スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月30日(木) 活動報告 

 朝8時から党本部にて、振り込め詐欺撲滅ワーキングチームの法案起草チームに出席。法案化に向け、専門家の弁護士とともに論点を整理。9時より企業統治に関する委員会にて、司会を務める。企業結合審査の課題について産業界・法曹実務者からヒアリング。国土交通省に向かい、川崎商工会議所の要望活動に参加。党本部に戻り、10:30より選挙制度調査会に出席。与党プロジェクトチームの結果について報告し、議論する。いつの間にかインターネットだけでなく、マニフェストの担当になっており、とりまとめをいそぐように鳩山邦夫会長から仕事を受ける。終了後、急いで会館事務所に戻り、税理士による小林温後援会の小黒会長、東京地方税理士政治連盟の草刈会長に「特殊支配同族会社の役員給与」税制について経緯を説明。


 赤坂プリンスホテルに向かい、清和政策研究会総会に出席。杉浦政策委員長より「美しい国づくり交付金」創設の提案があった。帰り際に森先生と明日の会合の打ち合わせ。NHKホールに向かい、全国商工会連合会全国大会に出席。神奈川県の代表団の席にもお邪魔する。会館事務所に戻り、来年度税制改正についての要望が4件続く。16時より、資源エネルギー庁の平工次長らと月曜の決算委員会について打ち合わせ。質問時間は10時50分からに決定。(お時間のある方は、NHK総合見て下さい)続いて経済産業省の鈴木企業行動課長と減価償却制度の抜本見直し等について打ち合わせ。17時より、面会2件。


 横浜市西区へ向かい、横浜市磯子区選出の新井敏二郎県議の副議長就任パーティーに出席。東京に戻り、猪口前大臣の退任御礼の会に出席。その後、用賀へ移動し、21時よりサッカー関係者らと懇親会。
スポンサーサイト

11月29日(水) 活動報告 

 今日も忙しい。8時から党本部にてエネルギー戦略合同部会に出席。エネルギー基本計画改定の検討状況について資源エネルギー庁から聞く、自分からは資源確保戦略の必要性を強調し、リスクマネーの現状について質問と意見。その後、資源エネルギー庁の岩井資源・燃料部長と油田問題等について意見交換。参議院内に向かい、議員総会に出席後、本会議に出席。昨日、経済産業委員会で審議された消費生活用製品安全法案が可決・成立した。本会議終了後、院内にて経済産業省の石黒審議官から地域産業活性化法についてレクを受ける。続いて、参議院政策審議会に出席し、議員立法であるドクターヘリ特別措置法と、補正予算の目玉である障害者自立支援法の問題について、意見交換。党本部に向かい、神奈川3区選出の小此木八郎代議士の社労士後援会の党本部見学昼食会に駆けつけ、ご挨拶する。衆議院第一議員会館に向かい、平井卓也経済産業部会長と税制調査会のヒアリングについて打ち合わせをする。経済産業部会に与えられた時間は30分。二人で要望を整理し分担する。僕は主にエネルギー関係、「特殊支配同族会社の役員給与」税制、確定拠出、環境税などについて担当することに。


 会館事務所に戻り、13時よりアメリカから訪日中のT.ナムクン博士と北朝鮮情勢について意見交換。アメリカでは民主党主導で米朝直接接触の機運が高まっているようだ。党本部に移動し、来年7月の参議院選挙の公認証書交付と安倍総理との写真撮影を行う。公認候補者が流れ作業で総理との2ショットにおさまる。続いて、14時より経済産業部会税制決起集会に出席。担当する分野について決意を述べた。15時より税制調査会小委員会の経済産業部会ヒアリングに出席。平井部会長とともに、津島会長、町村小委員長ら居並ぶ税調幹部に経済産業部会としての重点要望を強く主張する。時間が足りず、早口で、途中も一部省略。終了後、党本部にて経済産業省の立岡審議官と明日の企業統治委員会の司会について打ち合わせ。その後、公正取引委員会の山田企業結合課長からレク。16時より経済発展と環境を考える会に出席。本日の税制調査会の状況について報告。衆議院第一議員会館に向かい、16:30より、与党公職選挙法に関するプロジェクトチームに出席。公選法の課題について議論する。いつの間にかインターネットに加えて、マニフェストも担当に指名されていた。


 横浜市西区へ向かい、キャメロットジャパンにて、神奈川県不動産コンサルタント協会の会合に出席。続いてロイヤルホールヨコハマへ行き、横浜市保土ヶ谷区選出の榎並寛県議の6期感謝の集いに出席。榎並先生は雄弁会の先輩で大変お世話になったが、このたび勇退を決意された。長男の正剛さんが後継に。最近たくましくなった。急いで東京に戻り、千代田区にてVECの濱田理事長らと会合。内外のベンチャー事情について盛り上がる。本の出版についても打ち合わせ。今週はずっと忙しい。仕事が溜まってきた。

11月28日(火) 活動報告 

 結局5時30分におきて今日の経済産業委員会での質問の最終推敲。質問の通告は骨子で行うので、50分の分量にするのには、質問と質問のつなぎや、数字や事実などを組み合わせる必要があり、どうしても前日夜か、当日早朝の作業になってしまう。会館事務所で質問原稿をプリントアウト後、8:30から党本部でテレコム・郵政関係の税制勉強会に出席する。その後、参議院内に向かい、9:20より国対正副会議に出席し、昨日の政審の様子について報告。9:50より経済産業委員会理事会に出席後、10時から経済産業委員会。トップパッターで50分間、消費生活用製品安全法案について、経済産業省と他省庁との連携や情報共有化の必要性、工事事業者や販売事業者の問題等の観点から甘利経済産業大臣他に質問した。末席の理事としての仕事の一つは、委員会中の定足数を確認すること。現在参議院では教育基本法特別委員会が連日開かれているため、掛け持ちの議員も多くかなり冷や汗もの。特に経済産業委員会は長老議員が多く、気を使うことも多い。


