スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月31日(火) 活動報告 

 虚偽報道の余波で落ち込んでばかりもいられないので、元気に活動開始。8時より党本部にて、エネルギー戦略合同部会に出席。最近のエネルギーを巡る動向とエネルギー基本計画改定に向けた検討状況についてヒアリングし、意見交換。一度会館事務所に入り、メールチェック等を行った後、経済産業委員会の理事会に出席。続いて、10時より経済産業委員会に出席。今日は甘利明経済産業大臣からの所信表明を聞く。会館事務所に戻り、佐賀和樹藤沢市議と面会。佐賀市議はサーファー出身の2期目。イケメンです。

 新横浜へ向かい、横浜市港北区選出の嶋村ただし県議の若松会懇親会に出席し、ご挨拶する。若松会は先代の島村尚美先生から続く女性の会で、その歴史は44年。その後、東京へ戻る帰り道で、横浜・川崎の挨拶回り。まだまだ、報道の釈明が必要。


 東京に戻り、麻布の香港ガーデンにて神奈川10区の田中和徳代議士の女性後援会「田中会」のバス旅行夕食会に駆けつけ、ご挨拶する。今日は150名の参加者。参議院議長公邸に向かい、経済産業委員会懇親会に出席する。懇親会に議長公邸を使うのは怪しからんと、ここ数年は外部で行っていたが、今年は公邸で。経費も安く上がるのだから有効活用のどこが悪いのか、理解できない。
その後、新橋のガード下の焼き鳥屋で一杯。
スポンサーサイト

10月30日(月) 活動報告 

 月曜日のため、午前中の部会は無し。先週末の報道について問合せや、激励のメッセージ多数。赤旗でも大きく報道されていたと事務所から連絡。事実と異なる報道でも、必ず得する人はいるものだ。午後、一連の報道について説明するための資料作りを行う。関係者と今後の法的措置についても検討。

 横浜へ向かい、18時より鎌倉市選出の中村省二県議の県議会議長就任祝賀会に出席し、司会補助を務め、国会議員や県内首長の紹介などを行う。たくさんの出席者であふれていたが、ここでも事情説明に追われる。
 疲れて帰る。さあ、明日から正常モードだ。

10月29日(日) 活動報告 

 朝からいろいろと電話が来て、今日も混乱は続く。報道は全く止まっているが、迷惑をかけてもいけないので、代理出席にさせて頂く。たまった資料に目を通したが、総裁選と補選で読みきれない量。返事の書けなかったメールを100通ほど処理。

 夜は流行の岩盤浴にいって、数リットルの汗を流す。

10月28日(土) 活動報告 

 昨日の報道は今日も続いている。説明文書を各社に送ってからは、どこからも問い合わせはない。某新聞社の記者は「問題の無いことが、よく理解できました」と電話をくれた。それでも各新聞とも横並びの記事を一回は書くようだ。しかも、いつの間にか話の中身が変わっていて、関係者によると、経営が行き詰っていた会社に対する増資だったことになっている。初めてこういう経験をして、「ペン(カメラ)の暴力」という意味が良く理解できた。大新聞は記事を書くなら、しっかり取材をした上で書いて欲しい。

 今日のスケジュールは(後ろめたいことは何もないが)会合に出席して迷惑がかかりそうなところは代理出席にすることに。まず厚木に向かって神子市議のバーベキュー大会。豚汁がおいしかった。関係者には一通り事情を説明。「気を落とさず頑張れ」と励まされる。横浜に戻り、自民党横浜市連へ。幹部の皆さんがそろっていたので、一通り経緯の説明をして、迷惑をかけたことについて謝罪。


 横浜事務所でミーティング。心配をしてくれた関係者からの電話がかかってくるそうだ。綱島に移動して、福島出身のご縁でお世話になっている小林さんが会長を務めるワコー電子の経営会議で講演。国政報告と、電子部品に使われているレアメタルなど資源エネルギー問題について40分ほど話す。終了後、懇親会に出席する。ビンゴゲームは揃わず、まだ本調子にはならない。帰ってインターネットでニュースをチェックするが、新しい報道は無し。チャングムを見て寝よう。今日もご心配を頂いた皆さん有り難うございます。


10月27日(金) 活動報告 

 早朝、友人からの電話で起こされる。「この記事、小林さんのことですか?」東京新聞の一面に名前は出ていないが、明らかに僕の記事が。「選挙前に経営していた会社に対して利益供与が行われたと、税務当局が判断した」という記事。まさに寝耳に水。いろいろと電話をして状況確認して、国会に向かう。参議院の正面玄関前にマスコミ数社。「状況確認して、後で説明します」と本会議に出席。テロ対策特別措置法改正案の採決があり、無事成立した。国対や幹事長室で心配される。会館事務所に戻るとまたマスコミ。「後で説明します」といって独禁法について打ち合わせ。11:30に衆議院第一議員会館へ向かい、大村秀章代議士と面会する。

 12時より参議院内にて執行部会に出席。会館事務所に戻り、やっと事態がつかめた。東京新聞もよく読むと、断定調で書いているわけでもない。専門家と相談して、文書でプレス向けに事情説明をすることに。1時間ほどかけて報道機関向けの説明メモ(下記参照)を作る。心配になり弁護士とも相談しながら文書をつめるが、合間にもいろいろと電話がかかってくる。文書を完成させて各方面に送り始めると、夕刊が到着。何紙かに伝聞調で同じ記事が書いてある。実名入りの記事もあれば、事実と違う部分が追加されたりしてもいる。もう少し丁寧に取材して欲しいと思う。各社にメモを送ると、もう電話もかかってこない。

 夕方のスケジュールをキャンセルして、昨日に続いて韓国料理屋に、キムチチゲとモヤシスープとで暖まって帰る。今日こそ風邪が治るかも。意味もなく疲れた一日だった。ご心配頂いた皆さん有り難うございます。



報道機関各位
平成18年10月27日
参議院議員小林温事務所


「平成18年10月27日付東京新聞掲載記事について」


1 本日付東京新聞において、国税局が所得隠しと認定した取引の中には「SBIの運営する投資ファンドが、初当選する前の自民党参議院議員との間で行った3億数千万円の株取引が含まれていた。この取引について同国税局は、投資行為ではなく、事実上の資金提供と認定したもようだ」とする記事が掲載されましたが、本件記事は全くの誤りであることは明白です。

