スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月27日(木)活動報告 

 朝はまず8時から党本部でエネルギー戦略合同部会資源開発戦略分科会に向かう。中間集約案について議論。領土問題、原油高などもあり危機感のあるかなり良い内容に。その後、総務部会、電気通信調査会通信・放送産業高度化小委員会合同会議に出席。NHK問題についてフリーディスカッション。度重なる不祥事に怒号が飛び交っていた。

 政務官室に入り、しばし書類の整理。その後今日は特許庁の視察へ。情報・研修館、JTビルの中にある審判部第一審判廷執務室、特許庁審査室の情報処理対話スペースなどを視察。知財立国の実現のためには特許庁を含む官民の戦力強化が必要。色々と改革が進んでいるのが実感できた。

特許庁視察


 赤プリへ向かい定例の清和政策研究会議員総会に出席。終了後、森喜朗会長と日韓関係などについてしばし懇談。

 再度政務官室に入り、安藤新エネ課長からエネルギー分野のベンチャーに対する各国政府の支援策などについてのレク。日本でも強化すべき分野だ。

 党本部で電子境界議連・全測連の打ち合わせ。東大の柴崎教授や国交省も同席し今後の方向性について議論。その後、歳出改革に関するプロジェクトチームに出席。

 政務官室に入り、たまった資料の整理や明日からの出張の準備。なかなか進まない。

 夜は日本JCの勉強会に出席。世耕議員、西村康稔議員、稲田朋美議員と4人でJCの政策にコメント。JC現役時代を思い出した。

 その後都内にて群馬県出身の経営者、官僚などの会に何故か出席。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。