 12時に一旦委員会が休憩となり、海老名市身体障害者伸生会の方々の国会見学会でご挨拶するために衆議院参観ホールに行くが、予定より遅れているとのこと。次の予定が詰まっているため残念ながら断念し、参議院内にて執行部会に出席する。続いて、ホテルニューオータニに向かい、自民党観光産業振興議連に出席。その後森喜朗事務所に立ち寄り、13時から経済産業委員会に出席する。15時まで審議は続き、消費生活用製品安全法案は無事可決する。党本部に向かい、明日の税制調査会に向けて、平井卓也経済産業部会長との打ち合わせに出席。経済産業部会の税制要望は30分間、入念な詰めを行う。その後、首都圏地震対策議連に出席後、政調会長室で中丸室長と懇談。17:10より日本保育協会女性部中央研修会懇親会に出席。


 新横浜へ向かい、港北区選出の佐藤ひろふみ横浜市議を囲む会に出席。年々規模が大きくなり、佐藤市議への期待の高まりが感じられる、横浜市西区へ向かい、横浜市泉区にて県議選に向けて活動をされている石井もとみちさんを励ます会に出席。石井さんには自民党及び宅建協会の関係で二重にお世話になってきた。何とか選挙で恩返ししたい。宅建の幹部の皆さんには、昨日の甘利大臣の会に引き続き、明日も会合に誘っていただいている。19:30より同じく西区にて夕食会。エネルギーや安倍政権などの話題で盛り上がる。東京に戻り地元企業の役員の皆さんと合流。今日も長く忙しい一日だった。

11月27日(月) 活動報告 

 本日はまず参議院内にて参議院政策審議会に出席。川口より子参議院議員より議員立法で提案が目指されている「環境配慮契約法案」について説明を聞き、関係の業界などから意見聴取。続いて会館事務所に戻り、明日の経済産業委員会での消費生活用製品安全法案に関する質問の打ち合わせをする。野党の審議拒否を受けて、仕切りなおしの後なので質問通告から一週間経過し、何となく変な感じ。その後、来訪した東北経済連合会の大江東京所長と懇談。さらに、経済産業省より日本とインドネシアのEPAの進捗状況についてレクを受ける。


 今日から、税制調査会と予算編成の議論が始まる。自民党にとって11月末から12月の中旬までは一年でも最も忙しい、税金と予算のシーズンだ。他党議員はこの時期何をしているのか不思議だが、地元の会合では税制改正や予算獲得に頑張ってますと言っている。14:30より税制調査会総会に出席。津島税制調査会長、中川昭一政調会長、尾身財務大臣、菅総務大臣の挨拶の後、最近の経済動向、金融情勢、財政状況、税収動向、地方財政、地方税収についてそれぞれ内閣府、日銀、財務省、総務省から聴取。途中で抜け出し復党問題のために急遽召集された党改革実行本部に出席。石原本部長より復党問題の経緯について説明。青木参議院会長も出席していて冒頭に発言。主として反対の意見が続く。実際は午前中の復党願いの提出を受け、平沼代議士以外11人の復党が既に報道されていたが、この議論はどう扱われるのだろう。16時より政調全体会議に出席。平成18年度補正予算、平成19年度予算編成の基本方針原案について説明聴取する。


 横浜市西区へ向かい、ロイヤルパークホテルにて、神奈川県神社庁60周年記念大会に出席する。900人の着席で。テーブルとテーブルの間も無いほどぎゅうぎゅう詰め。今まで見た中で最も大きな着席の会合だった。続いて横浜ベイシェラトンホテルに向かい、甘利明経済産業大臣の会に出席。親しい後援者によるお祝いの会で、議員は僕一人。挨拶では、明日はトップバッターで大臣に質問をすることにも触れ、経済産業分野のエキスパートの甘利大臣に大きな期待が集まっていることを話した。杉野知事候補も遅れて到着し、ともにテーブルを廻る。中区へ向かい、自民党横浜市連青年局の忘年会に出席。その後、東京に戻り、会館事務所で明日の質問の打ち合わせ。疲れからか効率が悪いので、早めに寝ることに。明日は5時に起きて質問を書こう。

11月26日(日) 活動報告 

 7時に横浜市鶴見区へ向かい、同区選出の横山哲夫県議の日帰り旅行会の出発に駆けつける予定が、迎えが来ない。慌てて自分で運転して鶴見に到着するが、5台のバスのうち2台は出発済み。同じく見送りに来ていた小此木八郎代議士とファミレスで朝食。参議院選挙に向けての方針などを相談。東京に向かい、衆議院にて、海老名商工会議所の方々の国会見学会にご挨拶。

 川崎市多摩区へ向かい、西菅公園にて行われている川崎北部フリーマーケットに参加。同区選出の土井りゅうすけ県議、廣田健一川崎市議の後援会も出店しており山内康一代議士と一緒にマーケットを見て廻る。友人の米口氏夫妻もたまたま出店していた。廣田後援会はつきたての餅、土井後援会は綿菓子を販売中。隣の麻生区で雄弁会同期の相原県議と合流して新百合ヶ丘で昼食。来年の統一選、参議院選挙などについて懇談。健康的に豆腐料理。多摩区や麻生区には統一選向けのポスターが目立ち始めた。公明党や共産党の参議院候補のポスターも。我が党は知事選候補も抱えているので、自分のポスターは4月までは頼めそうも無い。ポスターを見ながら気が重くなる。