2 小林は平成6年頃から各種のインターネット事業やソフトウェアの開発事業に関わっておりました。平成11年、小林は数度の米国調査を実施し米国企業のビジネスモデルを日本で事業化する計画を持ち、第三者からの資本参加を募っておりました。いろいろな出資希望者からの話があり、その中の1社にSBIがありました。新事業の展開が可能であると判断されたことから、平成12年4月6日にインターネット関連事業を目的とした新会社を設立しました。
 そして、平成12年7月ころには十数社とのパートナー契約締結、SBIが運営するインターネットファンドに対する第三者割当増資並びに株式譲渡を行うとの方針を決定しました。新事業は、日本商工会議所の「ミレニアムプロジェクト」事業として実施されました。

3 SBIの出資や小林名義の株式の買い取りが小林に対する資金提供であるとする本件記事は全く的はずれの推測に過ぎません。
すなわち、
(1)第三者の大事な資金を管理運用するファンドが、背任罪を構成しかねない資金援助をするはずがないことは常識でご理解いただけると思います。
(2)また、SBIによる投資は、会社設立の1年前くらいからSBIと協議してきたものであり、投資に当たって様々な資料や書類を作成提出して、ようやくSBIの投資に到ったわけです。
(3)そして、SBIの投資・経営戦略の中における資本政策に基づいて、平成12年9月、SBIへの第三者割当実施及び株式譲渡(12月譲渡実施)の契約をしました。神奈川県連が候補者公募を決めたのは10月に前職が公認申請を急遽辞退することになったからです。
(4)したがって、論理的に考えても、SBIが投資時に小林に対する資金援助の意思を有していたはずがありません。
(以上)

10月26日(木) 活動報告 

 朝起きると頭が痛い。どうやらホントに違う風邪を引いたらしい。部会は欠席して会館事務所に向かい、先日出版した『国家の生命線』に書かれた資源エネルギー戦略について、取材を受ける。その後、靖国会館へ向かい、横浜市青葉区選出の小島健一県議の柴又バスツアー昼食会に駆けつける。韓国からのインターンの李奇泰(イキテ)君と行きの車中で、日本人と韓国人の死生観の違いについて話をする。韓国では(中国でも)犯罪者は死刑になった後も、罪は許されない。こうした違いをもっとたくさんの日本人や韓国人が知れば、靖国参拝の議論もアプローチが変わるはずだが、意外と広まらない。

 昼は、清和政策研究会議員総会に出席。毎週のことなので会場の赤坂プリンスもいろいろなランチメニューを出すが、たまに大外れがある。今日は照り焼きの海鮮丼。はずれの部類だった。今日は町村新体制になって初めての総会。森前会長が名誉会長に、事務総長は中山成彬代議士が就任した。しかし、未だに森会長が中心の雰囲気で、しっくり行くまでは少し時間がかかりそうだ。会館事務所に戻り、外資系PR会社の日本支社長と選挙PRのあり方について意見交換。その後、1件取材と来客の後、15時から党本部にて、外交力強化に関する特命委員会に出席。小倉国際交流基金理事長、高島学習院大学客員教授から「情報発信・文化交流」についてヒアリング。16時からは新たに幹事に就任した宇宙開発促進特命委員会に出席。宇宙の開発及び利用に関する基本法案骨子案について聞いた。会館事務所に戻り、1件来客の後、会館事務所でメールチェック等事務作業。李君に韓国人は風邪のときに何を食べるかを聞いて、赤坂の韓国料理屋に。キムチチゲとモヤシスープに大量のネギとニンニクを食べて暖まる。あっという間に明日は金曜日。


10月25日(水) 活動報告 

 朝、8時より党本部にて経済活性化推進議連勉強会に出席。日本経団連から来年度税制改正要望についてヒアリング。昭和電工の大橋会長が説明。経済の活性化のための減税が、大きな意味を持つのは間違いないが、近い将来(?)の消費税の税率アップの議論を考えると、企業減税=大企業優遇、消費税アップ=庶民いじめという構図がクローズアップされる可能性がある。議論の順番と意義付けが大事だ。キャピトル東急ホテルへ移動し、9時よりマニフェスト推進議連拡大幹事会に出席。来年の統一地方選の首長選でのマニフェスト解禁と、国政選挙でのマニフェスト頒布場所の拡大について意見交換。会館事務所に戻って事務作業後、11時より選挙制度調査会総会に出席。平成19年統一地方選挙臨時特例法と電子投票の国政選挙導入、投票済証交付問題について議論する。「インターネットを使った選挙運動に関するワーキングチーム」の座長に就任したことが報告される。マニュフェストもインターネットも時代の流れを自民党自体がしっかり捉えることが必要



 参議院内に向かい、12時より政策審議会に出席。菅総務大臣から地方分権改革推進法案について聞き、意見交換する。企業税制のあり方と、地方税との関係について質問。会館事務所へ戻り、神奈川の留学生を受け入れている専門学校の団体の先生方と留学生の入管手続きについて意見交換。14時より、ビザインターナショナルの岩佐ディレクターと政府機関のカード決済について議論。続いて、資源エネルギー庁の安藤課長よりレクを受ける。その後、党本部へ向かい、行革推進本部特別会計改革委員会に出席し、特別会計合理化法案について議論する。続いて、振り込め詐欺撲滅ワーキングチームに出席し、現在の状況等について意見交換。法案も形が見えて、中野座長、菅原事務局長からワーキングチーム内の実務グループメンバーにご指名をいただく。いつの間にか議員立法の担当が増えて、スケジュール管理できるか我が事ながら心配になる。


 一度会館事務所に戻った後、東京プリンスホテルに向かい、山本有二金融担当大臣の国政を語る会に出席。その後、神田へ向かい、9月上旬に経済産業大臣政務官として出張した官民合同インドミッションの反省会に参加する。電気・電子産業の民間メンバーの皆さんと思い出話。とはいっても1泊2日でとんぼ返りした一日だけの団長だったが。その後河本三郎衆議院内閣部会長と合流。

