中根政策秘書と2月中に発行する予定の「自由民主」の校正作業。

 夕方からはまたハードスケジュール。まず横浜に向かい、全日本不動産政治連盟の県本部政経懇談会に出席。続いて新横浜プリンスへ向かい、鈴木恒夫衆院議員の新春の集いに出席。ゲストで河野衆院議長、麻生外務大臣、中馬行革担当大臣など横浜の会合にしてはSP付きの大物が多数出席していた。その後急いで新百合へ駆けつけ、尾作均川崎市議の賀詞交歓会へ出席。息つく間もなく今度は厚木へ向かった。元々は新百合から厚木まで電車移動のつもりだったが、予定より遅れたためいい電車がなかったので、車での移動に変更。堀江則之県議の賀詞交歓会へ駆けつける。その後鎌倉で中村省司県議の賀詞交歓会へ出席する予定であったが間に合わなかった。残念。

2月9日(木)活動報告 

 今日は朝から政務官室に入り、昼の部会でも審議される中小企業組合法改正法案と意匠法改正法案について担当者と議論。その後来客や資料整理。

 正午から院内へ向かい、ソウル大のパク・チョルヒ教授と共に安倍内閣官房長官と面会し、日韓問題等について意見交換。韓国では各種報道で安倍氏への評価が良くなりつつあるとのこと。その後パク教授と参議院院内の食堂で昼食。

安倍官房長官面会


 13時からは党本部で経済産業部会に出席。朝議論した2つの我が省提出法案が今日の議題。中小企業組合法については、法律を出す前に小委員会などで議論の必要あり、意匠法の改正については、刑事罰なので政治決断の必要ありとの意見が出た。

 部会終了後急いで政務官室へ。昨今の政策金融改革について担当者と議論。続いて担当審議官と国際一村一品運動についての意見交換。

 16時からは再度党本部へ入り、対北朝鮮シュミレーションチームの会合に出席。昨年つぶれた北朝鮮人権法を再度議員立法で提出することに。政府側に入っていると議員立法に関われないのが残念だ。

 急いで車に飛び乗り横浜へ向かい県医薬品三者懇親会に出席。ちなみに医薬品三者とは医薬品の卸売、小売、メーカーの三者をさす。

 その後また東京に戻り、製薬産業政治連盟との懇親会へ駆けつける。今日は薬品づけだ。さらに経済活性化議連の懇親会に出席し、昨年の税制改正の慰労会。

 その後アメリカから帰国中の大橋弁護士らと合流。

2月8日(水)活動報告 

 午前中は政務官室で執務。

 正午から党本部へ向かい、金融調査会企業会計に関する小委員会に出席。またまた昼食はカレーライス。

 その後参議院の院内へ向かい、党の政策審議会に対し今次通常国会での我が省提出法案説明会に出席。合計8本の提出法案の概要説明、質疑対応を行った。ちらし寿司が出ており、カレーを食べたことを悔やむ。議題は無事了承。

党政審法案説明


 再度党本部へ戻り、13:30から対外経済協力特別委員会・海外経済協力に関するワーキングチーム合同会議に出席。緒方貞子JICA理事長も出席し今後のODA、政策金融のあり方について意見交換。議論は15時過ぎまで続く。なかなか順番が来なかったが、15時間際に指名され、政策金融改革とODA改革の議論の中でODAの実施機関をどうするかという議論があるが、本当に戦略的な政策が担保できるのかと資源エネルギー確保やCDMの例を挙げ発言。

 遅れて衆議院の第2議員会館で開かれる情報通信政策勉強会に向かう。中谷元元防衛庁長官がまとめ役で、少人数で情報通信政策を議論する新しい勉強会。今日は紙のプレゼンだったが、次回はiPodやグーグルアースなど最新鋭のIT商品やサービスをデモしてもらうことに。百聞は一見にしかず。その後床屋に飛び込み、念願の髪の毛をカット。

