スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月20日(月)活動報告 

 今朝はまず衆議院内へ向かい、衆議院の予算委員会に出席。来年度予算について質疑が行われた。我が省関連では、日中経済関係やフリーター・ニート対策問題、さらには中小企業対策などについての議論があった。「堀江メール」事件も野党の決め手が無く、論戦は低調。予算委員会なのだから国の予算をしっかり審議すべき。

 その後急いで川崎に向かい、川崎市連女性局賀詞交歓会に出席。

川崎市連女性局賀詞交歓会


 東京に戻り政務官室へ。面会が数件。

 党本部へ向かい、FTA特命委員会に出席。経済連携交渉の推進について議論。党のまとめた「経済連携交渉の更なる推進について(案)」は非常に良く練れた文章だが、更に詰めるべき点も。特に現在の人員・体制でベストを尽くすのか、遅きに失することがないように体制整備(例えばUSTRのような日本版通商代表部の創設など)をすべきなのか政治的な判断が必要。

 夕方は電力、ガス、石油会社などエネルギー関係企業とエネルギー政策についての勉強会を開催。今後継続することに。

 その後、中華全国青年連合会訪日団の懇親会の2次会に合流。深夜まで続く。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。