10月24日(火) 活動報告 

 補欠選挙も終わり、臨時国会も正常モードに。当然、各種の会議も動き出し、スケジュールはぎゅうぎゅう。8時から党本部にて、保険制度改善推進議員連盟に出席。生保協会から来年度税制改正要望を聞く。続いて北朝鮮核実験等関係合同会議に出席。北朝鮮核実験問題等について議論する。続いて国防部会・安全保障調査会・基地対策特別委員会合同会議に出席。久間防衛庁長官も出席して、職員給与法改正案と弾道ミサイル防衛について防衛庁から聞き、意見交換。さらに社会保障制度調査会障害者福祉委員会に出席し、障害者自立支援法について厚生労働省から聞き、意見交換する。9時半で既に会議4つ。


 会館事務所に戻り、事務処理後、10時より川崎市川崎区の浜町2丁目婦人会の国会見学会に駆けつけ、ご挨拶する。会館事務所に戻り、1件来客後、院内に向かい、参議院幹事長室にて執行部会に出席。当選したばかりの亀井善太郎代議士とともに神奈川16区補選のお礼のご挨拶をする。党本部に向かい、防衛庁を省にする国会議員の会に出席。防衛庁の省昇格関連法案は今国会の重要法案となっている。インド洋やイラクでの隊員の苦労を思えば、迅速な意思決定を可能とするための省昇格は、何とか実現したい。続いて赤坂プリンスホテルに向かい、道路特定財源の一般財源化反対総決起大会に出席する。経済産業部会専任部会長としても、慢性的な渋滞に悩まされる神奈川県の議員としても、安易な一般財源化は容認できない。



 再び会館事務所に戻り、1件来客後、海老名市遺族会の国会見学会のために衆議院参観ホールへ。そこで平井卓也経済産業部会長の後援会の国会見学と出くわし、一言ご挨拶する。続いて、海老名市遺族会の皆様にご挨拶する。海老名市は甘利明経済産業大臣のご地元。会館事務所へ戻り、1件来客後、16時よりスポーツ議員連盟総会に出席する。麻生会長、森名誉会長はじめスポーツ関係議員がずらっと並び、予算要望や2016年の東京オリンピックの説明など。


 横浜へ向かい、18時より横浜ベイシェラトンにて湘南信金服部理事長の出版記念パーティーに出席する。神奈川新聞にも連載された自叙伝の出版記念だが、理事長の人柄が伝わる盛大な会だった。東京に引き返し、政経塾出身国会議員の会である未来政治研究会による高市早苗大臣の就任祝賀会に参加する。民主党議員ともざっくばらんに意見交換。かつては民主党の勢力に押されていた未来政治研究会も、現在は14人対16人とほぼ拮抗状態。松野、坂井の自民党勢と2次会に向かい、松野厚生労働政務官の就任祝い。疲れた。

10月23日(月) 活動報告 

 今日はまず参議院議員総会に出席し、県選出議員を代表し、神奈川16区補欠選挙のお礼のご挨拶をする。本会議の議題はテロ対策特措法の趣旨説明・質疑。わが党からは福島啓史郎議員が質問に立つ。溝手国家公安委員長の答弁には総理よりも大きな声援が。本会議後、参議院行政監視委員会に出席。菅義偉総務大臣から所信表明を聞く。自民党委員席を見渡すと、自分が一番若いことに気づく。質問が回ってきそうだ。その後、院内にて参議院自民党の人事審査委員会に出席する。政審副会長としての職務。会館事務所に戻り、国際経済交流財団の西村専務理事が来訪。12月に開催予定の日韓有識者会議について打ち合わせする。続いて、1件取材を受けた後、松下政経塾の千田君が来訪。進路についてアドヴァイス。



 夕方、横浜市港北区へ向かい、自民党港北区支部城郷分会臨時総会に出席し、挨拶。長く務められた羽鳥分会長が、選挙管理委員就任のために辞任され、白井幹事長が新分会長に。地域ごとの自民党の組織である分会の会合に呼ばれるのは、港北区と青葉区の一部のみ。地域政党としての自民党の機能も薄れるばかりだ。川崎市川崎区へ向かい、幸区選出のかぶらき茂哉川崎市議の御幸・南河原地区後援会発会式に出席。鏑木議員は川崎市連の幹事長、自民党市議団の団長と要のポストにあって、本当にお世話になっている。川口より子議員とスリーショットのポスターも作ってもらった。その後、都内に引き返し1件会合に出席する。選挙に向けてPR関係の打ち合わせ。

10月22日(日) 活動報告 

 朝、海老名市へ向かい、10時から神奈川県ノーギアパワーリフティング、ベンチプレス選手権大会の開会式に出席し、挨拶。福島会の斉藤浩会長は全日本パワーリフティング協会の会長であり、そのご縁で顧問を務めさせていただいている。「ノーギア」とは、着ることにより人によっては20%くらい重量が伸びると言われるパワースーツ等を着用禁止としたルール。どちらかと言うと初心者向きの大会だが、56キロ級の女性が75キロのバーベルを挙げていたのには驚いた。


 座間市へ向かい、同市選出の山本俊昭県議の懇親バーベキュー大会に出席。天候にも恵まれたが、毎年毎年参加者が増えている。山本県議の熱心な活動と人柄ゆえか。約350名の参加者とスタッフ全員に名刺を配って、汗だくになった。


 川崎市高津区へ向かい、同区から川崎市議選に出馬予定の伊藤ひろゆきさんの後援会発会式に出席。若い仲間が中心となった活気のある会だった。高津区は自民党現職が1名のところに、今回は4名の公認。激戦だ。東京に戻り雑務をこなし、軽く食事。再度、神奈川16区へ向かい、補欠選挙の開票に際し、亀井善太郎候補の事務所へ。8時過ぎに到着したが既にテレビ神奈川では当確を流したらしい。8時50分にNHKが当確を打つのを待って万歳三唱。いい選挙戦だった。事務所でそれぞれの健闘を称え合い、深夜に帰宅。お疲れ様でした。


10月21日(土) 活動報告 

 今日は神奈川16区補欠選挙の最終日。まず会館事務所に向かい、事務所ミーティングを行う。その後、神奈川16区へ向かい、補欠選挙の応援。17時半より伊勢原駅で行われた街頭演説会に参加する。豪華ゲストのため出番はない予定だったが、武部前幹事長の到着が遅れ、急遽応援演説。到着まで伸ばしてくれと言われ、冷や汗を掻きながら約7分。厚木に移動し、19時より本厚木駅にて、最後の街頭演説。太田代表も参加をしたため、公明党の動員は最後まで凄い。本部事務所に戻りマイク収め。ウグイスがマイクを持ってお礼の挨拶。それぞれの選挙区で違った流儀がある。山内康一代議士と事務所近くの居酒屋で選挙戦を振り返る。