 夕方からは磯子に向かい渕龍一前横浜市議の賀詞交歓会に出席。その後新横浜に移動し、衆議院議員福田峰之議員の賀詞交歓会へ駆けつける。東京に戻り来日中のソウル大のパク・チョルヒ教授と慶應大学の添谷教授、外務省経協局杉山審議官と合流。日韓関係について激論。深夜「バクダン酒」にやられ帰宅。

2月7日(火)活動報告 

 今日は朝一番で政務官室へ向かう。朝食はサンドイッチ。午前中行われる自民党の国会対策委員会への我が省提出法案説明について、担当者と簡単な段取りを打合せ。

 その後衆議院の院内へ向かい、国会対策委員会メンバーを前に提出法案の説明及び質疑対応。大量当選の83会メンバーが国対メンバーのため、大人数だった。

 再び政務官室に戻り、本日プレスリリースした米国の国際エネルギー・パートナーシップ構想(GNEP)についての説明を担当課長より受ける。米中露仏英の核保有国に日本を加えた6カ国のイニシアティブをアメリカは考えており、現在の日米関係の緊密ぶりを裏付ける内容で、日本の核の平和利用推進と技術力が評価されたものでありいいニュースだと思う。その後、今月より展開する国際一村一品運動についての現状につき担当審議官と議論。15日の日アフリカ連合友好議連(AU議連)総会でも紹介することに。

 正午からは党本部に向かい、党の経済産業部会に出席。昼食はカレーライス。今日の部会ではEPAの交渉状況が議題。先日のユニット会議での議論を受け、活発な議論が行われた。松島みどり部会長に、さすが「政策通のマドンナ」と言ったら喜ばれた。

 その後再度政務官室に入り、明日開催予定の参議院自民党の政策審議会向け提出法案説明会の段取りを打合せ。身内だから厳しい質問が飛ぶかもしれないので、用意は周到に。続いて外務省のアフリカ第一課長を招き、日アフリカ連合友好議員連盟(AU議連)の打合せを行う。
 
 17時に横浜へ向かい、川口順子議員と打合せ。その後同じ横浜で開催された党神奈川県連の役員総会、新春の集いと続けて出席。いよいよ県連も年明け。会長選挙も始まった。

党神奈川県連の役員総会、新春の集い


 急いで赤坂に戻り、かつて我が省の政務次官、副大臣を務めた高市早苗衆議院議員の経産省職員による当選祝賀会に出席。その後、エネルギー、FTAの担当幹部と2次会に向かい経済産業省の目玉であるエネルギー戦略とグローバル戦略について激論。

2月6日(月)活動報告 

 今日は、朝から病院を2軒ハシゴ。体調と眼の検査に行く。「かなり疲れていますね」と言われたが、かなりではなくひどく疲れている。その後政務官室で来客や資料整理、雑務をこなす。名刺整理はまだ手つかず。

 夕方はスーダンのムサ大使の送別パーティーに出席。ムサ大使は日本語が堪能で、日スーダン関係だけではなく、アラブ・アフリカ諸国との関係でもキーパーソンだっただけに、大使退任は残念。

ムサ大使送別パーティー


 サウジアラビア大使も出席しており、なかなかスケジュール調整がつかない湾岸諸国大使との夕食会の日程を早く決めろとせっつかれた。

 その後、飯田橋へ。藤野公孝参議院議員のパーティーに出席。藤野真紀子衆議院議員も甲斐甲斐しく挨拶をしていた。奥さんの当選祝いを兼ねたお祝いをやりましょう、と言って3か月が経った。

 その後、友人数名と会食。医者の「疲れていますね」の言葉を思い出し、早めに帰宅。

2月5日(日)活動報告 

 午前は、まず川崎市中原区にて同区選出の松原成文川崎市議会議員の賀詞交歓会に出席し、ご挨拶。その後、新横浜へ向かい、都筑区選出の嶋村勝夫横浜市会議員の賀詞交歓会にてご挨拶。