 若干時間が空いたので気分転換にマッサージに行こうと思い、何件か電話で予約を試みるが、一杯。ここにも景気回復の兆候が。結局センター南に。しばらくぶりのマッサージだが、全身ガチガチで「仕事大変なんですね」と同情される。武蔵小杉で川崎市歯科技工士会50周年記念祝賀会に出席。隣に座った山際大志郎代議士と復党問題で意見交換。世論調査では、復党に反対の意見の中で「来年の参議院対策というのが見え見え」が一番多いらしい。退席前に事務局の配慮で、自分の選挙の宣伝をさせてもらう。有難い。溝の口のホテルKSPに向かい、宮前区選出の矢沢ひろたか川崎市議会議長の後援会の集いに出席。いつもながら温かい感じのする会だった。帰り道の自由が丘で食事。自由が丘に行くのは何年ぶりだろう。いつの間にか雨が降り出し、少しぬれて帰る。用心に風邪薬をたくさん呑んで寝よう。


11月25日(土) 活動報告 

 午前、会館事務所にてメールチェック等の後、事務所ミーティング。その後、赤坂プリンスホテルに向かい、朝野飛雄馬さん香陽さんの結婚披露宴に出席。朝野飛雄馬さんは東洋コンツェルンの朝野会長のご子息で、媒酌人は森喜朗元総理。来賓はメディア、広告、芸能界を中心に超豪華。ちなみに司会は野口五郎、スピーチも財界人に加えて、王監督、藤田まこと、里見幸太郎、松方弘樹、小池栄子、ラモスなどなど、途中には日野照正氏のトランペット演奏もあった。

 終了後、秦野市へ向かい、秦野商工会議所にて秦野市連合支部講演会に出席。河野洋平議長が、「小林君は頑張っている」と褒めてくれる。南足柄市へ向かい、岩原公民館にて保田けんいちろう南足柄市議の講演会に出席。約30分の国政報告をするとともに、続けて行われた座談会で会場からの質問に答える。竹林や里山の再生、映画村構想など、地元の皆さんの声を聞いて横浜へ帰る。帰宅は11時半。


11月24日(金) 活動報告 

 朝、国対委員会に出席。経済産業委員会の末席の理事の仕事の一つは、委員会や理事懇談会のあるときに国会対策委員会に出席して経緯を報告すること。9:45より参議院議員総会に出席し、そのまま本会議へ。本日は平成17年度決算報告と質疑で、2時間5分。自民党は吉田博美議員が質問に立つ。ヤジ将軍として名高い吉田議員の質問だけに、ヤジも飛んだが、良い質問だった。その後、すぐに経済産業委員長室にて、経済産業委員会理事懇談会に出席。21日に予定されていたが、野党の欠席により延びてしまった消費生活用製品安全法改正案の審議が、28日(火)に決まった。自分の質問は10時から50分間。その後、院内に急いで戻り、参議院執行部会に出席後、人事審査委員会に出席する。

 13時に亀井善太郎事務所を訪問して、亀井善太郎代議士と打ち合わせ。その後、会館事務所に戻り、経済産業省の石川環境政策課長らからレク。14:30より電気事業連合会から来年度税制改正について要望を受ける。15時よりVOX社の山本氏と面会。その後、明日の講演の打ち合わせと1件面会の後、経済産業省の石黒審議官から地域産業活性化法の検討状況についてレク。

 横浜市金沢区へ向かい、自民党公認で来年4月の横浜市議選に出馬予定の黒川まさるさんの「愛する金沢の集い」に出席。まさるさんは黒川澄夫市議の後継として出馬するが、横浜青年会議所の理事長もつとめ、新たなステージで活躍が期待されている。その後、川崎市へ向かい、自民党川崎市連青年局の忘年会に出席。市内7区の青年局メンバーに加え、川崎、中原、幸区の女性局長の皆さんや所属議員でにぎやかだった。東京に戻り、ベンチャー関係者と痛飲。明日が心配。


11月23日(木) 活動報告 

 川崎のフリーマーケットに参加するはずが、天候が不安定のために延期になり、逗子へ向かうことに。12月3日告示、12月10日投開票の逗子市長選挙に自民党推薦で立候補予定の網倉大介前逗子市議、同時に行われる市議補欠選挙候補予定者の藤吉一哉さんの街頭演説会に参加。逗子の岡本市議や葉山町の加藤町議らとともに応援演説。逗子は池子の米軍住宅問題をテーマに、住宅に反対の立場のいわゆる市民派の市長が、市政を混乱(?)させてきた。現市長もパフォーマンスが得意なタイプだったが、再選を目指さず、保守系の推す網倉市議と、革新系の候補の争いになりそうだ。網倉さんは、まだ40歳だが市議4期目のナイスガイ。逗子の財政問題や今後の地域の活性化を託すに相応しい候補者だ。なんとしても当選を実現せねば。途中で冷たい雨が降り出す。演説会を終え、選挙事務所に顔を出す。


 冷えた身体を温めるべく、ラーメンを食べて横浜市西区へ。神奈川14区選出の赤間二郎代議士の結婚披露宴に出席。11時半と16時半のダブルヘッダーで、午前中は麻生外務大臣が主賓、午後の部は河野衆議院議長、尾身財務大臣、甘利経産大臣、菅総務大臣はじめ、VIPが勢ぞろい。乾杯後、杉野知事候補と各テーブルを廻り、お色直し後に挨拶。盛大な結婚式だった。東京に戻り韓国の友人と食事。疲れた体に英語はこたえる。連休の谷間だが明日も本会議。これも民主党をはじめとする野党のお蔭(?)