10月20日(金) 活動報告 

 8時から党本部にて経済活性化議連の幹部会に出席。尾身会長が財務大臣に、甘利幹事長が経済産業大臣に、望月事務局長が国土交通副大臣に就任したため、新たに金子一義会長、大野功統幹事長、山本明彦事務局長を選出。自分は引き続き事務局次長を務めることに。会館事務所に戻り、メールチェック等の後、横浜市西区へ。11時より1件告別式に出席。前後に団体など6件訪問。



 会館事務所へ戻り、久々に地下食堂で昼食。14時より自民党政調の田中氏、総務省選挙課と「選挙制度調査会インターネットを使った選挙運動に関するワーキングチーム」の打ち合わせ。インターネット選挙の解禁に向けての課題の整理などを行う。党内の調整、公明党との与党プロジェクトチームとの調整など、片付けねばならないことが山積。その後、党本部に向かい、公共物電子境界確定事業を推進する議員連盟(電子境界議連)の第10回総会に出席。事務局長として司会を務めるとともに、決議文を採択。終了後すぐに財務省へ向かい、尾身財務大臣へ電子境界議連の決議を報告し、所要の予算確保を要請する。


 横浜へ向かい、横浜ベイシェラトンにて、鶴見区選出の山田一海横浜市議の励ます会に出席。続いて、ロイヤルホールヨコハマへ向かい、自民党横浜市中区支部まつりに出席。オークションには先日出版した著書と韓国の友人からもらった「ヨン様の記念切手」を出品。ローズホテルに向かい、南区の丸山みねお前横浜市議の励ます会に出席。来年の統一地方選挙に向け、いよいよ動きも急に。風邪撃退のために、ニンニクスープ。

10月19日(金) 活動報告 

 朝、会館事務所にて、世耕首相補佐官より座長を引き継ぐことになった「選挙制度調査会インターネットを使った選挙運動に関するワーキングチーム」について、総務省選挙課と今後の進め方を打ち合わせ。解禁は世の流れだと思うが、クリアしなければならないハードルは多そうだ。膨大な資料をさっそく読み始める。財務省関税課より、関税暫定措置法改正についてレクを受ける。フィリピンとのFTA/EPA発効に伴う国内法の整備。赤坂プリンスホテルに向かい、11:30より清和政策研究会の参議院の会「清風会緊急会議」に出席。森会長の辞任の意思が報告される。その後、12時より清和政策研究会議員総会に出席。森会長が正式に辞任を表明され、新たに町村信孝事務総長が新会長に就任されることになった。当選の2年後に派閥に入ったが、もともとは森会長の身内のようなもの。安倍政権誕生を受け、これから政界の風景も変わっていくのだろうか。



 会館事務所へ戻り、13時より特許庁の中嶋長官から特別会計について説明を聞く。続いて、日本経団連の久保田常務と来年度税制改正について意見交換する。メールチェック等事務作業後、参議院本会議場へ向かい、ズン・ベトナム首相による国会演説を聞く。その後、参議院内にて、政策審議会法案説明会に出席。各省庁の大臣政務官から、今国会新規提出法案について説明があった。会館事務所に戻り、一件取材を受けた後、国会議事堂正面に向かい、神奈川法人会女性部の皆様の国会見学会に駆けつけ、ご挨拶。その後、小此木、鈴木恒夫代議士も一緒に記念撮影。再び会館事務所に戻り、日程等打ち合わせ。途中、松下政経塾の先輩である藤沢の海老根市議が来訪。統一地方選などについて懇談。

 厚木市へ向かい、16区本部事務所を激励。20時から子中公民館にて、続いて20:30から森の里幼稚園にて、後藤田正純代議士、川口より子参議院議員とともに、それぞれ個人演説会に出席し、応援演説を行った。イケメンの後藤田代議士の後は何となく話しにくい。風邪は快方に向かっている。

10月18日(水) 活動報告 

 横浜市中区にて朝8時から、同区選出の伊波洋之助横浜市会議長の朝食会に出席。菅総務大臣と「総裁選を振り返って」というテーマでパネルディスカッションを行う。午前中はそのまま横浜の企業・団体の挨拶回りを行い、市役所の自民党控え室を訪問するが、委員会開会中で決算特別委員会を傍聴。東京へ。


 13時より議員会館にて近藤中小企業庁事業環境部長、佐藤財務課長、鈴木経済産業省企業行動課長と中小企業税制について意見交換。その後、衆議院参観ホールにて、神奈川13区の甘利明経済産業大臣のご地元の「かめかめクラブ大和支部」国会見学会に駆けつけ、ご挨拶する。かめかめクラブとはウォーキングを趣味をするクラブで、今日も渋谷から歩いてきたそうだ。その後、医務室で風邪薬をもらって、15:30より韓国から来日したパク・スンジェ博士と面会。安全保障のエキスパートで北朝鮮の内情にも詳しい。貴重な北朝鮮情報を得る。その後、松下政経塾生の千田君が挨拶に来訪。いよいよ選挙に挑戦する腹を固めたようだ。16:50から森事務所を訪問し、森喜朗会長と面会し、もろもろの打ち合わせ。派閥会長の交代がメディアで報道されているが、そのことには触れず。


 横浜栄区へ向かい、同区選出の保阪努県議の時局講演会に出席し、ご挨拶する。7分も頂き、簡単な国政報告。続いて、川崎日航ホテルへ向かい、川崎区選出の杉山のぶお県議の都市再生構想懇話会に出席。その後、東京へ引き返し、8月のモンゴル出張の際に大変世話になったソドバータル産業通商省副大臣、ジグジッドモンゴル大使らと会食する。副大臣からはモンゴル訪問の際にプレゼントされた(?)馬の近況写真を頂く。日本で馬主になるには色々と制限があるが、モンゴルでは馬主ということに。大使は僕のホームページを見たとのことで、風邪に効くビタミン豊富な果物の実を頂く。焼酎のお湯割りにその実を入れて飲むと、確かにポカポカしてきた。最後に副大臣がアカペラでモンゴルの唄を歌いお開き。明日こそ全快と行きたい。
20061018.jpg

