スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月16日(木)活動報告 

 午前中は書類整理や面会をこなした後、定例の清和研議員総会に出席するため赤坂プリンスへ。総会は毎週木曜日の昼食会だが、総裁選関係のニュースが毎回流れるため、心なしかメディアの数も多い気がする。

 その後、急いで参議院本会議場に向かい、田中忠昭横浜市議による国会見学団ご一行に挨拶。

 その後政務官室に入り、中根政策秘書と「自由民主」の最終校正。6万枚印刷することに。

 参議院の院内へ。「日露若手議員の会」のロシア国会議員団が来訪。参議院1階ロビーで同会日本側共同議長の世耕弘成参議院議員らと出迎え、3階の会議室にて「定例会議」を開催。日ロの若手議員が双方の国を訪問し交流を重ね、今回で4回目を迎えた。

 日本側からは西村康稔衆議院議員が、ロシア側からはネヒョードフ議員が日ロの協力発展に向けた問題提起のためのプレゼンテーションを行い、エネルギー・環境問題やロシアの経済開発特区構想等双方の議員で活発に意見交換。今後、同会として温室効果ガス削減に向けた新エネルギー開発の一環としてDME(ディメチルエーテル)の可能性を探るプロジェクトを共同して進めること、また次回日本側がシベリア方面の地方都市で、天然ガス田や経済特区を視察することが決まった。自分からは、日本企業の投資意欲増進のためには経済法制の整備が急務であることを提起。今国会で審議される京都メカニズムを利用した温室効果ガス削減のクレジット取得の可能性に言及した。その他両国での青年フォーラムの開催や青年会議所間のミッション交流、文化交流等についてもロシア側から提起され引き続き検討することとなった。会議は延々3時間半にわたったが終始友好的な雰囲気の中で行われた。

日露若手議員の会 定例会議


 夕方からは場所を変え、西麻布にて日露若手議員の会主催歓迎夕食会を開催。友人の大嶽親方(元関脇貴闘力)に無理を言って、ロシア出身の露鵬が飛び入り。大いに盛り上がった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。