 午後、横浜市栄区へ向かい、同区選出の角田宏子横浜市会議員の新春の集いにてご挨拶。横浜市会自民党唯一の女性議員の角田宏子女史の新年会はお洒落なイタリアレスランで。しかし、美味しい料理にはありつけず、次の会場へ。その後、茅ヶ崎市へ向かい、柾木太郎茅ヶ崎市議会議員の新春の集いにてご挨拶する。14時から同じ茅ヶ崎市にて同市選出の藤間明男県議会議員の賀詞交歓会にてご挨拶。急いで新横浜へ向かい、港北区選出の酒井よしのり横浜市会議員の新春の集いに出席しご挨拶する。さらに横浜市緑区へ向かい、同区選出の加藤龍昭横浜市会議員の役員新年会にてご挨拶。

 夜は川崎市多摩区にて、阿部たかお川崎市長の中野島ルネッサンス新春の集いに出席しご挨拶する。やっと今週もハードな週末が終わった。

2月4日(土)活動報告 

 早朝、都筑区選出の大久保純男横浜市会議員の新春旅行会のお見送りのため都筑区へ。バス10台を回ってご挨拶。当然寒かった。

 その後、横浜市栄区へ向かい、同区選出の保阪努県議会議員の新春カラオケ大会にてご挨拶。カラオケ大会といっても、600人入る公会堂が会場。例年1曲歌わせていただくが、今年は時間がなく断念。ちなみに昨年は「冬のソナタ」の主題歌を韓国語で歌った。その後、相模原市へ向かい、神奈川16区の亀井善之衆議院議員の相模原賀詞交歓会に出席する。

 午後、座間市へ向かい、星野勝司座間市長の賀詞交歓会にてご挨拶。川崎市高津区へ向かい、神奈川18区の山際大志郎衆議院議員の新春の集いに出席し、ご挨拶。横浜市港南区へ向かい、同区選出の桐生ひであき県議会議員の賀詞交歓会にてご挨拶。思ったより道が混んでいて昼の部はヒヤヒヤ。

 夕方もかなりのハードスケジュールで、さらに天気予報にない雪が降った。川崎市川崎区にて同区選出の嶋崎嘉夫川崎市議会議員の賀詞交歓会でご挨拶し、急いで厚木市へ。同市選出の小林常良県議会議員の新春の集いに出席し、ご挨拶。さらに中郡二宮町へ向かい、中郡選出の古沢時衛県議会議員の新春の集いにてご挨拶。途中雪が降り、渋滞もひどくなってしまい、予定していた小田原市選出の山田文雄県議会議員の藍綬褒章を感謝する集いには間に合わなかった。壇上の席が空いていたと何人かの人に言われた。反省。

2月3日(金)活動報告 

 今朝はまず東京ビッグサイトへ向かいネットKADEN大賞2005表彰式に出席し、祝辞、大賞の発表、賞状・トロフィー授与などを行う。本表彰式は情報家電ブランド強化を図ることを目的として今年から開催され、栄えある第1回目の大賞はソニーの「ロケーションフリー」が受賞。会場の控え室では審査委員長の慶応大学國領二郎教授と情報家電をはじめとする情報通信ビジネスの将来像について意見交換。

ネットKADEN大賞


 その後同じビッグサイトで開催されているENEX展2006を視察。3日間開催で6万人の来場者がある国内唯一の省エネ・新エネをメインとした総合展示会。多数の先進的な省エネ・新エネ機器が展示されていた。官民あげた取組の成果に驚く。

ENEX


 昼には一度政務官室に入り昼食。今日は鮪カツおろしポン酢定食。791kcal、塩分3.7g。最近はこういう表示が気になる。その後、日本空間情報技術株式会社の松澤社長からGISシステムのデモと今後のGIS技術について意見交換。

 今日は15時から参議院の本会議が開催されるため院内へ。議員総会出席ののち本会議場へ。衆参予算委員会で審議が行われた平成17年度補正予算案につき討論及び採決が行われ、無事成立。

