スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月2日(木)活動報告 

 起きたらのどが痛い。熱を測ると38.0度。朝の部会はキャンセルし、体調を整える。

 政務官室に入り、日韓議連のホームページ立ち上げの打合せ。同時期にHPを立ち上げる韓日議連は、韓国政府からの補助が出ているとのことで余裕がある。一方我が方は、システムの構築や日本語からハングルへの翻訳などの費用をどう手当てするかが大きな課題。あまたある(一説には1000)議連の中でも本格的なHPがあるものは無く、良いものを作らねば。

 その後三宅島などに防災標識を設置する活動を展開するNPOの代表の方と懇談。企業の社会貢献としての協力が必要とのこと。

 続いてレクが2件。鈴木官房副長官から、拉致問題解決のための「対話と圧力」の具体的メニューの検討の指示があったのを受け、経済産業省としての対応を検討。最近中国や北朝鮮向けの外為法違反の摘発が相次いでいるが、これも輸出管理強化の結果。今後とも圧力カードを駆使して北朝鮮にプレッシャーをかけていく。
松永総括審議官と行政改革法の特に政策金融改革の部分について意見交換。今朝の新聞報道は各社まちまちで、憶測だけが一人歩きしている。行革法は小泉内閣にとっても本当の総仕上げ。かなりの中身が盛り込まれ、厚い法案になりそうだ。

 夕方から横浜の港北区へ向かい、新堀県議の新政会通常総会懇親会に出席。その後、青葉区へ向かい、青葉区の補選に立候補を表明している山下正人氏の総決起大会に駆けつけ、5分のスピーチ。帰りにモツ鍋であったまってカゼ退治。

新堀県議懇親会

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。