10月17日(火) 活動報告 

 朝8時からキャピトル東急ホテルにて、賃貸住宅対策議連総会に出席。その後、党本部に移動し、8:30から北朝鮮核問題に関する合同部会に出席。中川昭一政調会長も出席。外交カードとして核保有の可能性(あくまで)に言及するのは、閣僚ならともかく党役員なら構わないと個人的には思う。安保理決議について報告を聞き、議論する。その後、川口より子参議院議員の事務所にて、大学同期の上田英俊富山県議らと打ち合わせ。会館事務所に戻り、突然来られた吉田博美参議院議員と懇談。続いて、山本一太参議院議員の事務所にて、「新世代総理を創る会」の今後について意見交換。新世代総理も誕生したし、役目は果たしたのかなと思う。会館事務所にてメールチェック等の後、神奈川16区に向かう。



 JA津久井、津久井郡選出の榎本与助県議の事務所、自民党相模湖支部などを訪問後、中本元代議士と合流。相模原市議の事務所やJAなどを回り、亀井善太郎候補の支援のお願いと活動の激励を行う。補選のため応援が集中し、企業や自宅に何十人の関係者が訪問することも。相模原は来年の県議選に9人区で5人の自民党公認候補が立候補の予定。超激戦だ。東京に戻り食事。早めに切り上げるが、学生時代に大学横断で活動していた「東京円卓クラブ」の20周年に呼ばれ、懐かしい面々と昔話。今日も風邪は治らず。

10月16日(月) 活動報告 

 朝、川崎市中原区へ向かい、8時半から等々力グランドにて自民党川崎市連リバティゲートボール大会の開会式に出席。挨拶の後、始球式(始打式?)。市会議員の方々も選手として参加しており、しばしゲームを見学。だんだんルールが飲み込めてきた。その後、横須賀市へ向かい、横須賀の企業や団体にパーティーの挨拶。小泉純一郎事務所に顔を出し、活動資料を大量に事務所においてもらう。


 その後、厚木市・伊勢原市へ向かい、厚木と伊勢原のJAなどを訪問し、再度、亀井候補支援のお願い(併せて来年の自分の選挙も)。厚木と伊勢原の選挙事務所を激励に訪問する。19時より厚木市の厚南幼児園にて、熊本1区の木原稔議員、河野太郎県連会長らとともに個人演説会に出席し応援演説。続いて、伊勢原市のフォーラム21、下谷児童館、伊勢原ひかり幼稚園と3箇所にて行われた個人演説会でそれぞれ応援演説を行った。東京に戻り、風邪を治すためにスペイン料理。ニンニクスープ、海老のガーリック炒め、鶏肉のニンニク煮込みなど。明日はブレスケア必携。



10月15日(日) 活動報告 

 朝、宿舎から横浜へ向かい、国際ランチュウ品評会に出席。ご挨拶するとともに、立派なランチュウ(特殊な金魚)を見学する。参議院議長賞があるので毎年参加している。何となく立派なランチュウとそうでないランチュウがわかるようになってきた(?)。12時より、みなとみらいで、泉区選出の横山栄一横浜市議のご長男、横山勇太朗さんの結婚披露宴に出席する。媒酌人は戸塚区の吉原訓横浜市議。坂井学代議士の選挙で知り合ったらしい。乾杯前に挨拶をさせていただくが、「お前も頑張れ」といつものように冷やかされる。横浜駅西口に移動し横浜東北六県人会総会に出席。開会からかなり時間が過ぎていたため、会場はカラオケタイムで盛り上がっていた。


 15時より港北区にて、同区選出の嶋村ただし県議、佐藤ひろふみ横浜市議のミニ集会に出席し、30分ほど国政報告。主に党改革やエネルギー問題などについて。その後、厚木市へ向かい、本厚木駅頭にて神奈川16区補欠選挙の街頭演説。中川秀直幹事長や神奈川8区の福田峰之代議士、比例南関東ブロック選出の鈴木けいすけ代議士とともに亀井善太郎候補の応援演説を行う。本厚木駅頭は選挙区内で最も乗降客が多く、前哨戦も含め、今回の選挙戦だけ8回目ぐらいの演説。その後、瀬谷区へ向かい、瀬谷区拉致問題シンポジウム「横田夫妻が語る~拉致の現状~」に出席。横田ご夫妻の講演に続き、神奈川5区の坂井学代議士の司会のもと、横浜相原病院の吉田勝明院長、特定失踪者・大澤孝司さんの兄である大澤茂樹さん、川口より子参議院議員とパネルディスカッションを行う。私からは、自民党北朝鮮拉致対策本部国際連携推進チームの取り組みや、党を代表して出席したモンゴルでの「北朝鮮難民と人権に関する国際議員連盟第3回総会」等について意見を述べた。まだ体調回復せず、サラダバーのあるファミレスで野菜をたっぷり食べてハンバーグ150グラム。ビタミンはたっぷり補給。




10月14日(土) 活動報告 

 昨日の休養で少しはよくなったが、風邪がまだ治らない。だが、今日は神奈川16区補選で安倍総裁遊説があるので、頑張らなくては。午前、会館事務所にてミーティングを行う。その後、相模原へ。

 12:55から神奈川14区の赤間二郎代議士の司会のもと、相模原の麻溝公園にて亀井善太郎候補応援の演説会。参加者の主催者発表は7000人。県内の総裁遊説の際はいつもそうだが、総裁到着前に次の会場に移動をする。総裁の車は警備も付いているため、我々の車よりも早い。城山町へ移動。14:20より、相模丘中学校前で山梨2区の長崎幸太郎代議士の司会のもと、応援演説を行う。主催者発表は5000人。城山町に総理がお忍びでは無く来るのは初めてとのことで、町民の4人に1人が参加した計算だ。再び安倍総裁到着前に抜け出し、次は伊勢原へ。16:00より伊勢原市役所駐車場前にて、神奈川8区の福田峰之代議士の司会のもと、神奈川1区の松本純代議士、神奈川6区の上田勇代議士らと演説。そこに公明党の大田代表が駆けつけ、自公の連立政権の意義について強調。いよいよ安倍総裁が遊説局長になった埼玉8区の柴山昌彦代議士と共に登場。まず亀井候補自身の訴え。素晴らしい内容だった。やはり「カエルの子はカエル」。続いて安倍総裁も気合の入った応援演説を行う。川崎へ向かい、早大川崎校友会総会に出席の後。風邪を治すために焼肉にいってニンニクとネギをしこたま食す。