 その後再度政務官室に戻り、企業買収、会社法制見直しなどにつき大辻産政局審議官や貞森産業組織課長と議論。

 遅れて港南区選出の田野井一雄横浜市会議員の新年会に駆けつけ、打ち上げの最後まで出席。

2月2日(木)活動報告 

 朝食はツナサンドイッチ。今朝は9時過ぎから日本橋のロイヤルパークホテルに向かい新化学国際シンポジウムの開会式に出席し、来賓祝辞を行う。本シンポジウムは今年で10回目。500名近い参加者のもと、今年はアジア各国の有識者を招聘し新化学の更なる発展の可能性を探ることを目的として開催された。

 シンポジウム終了後急いで党本部に向かい、第2回目の小さな政府研究会に出席。党シンクタンクの最初のパイロット(試験的)プロジェクトだが、東大の久保文明先生をリーダーにいい議論が続いている。

 続いて、赤坂プリンスホテルへ移動し、平成17年の競輪優秀選手表彰式に出席し、来賓祝辞を行う。ご臨席されていた寛仁親王殿下と歓談の折、スキーの話で大いに盛り上がる。故郷の猪苗代のあるスキー場の設計に関わられたとのこと。また、日本自転車振興会の下重会長は森喜朗前総理の奥様の早稲田の同級生という話をしていたら、森前総理も来賓として到着。「お前が何で壇上なんだ?」とからかわれた。そのまま森会長と赤プリ旧館に移動。正午から定例の清和政策研究会の議員総会に出席。昼食はカツ丼。

競輪優秀選手表彰授賞式


 午後は、午前中に審議がストップしたため30分遅れのスタートとなった最終日の参議院の予算委員会(補正予算案締め括り総括質疑)に出席。今日も米国産牛肉の輸入再開問題を中心にライブドア問題、耐震偽装問題、防衛施設庁の官製談合事件などについて議論が行われた。

 予算委終了後急いで党本部に向かいu-japan特命委に出席。その後政務官室に入り、明日開催されるネットKADEN2005表彰式の事前説明を担当者より受ける。

 またまた今日3度目の赤プリで、党の各種団体との新春懇親会に出席。その後20時過ぎから、尾身幸次先生と昨年9月衆院選当選の新人議員の会(83会)メンバーとの会合へ駆けつける。尾身先生の政治に対する姿勢に皆が聞き入る。安倍官房長官も飛び入り参加で遅くまで盛り上がった。更にその後、政経塾の同期でもある坂井学議員と新年会。

2月1日(水)活動報告 

 今朝は9時から1日ずれ込んだ予算委員会に出席。首相と全閣僚が出席のもと2005年度補正予算案につき審議が行われた。野党は米国産牛肉の輸入再開問題についての中川農相の責任追及や防衛施設庁の官製談合事件における額賀防衛庁長官らの責任追及にやたらと語気が荒い。

 昼から政務官室に入り、明日開催される公務のイベント(第10回新化学国際シンポジウム、平成17年競輪優秀選手表彰式典)について事前説明を受ける。

 その後あわてて党本部へ向かい、経済産業政策ユニット会議(経済産業省の副大臣、政務官と党の部会の幹部との意見調整の場。中川政調会長のもとでの新たな取り組み)に出席。あれやこれやと建設的な議論が出来た。政治主導の実現に向けては重要なステップだ。

 息つく間もなく、車に飛び乗り川崎へ向かい自民党川崎市連の役員総会、賀詞交歓会と続けて出席。昨年の総選挙で3議席完勝の勢いは止まらない。

川崎市連賀詞交歓会


 急いで東京に戻り、兄貴分の神奈川2区の菅義偉議員(現総務副大臣)との会合に出席。毎日思うことだが、朝から晩までいつもスケジュールに追われている気がする。今日も机の上と名刺の整理は出来ずじまい。残念。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。