11月22日(水) 活動報告 

 朝8:15、参議院内に向かい、国対委員会に出席。今日から教育基本法特別委員会が連日開かれる。時間との勝負で今日も、午前午後審議のため、本会議は昼の時間にセットされた。矢野国対委員長は審議時間確保のためには、1分たりとも無駄にはしないと意気込みを示した。決算委員の理事から話が合って、12月4日の決算委員会にて質問することになった。NHKでテレビ放映の予定。その後、党本部に移動し、経済活性化税制議連に出席。エルピーダメモリの坂本社長から国際競争力と法人税制のあり方について聞き、意見交換。その後、党本部内の喫茶室にて参議院選挙への取り組みについて取材を受ける。11時より、選挙制度調査会の総会に出席。与党公職選挙法PTの課題について意見交換。公明案をどこまで受け入れるべきかがポイント。院内に向かい、参議院議員総会に出席し、そのまま12時からの本会議へ。今日は信託法案の趣旨説明・質疑。おかしなことに答弁席に文部科学大臣が。民主党の質問者は教育基本法の質問を冒頭に行う。先日の本会議を欠席しておいて、別の法案で質問するとは、民主党も迷走状態。本会議終了後、政審審議会に出席。参議院選挙制度の改革について議論する。その後、衆議院参観ホールにて、座間市甘利明の会国会見学会に文字通り駆けつけ、ご挨拶する。


 13時から、国際問題調査会に出席。北朝鮮問題を中心に、日本のアジア外交について議論。外務省の佐々江アジア太平洋局長、河合北米局長に、米国の中間選挙の結果の北朝鮮情勢への影響などについて質問。答弁は紋切り型で踏み込んでくれなかった。15時に会館事務所に戻り、日本鉱業協会から税制要望。その後、党本部に移動し、全国青色申告会の税制改正要望大会に出席。会館事務所に急いで戻り、石油鉱業連盟、天然ガス鉱業会から来年度税制要望。エネルギー専任部会長として要望を聞くが、「こういうこと一生懸命やってます」と本を一冊ずつお渡しする。自分は特に資源エネルギーの問題に力を入れようと思っているが、先方にはそういう意識は無いようだ。残念。政治家の扱いはこの程度。続いて、経済産業省の羽藤情報政策課長とIT分野での課題について意見交換。その後、ソウルから2月のシンポジウムについての来訪1件。資源エネルギー庁の平工次長と資源エネルギー分野の課題について意見交換する。決算委員会ではエネルギーとITをテーマに質問を組み立てることに。


 17時30分に会館を出発。横浜市金沢区へ移動し、19時より同区選出の国吉一夫県議の激励の集いに出席し、5分の予定が10分の時間を頂き、国吉県議の活躍ぶりをアピール。最後に参議院選挙のお願い。最近つくづく思うが、予想以上に統一地方選挙と参議院選挙のかぶりは深刻。4月の統一選の候補者の会合で自分の選挙の話をするのは気が引ける。控えめに控えめに。


 東京に戻りワシントンからとんぼ返りしたVOX社の山本氏と合流し、選挙公報関係の打ち合わせ。横浜のベンチャー経営者と合流し2次会。

11月21日(火) 活動報告 

 朝8時、党本部にて経済産業部会に出席。部会としての来年度税制改正重点要望が決定。昨日主張した特殊支配同族会社の役員給与の損金算入制限措置の見直しも含まれることに。終了後、外交関係合同会議に出席。外交関係の当面する課題について聞く。会館事務所に一旦戻り、メールチェック後、9:50より経済産業委員会理事会に出席。午後の委員会質疑は行わないことが正式決定。10時より経済産業委員会。参議院別館21号室にて消費生活用製品安全法改正案の審議のため、日本ガス石油機器工業会の竹下克彦会長代行、失敗学で著名な畑村洋太郎工学院大教授、日本消費者協会の宮本一子理事を参考人にお呼びし、質疑を行う。所要は1時間45分。質問通告もむなしく、法案審議は来週火曜以降に延期。「民主党さん、見栄だけなら、せっかく集まるのだから午後もやろう」と言いたいが我慢する。本当はいい加減にして欲しい。こっちにも予定があるのだから。


 すぐに院内幹事長室に移動して、12時より参議院執行部会に出席。終了後、参議院政審正副会長会議に出席。川口より子参議院議員から議員立法で提案予定の「環境配慮契約法案」について説明を聞く。引き続き参議院政審で今後の日程調整。続いて、参議院議員会館の会議室にて昼食中の神奈川県遺族会の国会見学会昼食会に駆けつけ、ご挨拶する。13:30より、資源エネルギー庁の平工次長、安藤新エネ対策課長からバイオエタノール政策についてレク。14時、川口より子参議院議員と議員立法について打ち合わせ。14:30、資源エネルギー庁の上田省エネ新エネ部長から先般のAPECで安倍総理から提案された、中国に対するエネルギー政策についてレクを受ける。党本部へ移動し、15時より外国人人材交流推進議連の日比EPAワーキングチームに出席。続いて、経済活性化税制議連の幹部会に出席。議連としての決議案について議論。