10月13日(金) 活動報告 

 朝から高熱。取りあえず午前中の挨拶まわりをキャンセル。午後から復帰のつもりが結局休み。悪い予感がしたので代理出席を準備していたので、事なきを得る。暖まって寝る。

10月12日(木) 活動報告 

 朝、キャピトル東急ホテルにて、海事振興議連通常総会に出席する。その後、党本部にて経済産業部会に出席。今回が経済産業部会専任部会長(資源エネルギー担当)として初めての部会であり、平井部会長からご紹介いただく。その後、消費生活用製品安全法改正案について議論。会館事務所に戻り、小黒会長をはじめ「税理士による小林温後援会」の幹部の方々から来年度税制改正要望についてご説明いただく。続いて、知的財産戦略推進事務局より、事務局長に就任した知的財産戦略調査会の今後の活動と知財政策についてレクを受ける。総務省阪本総合政策課長より情報通信政策についてレクを受ける。その後、以前インターンに来てもらっていた小澤君が来所し、近況報告。


 昼、赤坂プリンスホテルに向かい、清和政策研究会議員総会に出席。新たに神取忍、福島啓史郎両参議院議員が加入することになった。また、神奈川16区の状況報告とともに、先日のパーティーのお礼を行う。その後、風邪気味のため参議院内の医務室で診察を受ける。36.8度だった。会館事務所で執務後、党本部に向かい、15時から外交力強化に関する特命委員会に出席。宮原賢次経団連副会長から経済界との連携強化、服部則夫ベトナム大使から在外公館の機能の強化についてそれぞれ講演を聞き、意見交換する。16時から経済産業部会幹部会議に出席。今後の部会運営について打ち合わせ。

 港北区へ向かい、ソシア21にて、南区選出の新堀典彦県議の新政会総会懇親会に出席し、ご挨拶する。杉野正知事候補予定者もデビュー。その後、ロイヤルホールヨコハマにて、神奈川区選出の藤代耕一横浜市議の励ます会に出席し、ご挨拶する。東京に戻り、食事。料理はおいしいが、熱が出てきた。やばい。


10月11日(水) 活動報告 

 午前中、田中和徳代議士からご紹介いただき、衆議院内の本会議場にて川崎区浅田3・4丁目町内会50周年記念の国会見学の皆さんにご挨拶。同時に、一緒の時間に隣にいた戸塚区名瀬地区の国会見学の皆さんにも、坂井学代議士からご紹介いただきご挨拶する。その後、衆議院第二議員会館に向かい、国会見学後、地下の食堂で昼食を取られていた甘利明代議士の後援会、大和市中央林間支部の皆さんにご挨拶する。秋の過ごしやすい気候で、国会見学はピークを迎えている。その後、森喜朗事務所にお邪魔し各種スケジュールの打ち合わせ。河野太郎事務所に顔を出す。選挙制度調査会「インターネットを使った選挙運動に関するワーキングチーム」の座長を世耕弘成首相補佐官から引き継ぐことになったため、選挙制度調査会長の鳩山邦夫代議士に世耕議員とともにご挨拶に伺う。


 走って参議院会館に戻り、経済産業委員長室にて、経済産業委員会の自民党理事打ち合わせ会に出席し、今後の委員会運営について意見交換する。続いて、参議院内にて、政策審議会役員会に出席。議題は今後の政策審議会の方針について。会館事務所に戻り、面会3件。

 議員総会に出席後、17時より本会議に出席。北朝鮮の核実験に対する決議を行う。18時から虎ノ門パストラルにて宮路和明代議士のパーティーに出席。続いて、ホテルオークラにて、ゴールドマンサックスグループのレセプションに出席。ロイド・C・ブランクファイン会長兼CEOらと名刺交換。その後、清和政策研究会の総裁選挙慰労会・就任祝い会に参加する。風邪の悪化が怖いので、二次会の誘いを断り家路についた。


10月10日(火) 活動報告 

 今日はいよいよ衆議院神奈川16区補欠選挙の告示日。天気もよくて絶好の出陣式日より。安倍新政権にとっても、来年改選を迎える私自身にとっても負けられない戦いである。選挙区内の市町村事情もあって、今日の出陣式はなんと6ヶ所。まず伊勢原に向かい、10時より伊勢原市農協本所にて、亀井善太郎さんの伊勢原出陣式に出席。前半3ヶ所は中川昭一政調会長がメインゲスト。続いて14時より、麻溝台自治会館にて、相模原市出陣式に出席。厚木市へ向かい、16時より厚木中央公園にて厚木市出陣式に出席。

 愛川町へ向かい、18時より愛甲郡選出の馬場学郎県議の事務所前にて、愛川町出陣式に出席し、応援演説を行う。来賓の片山虎之助幹事長も駆けつける。続いて津久井町へ向かい、19:30より津久井郡農協本部にて、津久井四町合同の出陣式に出席し、応援演説を行う。残念ながら愛甲郡の出陣式には間に合わず。選挙運動にどっぷり漬かる日々。この間も北朝鮮の非難決議を巡り、国内外は揺れている。補選に勝つことが安倍政権の信任にもつながるのだから、勝たねば。


10月9日(月) 活動報告 

 一昨日の渋滞に懲りて、今日は早めに出発するが、道路は順調で藤沢にかなり早く到着。12時にしょうなん民舞の会で来賓挨拶。桜井いくぞう代議士、山本藤沢市長、鈴木恒夫県議、国松藤沢市会議長、諏訪間市議会議員らと。受付をしていると「早く弁当持ってくるように電話しなさい」と怒鳴られる。知名度は大事だと思った。相模原に向かって、折笠峰夫市議の折鶴会の芸能の集い。合間にご挨拶させていただく。夜はIT関係者と会食。明日から補選だ。


10月8日(日) 活動報告 

 久々の完全オフ。「よし有効に使おう」と思って、ハリ治療、続けてジムと身体の手入れにあてる。3ヶ月も預けっぱなしのクリーニングを取りに行って、メールの整理、名刺整理をしたらあっけなく一日も終わり。テレビでは小泉前総理の番組。というより飯島秘書官の番組だった。さあ16区補選頑張ろう。

