スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月20日(日) 活動報告 

 今日は南米からの帰国日。リオからサンパウロでワンストップして、13時間後の、早朝6時にニューヨークのJFK空港に到着。6時間半の乗り換え時間を活用し、朝日課長とマンハッタンへ。アメリカ共和党大会以来2年ぶりのNYで、日曜の早朝にもかかわらず、着任直後の奥村ニューヨークJETRO所長、多田次長、総領事館の畠山領事ら経産省からの出向組と食事。友人の大橋弁護士も加わり、アメリカの景気、次期大統領選、ヒラリークリントンの動向など。ニューヨークの景気は相変わらずらしく、高層のオフィスビルやアパートの建築現場もあちこちに。将来の大統領選出馬も噂されるブルームバーグ市長はNYを世界で最も安全な街にすると言っているらしいが、初めてNYに来た19年前に比べると街の雰囲気も治安も段違いなのは確か。おかげでホテルの宿泊料金も高止まりで出張者泣かせらしい。とはいえ、興味は米国経済がソフトランディングできるかどうかに移っており、日本への影響も懸念されるところ。帰りに街中のドラッグストアをはしごして、日本では高価なサプリメントを大量に仕入れる。未だにこの価格差は問題。薬事法の関係もあるようだ。2時間だったが、やっぱりマンハッタンは世界一かっこいい。(住むのは日本の方がいいが)



 テロ未遂の余波で、チェックインに時間がかかるかもしれないとのことで、早めに空港へ。何事もなく結局ラウンジでそれぞれ仕事。11日間のハードな出張もやっと終了間近。とはいえ、残りは14時間のフライト。12時半NY発の全日空で成田へ向かう。機中はワイヤレスインターネットが使用可能。2年前にE-JAPAN特命委員会でプレゼンを見たボーイングのサービスを初めて使ってみる。約3000円の料金は若干高い気もするが、時間には換えられない。これで出張中の機中もメールに追われるビジネスマンには気の毒かも。明日(明後日?)のブロック大会の司会を考えると、時差ぼけ防止に、寝ないで仕事することに。出張のまとめ、ブロック大会の司会原稿、ホントに締め切りを迎える本の原稿などかなりの量の仕事が進む。いつの間にか日付変更線を越え、21日に。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。