 横浜へ移動し、自民党神奈川県連のパーティーに出席。早めについたので、入り口にて参加者をお出迎え。参議院選挙を控えて目立つ機会を頂き、まず開会の挨拶。今日の目玉は小泉純一郎前総理のスピーチ。舞台下で少し雑談。乾杯の後に、参議院比例区から出馬予定者の紹介。今日2回目のマイク。会場内を隈なくまわるつもりが、いつの間にか中締め。打ち上げに参加して、司会を務め、3回目のマイク。先日、一太さんのブログで「自民党の司会男」と紹介されたが、面目躍如。東京に戻って食事、2次会をこなして帰宅。風邪はようやく退散したらしい。


11月20日(月) 活動報告 

 朝からややこしい電話が数件。会館事務所にてバイオエタノールの普及について関係者の方々と意見交換。続いて、憲政記念館に向かい、青葉区選出の横山正人横浜市議の旅行会昼食会に駆けつけご挨拶する。会館事務所に戻り、面会2件。13時より日本商工会議所役員と税制改正について意見交換。続いて、経済産業省の後藤産業組織課長から来年度税制改正と企業統治についてレクを受ける。企業統治委員会も引き続き事務局次長に任命されたらしい。続いて、中小企業金融公庫の役員と意見交換。14時からは、野党の欠席により明日行われない可能性の高い経済産業委員会の質問通告。順調に行けば、消費生活用製品安全法改正案について50分間質問に立つ予定。国土交通省、内閣府、消防庁、経産省など質問は多岐に亘る予定だが、明日はキャンセルだと思うと力も入らない。国会の会期を通じて、メディアを通して報道されるのは、一部の法案(今回は野党欠席で衆議院を通過した教育基本法改正案)だけだが、実際は多数の法案が各委員会で審議される。野党が審議拒否をすることで、国民生活に大きな影響を与える大事な法案も、時間切れで廃案になってしまう。そういったことも、マスコミにはしっかり報道して欲しい。例えばこの消費生活用製品安全法は、パロマの湯沸し器やシュレッダーなどの事件を受けて、製造業者の対応や政府に対する報告義務を強化するもので、法案の成立が遅れることで、新たな事故が起きる可能性もある。そんなことを考えながら、少し質問内容を見直すことにして一時中断。

 党本部に向かい、経済産業部会の税制関係幹部会に出席。明日8時の部会で提案する部会要望案について最後のつめ。特殊支配同族会社の役員給与の損金算入制限措置については見直しを主張。その結果部会の重点要望に含まれることになった。16時より、u-Japan特命委員会のWindows Vista説明会に出席し、デモンストレーション等を見る。会館事務所に戻り、質問通告の続きを行った後、松下政経塾の後輩と面会。


 川崎市川崎区に向かい、川崎日航ホテルにて、阿部たかお川崎市長を励ます会に出席。阿部市長は福島出身で、関係者も多数。東京に戻り、ワシントンから一時帰国中の、政経塾同期の歓迎会。加藤弁護士は僕と入れ替わりにワシントンに留学して以来、向こうでの生活が13年になる。二人で2次会に行って、しばし昔話。

11月19日(日) 活動報告 

 先週は早朝の部会と韓国議員との夜の付き合いが続いたため、疲れはピークに。しかし早起きして7時に出発。横浜市鶴見区の横山哲夫県議の日帰り旅行会の出発に駆けつけ、バス6台を回りご挨拶する。目的地は、福島県のいわき市にあるスパ・ハワイアンズとのこと。哲夫先生は勇退するため、来年からは後継者の幸一君のバス旅行に衣替えになる。

 次の会合までの時間があり、ファミレスでモーニング。朝日のトップ記事はAPECでの日米首脳会談。「日米蜜月岐路」という見出し。確かに米国の中間選挙で共和党が敗北し、ブッシュ政権も弱体化しているが、安倍-ブッシュの個人的な関係に頼らずとも日米関係はこの20年でかなり成熟している(昨年一緒に訪米したとき安倍総理は、十分評価されていたが)。自分がワシントンで暮らした80年代後半から90年代前半はまだ様々な摩擦が存在し、時には国と国の問題に発展したが、これからはその心配はないだろう。しかし一方で民主党による議会掌握と次の政権の行方には十分注意を払う必要がある。民主党とのパイプ構築のためにワシントンに行きたいところだが、選挙前は難しそうだ。神奈川区へ向かい、かなっくホールにてMOA美術館神奈川県児童作品展表彰式に出席する。展示された小学生の美術作品を見て表彰。その後、相模原市へ向かい、佐藤けんじ相模原市議のバーベキューにお邪魔する。雨模様にも関わらず、大勢の参加者で盛り上がっていた。


 横浜市旭区へ向かい、同区選出の梶村充横浜市議の演芸大会に出席し、式典でご挨拶。その後、横浜市戸塚区へ向かい、民謡の会である清舟会30周年記念祝賀会に出席。大和市へ向かい、早大大和校友会総会に出席。続いて厚木市へ向かい、ぬまた幸一厚木市議の議長就任祝賀会に出席。都内に戻りファミレスで食事。今日は二食がファミレス、一食はラーメン。明日の国会は正常化するだろうか。安倍総理がAPEC出席中なので、火曜日からという線が強そうだ。そういえば火曜日は経産委員会で質問の予定だが、影響が心配。


11月18日(土) 活動報告 

 朝、宿舎から横浜市に向かうが、東名高速が事故で大渋滞。途中で第三京浜に乗り換え、遠回りして田奈農協まつりへ。この連休は県内各地のJAで農協まつりが行われているが、農政連の近藤さんに誘われて参加。天気にも恵まれて、会場は大盛況。福田峰之代議士、三好吉清県議、小島健一県議、斉藤達也市議らも会場内でばったり。座間市へ移動し、11:30より小川成男座間市議の議長就任祝賀会に出席。