10月7日(土) 活動報告 

 前夜の嵐も夜半には通過、朝から良い天気だ。かなり早起きをして二宮へ。中郡の古沢時衛県議主催の湘南ゲートボール大会に向かうが、東名は事故渋滞。8時半の開会式に間に合わず。早起きの甲斐なし。1時間遅れでグラウンドに到着し、しばらくルールの説明を聞きながら、試合観戦。何とか大まかなルールが理解できた。試合の合間にマイクで挨拶の機会を頂く。伊勢原で中本太衛元代議士の実家へ、本を持参し、ご両親としばし歓談。政経塾時代はたまに自宅へ呼んでいただいて食事をご馳走になった。そのまま伊勢原駅近くのファミレスで出張事務所ミーティング。今後の日程やパーティの総括など。事務所スタッフにもかなりハードなスケジュールが続いたので、交代で休みを取ってもらうことに。


 続いて亀井選対伊勢原事務所へ、添田隆晴市議会議員と一緒に宣伝カーに乗り込み、半日の遊説。途中、人通りの多い場所で5ヶ所のスポット街頭演説会。途中から山内康一代議士も合流する。4時半に車と別れて、厚木ロイヤルパークホテルへ。全日本不動産協会神奈川県本部の役員としてお世話になっている打田豊さん黄綬褒章受賞記念祝賀会。突然挨拶のご使命をいただく。引き続き同じホテル内で、補選に向けた自民党厚木支部の緊急大会。中川秀直幹事長もかけつけ、大票田厚木での奮起を誓う。最後のガンバローコールの指名を受け、ガンバロー3唱ならぬガンバロー5唱。本番でもガンバローコールをやらせてくれと山本善一事務局長に陳情。



 昼間の遊説の疲れで声がかれているし、パーティーが終わりほっとしたのか若干熱っぽい。事務所の渡辺君と鍋のある店を探して暖まることに。まだ季節が早いのか、なかなか見つからず。5、6件目でやっと鳥つくね鍋にありつく。

10月6日(金) 活動報告 

 午前、会館事務所にて、経済産業省の高木国会担当参事官、安井消費経済政策課長と面会し、消費生活用製品安全法改正について説明を聞く。続いて、石田貿易経済協力局長、松井商務流通審議官とそれぞれ面会。政務官は終わったが経産省との関係はまだまだ続く。院内に向かい、第9控室にて官邸の報道官らと総理の韓国訪問について打ち合わせをする。


 11:30より、参議院政策審議会の正副会長会議に出席。参議院自民党政策審議会副会長になってから初めての会議。なお、今回の新内閣発足に伴う人事で、党の方は参議院自民党政審副会長、経済産業部会専任部会長(資源エネルギー担当)、行革推進本部幹事、知的財産戦略調査会事務局長、基地対策特別委員会副委員長、地震対策特別委員会副委員長、国会の方は参議院経済産業委員会理事、行政監視委員会委員、国際問題に関する調査会委員をそれぞれ務めることになった。選挙の年はあまり役職には就きたくないが、これまでの経緯や、今後の自分の活動を考えると無難なところか。これ以外にもいくつかの役職を打診されているが、取捨選択の必要あり。続いて、参議院執行部会に出席する。執行部会は幹事長室、国対、政審、議運などの役職者で構成される。僕は2年勤めた副幹事長時代に続いて、3度目の執行部会メンバーに。週2回の会議は食事がうまい。ちなみに今日はうなぎだった。その後、党本部にて、森喜朗元総理と面会。食事がまだとのことで9階の食堂に行くと、元総理の突然のお出ましに、党職員もびっくり。カレーライスを注文し、部屋を変えて日韓関係の会議への出席などもろもろのお願い。

 午後、一旦会館事務所に立ち寄った後、横浜へ。中締めのご挨拶を野並社長から頂いた崎陽軒はじめパーティーでお世話になった企業・団体7軒お礼に回るとともに、お世話になっている元県連会長の梅沢健治先生宅へ。

 雨、風が強くなってくるが18時より、泉区選出の横山栄一横浜市議の中田・白百合地区お月見の会に出席。屋外の予定が天候のため屋内での開催。その後、東京へ戻り、季節ものの上海ガニを堪能。その後ベンチャー関係者と合流。


10月5日(木) 活動報告 

 午前、衆議院参観ホールに向かい、多摩区選出の吉澤章子川崎市議後援会の国会見学会にてご挨拶。バス4台160名以上の参加者。田中和徳川崎市連会長をはじめ山内康一、川口より子、小泉昭男議員と国会議員5名がお迎え。

 その後、パーティーの御礼のため横浜へ。開会のことばをお願いした川本工業川本社長や乾杯のご発声をお願いした藤木企業藤木会長など11社・団体を回り、御礼の御挨拶。その後、相模原へ向かい、17時から相武台にて荻原健司、川口より子参議院議員とともに、神奈川16区補選に立候補予定の亀井善太郎さん応援の街頭演説。商店街を歩いて、相武台自治会館で個人演説会。国会議員、地元議員に加えて、国会議員夫人も3名来賓として参加。豪華すぎるラインアップだ。引き続き、急いで本厚木駅へ向かい、18:30から山本一太参議院議員とともに、亀井善太郎さん応援の街頭演説を行う。16区で最も大きな駅は本厚木で、今回の選挙関連でも5度目ぐらいの演説。補欠選挙は党本部も全精力を傾ける。国会議員の選挙区入りも連日続く。我々のようなヒラ議員は企業・団体訪問やスポットの演説でも構わないが、さすがに大物が来る場合は会合を作る必要が。選挙区内の各支部は大臣や大物議員、有名議員の対応で大変らしい。その後、横浜市中区へ向かい、横浜JCの同期の会、目辰会に参加。ワシントンから一時帰国中の政経塾同期の加藤と合流予定が、連絡つかず断念。



10月4日(水) 活動報告 

 朝、党本部へ向かい、神奈川県選出国会議員会議に出席。サラリーマンとして24年間働き、生活者の視点を持つとともに、累積赤字を抱え経営難に陥ったしなの鉄道、埼玉高速鉄道を相次いで黒字化した辣腕の持ち主、杉野正さんを神奈川県知事選を擁立する方針を決めた。杉野さんからは、神奈川県も財政赤字を抱えるが、子や孫にツケを回さないという強い決意表明があった。
s-DSCF0681.jpg s-DSCF0691.jpg