 海老名市へ向かい、海老名市選出の木内かなめ県議の県政報告会に出席。その後、横浜市保土ヶ谷区へ移動し、同区選出の田中ただあき横浜市議の市政報告会に出席。10分ほどエネルギー問題を中心に国政報告。僕の到着が遅れそうだったので、他の講演者がそれぞれ時間を延ばして待っていてくれたとのこと。有り難うございました。その後、横浜事務所に向かい、福島の先輩の息子さんと面会。政治に興味があるとのことで、少しずつ手伝ってもらうことに。その後若手JCの会の打合せの後、事務所ミーティング。寒川町へ向かい、寒川神社参集殿にて早稲田大学出身者の会である稲門会の神奈川県支部大会懇親会に出席。各テーブルを回って挨拶。終了が遅くなり、相模原市の会合はキャンセルしてもらい(山口さんごめんなさい)帰宅。今日も走った。


11月17日(金) 活動報告 

 朝、8時から指定都市市議会議員懇談会に出席。大都市財政の実態に即応する財源の拡充について意見交換。横浜から島村勝夫市議、川崎から長瀬正義、廣田健一市議が出席していた。途中で退席し、8:30より、経済産業部会の税制勉強会に出席。年末の税制改正の主要課題の一つでもある減価償却制度の抜本的見直しについて説明を聞き、議論する。今年の税制改正の一番の目玉でもあり、論点はかなり絞れてきた。院内に向かい、参議院議員総会に出席後、10時から本会議に出席。衆議院での成立を受け、教育基本法改正案の趣旨説明、質疑が行われた。野党は欠席。マスコミ報道などでは民主党内部も対応については意見が割れているらしいが、いつまで突っ張れることやら。


 官邸に向かい、井上総理秘書官に先日出版した「国家の生命線」を贈呈。安倍総理にも渡してくれるようにお願いする。ホテルオークラに移動し、日韓議連・韓日議連の合同総会に出席。本会議のため開会式には間に合わなかったが、昼食会から参加。韓国から来日した議員団と懇親するとともに、原田令嗣代議士が作成した21世紀委員会の活動紹介ビデオを見る。韓国と日本の議員がそれぞれの選挙区訪問をする事業を行っているが、すでに5箇所で開催された。

 午後は各分科委員会の会議が開かれ、日本側事務局長を務める21世紀委員会に出席。合同ホームページ等、今後の活動について意見交換。相互訪問事業の強化、テーマごとの研究グループの立ち上げや共同セミナーの開催などが提案された。途中で靖国問題に話が及び、緊張感のある議論の場面も。17時より閉会式に出席。共同アピールを採択する。総会終了後に開かれた森喜朗会長主催の夕食懇談会では、司会を勤める。その後、韓国代表団とともに2次会で赤坂に移動。ハンナラ党、ウリ党それぞれ、あるいは混成のグループが組織され、転々とはしごをする。今日も飲んだ。


11月16日(木) 活動報告 

 朝、8時より党本部にて経済産業部会税制勉強会に出席。地球環境対策、国際租税制度、道路特定財源等について説明を聞き、意見交換。9時より経済活性化税制議連に出席し、経済産業・金融・国土交通省からそれぞれ税制改正要望ヒアリング。部会や部会の小委員会、議員連盟、幹部会など税制改正の主要なテーマについては説明が重なる部分も多い。会館事務所に一旦戻り、打ち合わせ等の後、羽田空港へ。日韓議連・韓日議連合同総会のために来日した韓国国会議員団を河村建夫日韓議連運営委員長とともにお迎え。旧知の議員がたくさん。韓国でも日本で言えば最高裁判所長官の承認を巡って国会が荒れたそうで、10時45分着のフライトで到着したのは、50人の予定が30人程度に。一人ひとりに歓迎の意を表して、永田町に戻る。


 赤坂プリンスホテルに向かい、12時より清和政策研究会に出席。森名誉会長と12月のスケジュールについて打ち合わせ。マイクを借りて、明日の日韓議連総会の宣伝をする。その後、急遽スケジュールがキャンセルになり、空いた時間を利用して散髪する。会館事務所に戻り、経済産業省からレク2件。FTA 交渉の現状と、来週質問をする予定の製品安全法について。アメリカから来日しているSAISライシャワーセンター派遣の学生団2人がインタビュー。それぞれのテーマである日本の朝鮮半島政策、米軍のトランスフォーメーションについて質問を受ける。神奈川の米軍基地事情についていろいろと情報提供。


 17時より党本部にて指定都市選出議員交流会に出席。残念ながら神奈川県の出席者は川崎多摩区の廣田健一川崎市議会議員のみ。その後、友人と合流してちゃんこ鍋。鍋がおいしい季節になった。その後、韓国側の幹事長であるコン・チョルヒン議員に呼び出され、赤坂に向かうと韓国国会議員15名が待ち構えていた。夜更けまでバクダン酒で交流する。

11月15日(水) 活動報告 

 朝、8時より事務局長を務める知的財産戦略調査会に出席。最近の知的財産政策について内閣官房より説明を受けた後、日本経団連からヒアリング。松田岩夫新会長からは気合の入った挨拶。一度議員会館に戻り、メールチェック等をした後、参議院内に向かい、議員総会と本会議に出席。本日は感染症関連法案の趣旨説明・質疑。終了後、会館事務所に戻り、11時よりVOX社の山本氏が来訪。選挙公報と、12月の人権週間に行われる国際会議について打ち合わせ。11:45より院内にて、参議院政策審議会に出席。段本議員より有機農業推進法案について、山本有二金融大臣と吉野慶大教授から貸金業法改正案について聞き、意見交換する。舛添要一政策審議会長のもと副会長に指名されたが、政策面や立法面でも参議院の独自性をアピールすべく動きだした。


 13時より国際問題調査会に出席。日中外交の回顧と今後の課題について、興梠一郎 神田外語大学外国語学部教授、唐亮 法政大学法学部教授から聞くとともに、質問者のトップバッターとして、北朝鮮問題の今後の方向性と中国の立場、資源エネルギー分野における日中間の争奪戦が及ぼす政治への影響等について質疑を行う。唐亮教授とは、アジアの留学生との交流会イベントで17年前に会ったことがあり、再会だった。16時よりエネルギー戦略合同部会に出席。地球温暖化問題と今後のエネルギー政策について石谷慶大教授から聞くとともに、関係省庁から説明聴取。京都議定書の目標達成にも暗雲が漂うが、一方でポスト京都の枠組みの議論もスタートしなければ。アメリカの議会勢力の変化の影響も見逃せない。終了後、横浜市泉区へ向かうが、事故で大渋滞。横浜新道の道路上に穴があいたとのこと。幹線道路もこれからメンテナンスの時期を迎えるが、道路予算が厳しい中で都市部の整備をどう進めるか、選出議員も頭が痛い。坂井学代議士の泉区での国政報告会が寄席形式で行われ、僕も大喜利に出演する予定だったが、最後の部分でご挨拶。東京に戻り、青年会議所OBと議員による「ロシア友好の会」の懇親会に遅れて到着、久々に遅くまで日露関係全般について飲みながら懇談。明日の部会が心配。

11月14日(火) 活動報告 

 朝、8時からの経済産業部会税制勉強会に出席し、法人税やエンジェル税制、三角合併、信託税制等について意見交換。続いて拉致問題対策特命委員会に出席。金融制裁法案等について聞く。会館事務所に戻り、今晩の講演の打ち合わせをする。さすがに講演のはしごは大変だ。10時より衆議院第2議員会館にて、横浜国際サミット誘致のための国会議員連盟の発足式に出席。横浜市長、新潟県知事、新潟市長も出席。参議院内に向かい、10:50より経済産業委員会理事会に出席。次回の委員会が21日に決まり、50分間、消費生活用製品安全法改正について質問に立つことになった。しかし、衆議院での教育基本法改正案の採決の見通しが立たないため、参議院の各委員会の審議も野党側は採決を認めない構え。どうなることやら。11時より経済産業委員会。甘利経済産業大臣より消費生活用製品安全法改正について趣旨説明を聞く。一度会館事務所に戻った後、赤坂プリンスホテルに向かい、インド国会議員団との昼食会に出席。毎年の恒例行事だ。30分で切り上げ参議院内に戻り、12時より参議院執行部会に出席する。



 経済産業委員会の視察のため、相模原市へ向かい、国民生活センターを訪問。来週の法案審議のためだが、消費者被害の情報伝達の現状や製品検査のデモなどを見る。内閣府と経産省の連携がしっくり行っていない感じがしたので、来週の質問項目に入れることにした。横浜へ向かい、緑区で1件立ち寄り。横浜市中区へ移動し、税理士会館で今日の講演の最終打ち合わせ。ドタバタとパワーポイントの順番を変える。ガーデンホテルで戸塚区選出の鈴木太郎横浜市議のパーティ35分間の講演。本来は菅総務大臣の講演だったが、公務のためピンチヒッター。菅代議士の実績と太郎さんの活躍ぶりにも時間を割く。すぐに税理士会館に戻り、「税理士による小林温後援会総会」に出席。この一年の活動報告とともに来年度の税制改正の議論の行方について講演。30分の予定が45分も話してしまった。税の専門家の前で付け焼刃の話をするのも気が引けるが、終了後に褒められ、5年間で幾分成長したかもと思った。

11月13日(月) 活動報告 

 朝から体調優れず。会館事務所にて、来日したアメリカのIT企業、LSグループのSeokHee Lee会長と面会する。続いて、インターンのドイツからの留学生、Andreas Schaumayer君と参議院内にて昼食。仕事を始めて3週間になるが月曜日だけしかいないため初めてじっくりと話をする。

 午後、横浜に向かう予定が、日程がキャンセルとなったために会館事務所で執務。13時より経済産業政策について取材を受ける。続いて、経済産業省地球環境問題担当の伊藤審議官から、環境問題と税制についてレク。参議院院内の医務室で診察を受け、風邪薬をどっさりもらう。事務所に戻って資源エネルギー庁の岩井資源・燃料部長からエネルギー問題についてレクを受ける。サハリンやイランなど我が国を巡るエネルギー情勢は大きく動いている。

 15時より党本部政調会長室にて、中川昭一政調会長と北朝鮮拉致問題について打ち合わせ。そのまま空いている会議室を見つけて、明日の講演の中身について打ち合わせ。16時より経済産業部会幹部による税制打ち合わせに出席。2時間以上、税制改正について意見交換。甘利経産大臣、尾身財務大臣の今年こそ、経済活性化につながる税制改正を実現しようと盛り上がっている。その後、キャピトル東急ホテルにて、神奈川1区選出の松本純代議士を励ます会に出席。19時より、政調会長室の中丸室長と会食する。


11月12日(日) 活動報告 

 朝、鎌倉市へ向かい、鎌倉芸術館大ホールにて、実践倫理宏正会の家族のあり方を考える集いに出席。その後、箱根へ向かう。予定では1時間15分で到着だったが、箱根の入り口から大渋滞で2時間半かかる。箱根小湧園にて横浜市港南区選出の桐生ひであき県議のバス旅行の昼食会に出席し、ご挨拶するとともに、来年4月の神奈川県知事選に自民党推薦で出馬予定の杉野正さんのご紹介をする。