その後、南関東ブロック両議員総会に出席。総務等の人事を決める。参議院内に移動し、議員総会、そして本会議に出席。本日も安倍新総理への代表質問。11:40に一旦昼の休憩。

 12時より、WFP(国連世界食糧計画)国会議連に出席。武見事務局長が厚生労働副大臣となったため、代わって事務局長に就任することになり、一言挨拶。ジェームズ T モリスWFP事務局長から現状と課題について説明後、意見交換した。
s-DSCF0705.jpg
13時より引き続き本会議に出席。終了後、日韓首脳会談について新聞社から取材を受けた後、松下政経塾の後輩の風間さんと面会。その後、参議院経済産業委員会の理事に再び就任することになったため、参議院経済産業委員部と打ち合わせ。メールチェック後、伊勢原へ向かう。

 18時より、神奈川16区補選の亀井善太郎さんの応援のため、松村祥文参議院議員とともに伊勢原商工会館へ。伊勢原商工会の役員や青年部の会合に出席し、ご挨拶する。亀井選対の伊勢原事務所に顔を出し、隣の文化会館で開催中の候補予定者公開討論会をのぞく。善太郎さんは議論も上手だ。聴衆は500人程度か。5年前の自分の選挙の時には、参加者の数が少なかったが、公開討論会もだんだん認知されてきた。その後、厚木へ向かい、萩原新吾厚木市議の役員会に出席し、亀井善太郎への支援を訴える。

 東京に戻り赤坂で某新聞社の記者と合流。焼き鳥と新政権を肴に盛り上がる。

10月3日(火) 活動報告 

 午前、会館事務所にて打ち合わせ後、議員総会へ。その後、本会議に出席。本日は安倍総理の所信表明演説に対する代表質問で、自民党からは、昨日のパーティーに出席いただいた片山虎之助参議院幹事長が質問に立った。代表質問前に横浜まで足を伸ばしていただいたことに改めて感謝。最後の部分で参議院の存在意義について触れるが、総理の答弁には答えは含まれず。

 議員会館に戻り、新聞記者からの取材が数件。中身は日韓首脳会談の行方。その後議員会館内で昨日のパーティーのあいさつ回り。昨日のお土産にした本を手に、参議院会館、衆議院第一・第二会館をそれぞれ歩くとかなりのカロリー消費。
20061006140947.jpg
 夕方、会館事務所に戻り、1件取材を受けた後、六本木へ向かい、ソウル大のパク助教授と夕食。我々の予想よりはるかに日韓首脳会談は成功に向かいそうだ。今までの努力が報われたと2人で乾杯。そんな折、北朝鮮が核実験の宣言。塩崎官房長官は予定より遅れて合流。金正日はいつも邪魔者だ。長官は官邸に戻り、韓国大使館の金参事官と合流。

10月2日(月) 活動報告 

 午前、会館事務所にて、本日の「小林ゆたか君を励ます会・『国家の生命線』出版記念会」の最終打ち合わせをする。シナリオや、懇親中に流すスライドを確定。院内の幹事長室や国対委員長室に顔を出す。臨時国会も始まり、国会内もざわざわしている。合間に虎ノ門、大手町などに外出。

 横浜へ向け、早めに出発し、会場の横浜ベイシェラトンホテル&タワーズへ。司会をお願いしている松下政経塾同期で神奈川5区選出の坂井学衆議院議員と打ち合わせ後、会場前でお出迎え。そして、18:30の定刻より少し遅れて、川本工業の川本守彦代表取締役社長のご挨拶で「小林ゆたか君を励ます会・『国家の生命線』出版記念会」がついに開会。発起人代表として、森喜朗元総理に父親のようなありがたいご挨拶をいただく。続いて、来賓の片山虎之助参議院自民党幹事長、甘利明経済産業大臣、菅義偉総務大臣、塩崎恭久内閣官房長官からそれぞれご挨拶を頂いた。片山幹事長からは、エネルギー専任部会長として参議院から推薦したとのこと。甘利大臣、菅大臣からは総裁選の話し、塩崎長官からは党改革実行本部や日韓関係のことなど、実際に一緒に仕事をしている先輩から自分の仕事ぶりをほめてもらうとなんとなく嬉しい。
20061006132345.jpg 20061006132356.jpg 20061006132716.jpg
20061006132152.jpg 20061006132130.jpg 20061006132329.jpg
県内選出国会議員の皆様にご登壇いただき、県連、横浜・川崎両市連を代表して、財務副大臣に就任された田中和徳川崎市連会長、小此木八郎横浜市連会長からご挨拶。その後、県・市長村議・市町村長を代表して、中村省司神奈川県議会議長にご挨拶。ここまで約50分、まあまあのペースだ。いよいよ本人の挨拶。10月の衆議院神奈川16区補選で立候補予定の亀井善太郎さんのお母様、亀井栄子さんをご紹介。自分からは今日の会の感謝と来年の選挙にむけてのご支援をお願いする。もっと話をしたいところだが、来場者は長時間立ちっぱなしなので、早めに切り上げ、藤木企業の藤木幸夫取締役会長のご発声で乾杯。藤木会長からは、この場にいる皆さんは親子兄弟・親族と思って小林ゆたかを支援してほしいとの有難いお言葉を頂く。懇親に入り、テーブルをそれぞれ回り、お一人お一人とお話させて頂いた。なお、懇親中には、これまでの活動をまとめたスライドを流し、出席いただいた国会議員、市町村長、県会議員、市町村議会議員、統一地方選候補予定者のご紹介や、祝電の披露。あっという間に8時半に。中締めのご挨拶を株式会社崎陽軒の野並社長にして頂き、閉会。最後までお見送りをした。多数の皆様より温かいご激励をいただき、改めて、感謝。お手伝いして下さった皆様の慰労会で御礼のご挨拶をする。岩崎学園岩崎理事長、川口より子先生と軽く食事をしてホテルを後に。東京にも戻り、今日のパーティーにも出席いただいたセガサミーの里見会長の会に合流。3ヶ月準備したパーティーもやっと終わった。次は16区補欠選に全力投球。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。