 続いて杉野さんとともに横浜市瀬谷区へ移動し、昨日から順延された同区選出の川口まさとし横浜市議のいもほり大会に出席の予定が、本番には間に合わず、スタッフの打ち上げに参加。当然後ろにも影響が出て、川崎市麻生区選出の尾作ひとし川崎市議のいもほり大会に間に合わず。電話でお詫び。最近の週末の観光地はいつも大渋滞。景気回復で財布の紐が弛んでいるのだろうか。景気回復はうれしいが、来年の選挙に向けての会合ラッシュを考えると頭が痛い。スクーターの二人乗りで移動なども考えなければ。


 東京に戻り、政経塾の後輩6名と会食。今年の新入塾生は27期生。体育会系が多いのが特徴だそうだが、それぞれしっかりとしたビジョンを持っているようだった。逢沢一郎代議士ら1期生とは四半世紀以上の年齢差。10期生の自分も若手などとは言ってられない。負けないように精進しよう。

11月11日(土) 活動報告 

 朝、宿舎を出発し、綾瀬市へ。11時より綾瀬市役所南側広場にて、綾瀬商工会フェアー式典に出席し、ご挨拶する。丁度式典の最中が土砂降り。テントを歩いて、みそ田楽や韓国のトッポギなどをつまみ食い。大和市へ移動し、泉の森ふれあい広場にて、菊地ひろし大和市議のバーベキュー大会に出席。雨も幾分小降りに。続いて、本来なら横浜市瀬谷区に向かい、同区選出の川口まさとし横浜市議のいもほり大会に出席する予定が、荒天のために明日に延期となった。そのため、横浜事務所に向かい、事務所ミーティングを行う。いつもはじっくりミーティングも出来ないが、2時間ほどの長い会議で、来年の選挙に向けた準備を話し合う。やるべきことは山積。


11月10日(金) 活動報告 

 朝8時にホテルオークラに向かい、甘利経済産業大臣らと電気事情研究会の朝食会に出席。エネルギー政策について意見交換。参議院内に向かい、国対委員会に出席。経済産業委員会やその理事会がある日は、自民党の末席理事として国対に報告義務がある。続いて院内にて議員総会に出席後、本会議に出席。本日は経済産業委員会で審議する消費生活用製品安全法改正案の趣旨説明・質疑。本会議終了後、経済産業委員長室にて経済産業委員会理事懇談会に出席。今後のスケジュール等を与野党間で打ち合わせ。衆議院第一議員会館に向かい、与党公職選挙法に関するプロジェクトチームに出席。自民党のインターネットを使った選挙運動に関するワーキングチーム座長として公明党にワーキングチームの案について説明。今後は公明党の担当である高木陽介代議士と与党間調整を行うことに。電子投票については慎重意見が相次いだ。


 12時から参議院内にて執行部会に出席。その後、党本部へ移動し、振り込め詐欺撲滅ワーキングチームに出席。振り込め詐欺の被害者救済のために少人数で法案起草チームを作ったが、今回が第一回会合だった。来年の通常国会提出に向けて作業することになった。その後、東海大学校友会館に向かいモンゴルのバトボルド内閣官房長官との昼食会。


 横須賀へ向かい、湘南信用金庫の服部理事長と面会する。その後、川崎市中原区へ向かい、18時より神奈川10区選出の田中和徳代議士の財務副大臣就任記念セミナーに出席し、ご挨拶する。都内へ引き返し、麻布にて手塚よしお前代議士らとの懇親会。

11月9日(木) 活動報告 

 朝、議員会館でワシントンから来日中の選挙戦略の専門家らと懇談。官邸へ。9時より世耕総理補佐官と面談。米国中間選挙と今後の日米関係などについて意見交換。10時より、衆議院第2議員会館の鳩山邦夫事務所にて、選挙制度調査会の打ち合わせをする。鳩山会長、党政調、総務省選挙課とインターネットを使った選挙運動のプロジェクトの進め方などについて意見交換。続いて、国際経済交流財団の畠山会長らと一緒に衆議院内へ。森喜朗元首相を訪問し、12月に開催する日韓シンポジウムの打ち合わせ。


 昼、党本部にて経済産業部会に出席。エネルギー関係団体からの税制改正要望を聞く。厚木へ向かい、厚木市文化会館にて神奈川県農業委員大会に出席し、ご挨拶する。県内から800名の農業委員の皆さんが出席。続いて、伊勢原に向かい、中本元代議士のご実家に立ち寄り、ご両親に近況報告。


 横浜市西区へ向かい、パシフィコ横浜アネックスにて、横浜インドビジネス交流会のレセプションに出席。9月の訪印の際の話も交え挨拶。横浜駅まで車で向かい、東海道線で茅ヶ崎駅へ移動。茅ヶ崎市役所コミュニティホールにて、自民党茅ヶ崎市連合支部の時局講演会に出席。挨拶ともに、河野太郎、川口より子議員とともに、10問の質問に○×で答える。政治の中身をすべて○か×で判断するのは、ちょっと無理がある。9問は何とかなったが、1問は両方を挙げた。予定より20分遅れで茅ヶ崎駅から東海道線で新橋駅へ。そこから車に乗って六本木に向かい、VOX社のジョンソン社長らと若手議員の懇談会。世耕補佐官の誕生日も祝う。


11月8日(水) 活動報告 

 出身地である福島県で県知事選挙が行われており、自民党は弁護士で元金融庁課長補佐の森雅子さんを推薦している。今日は、党からの要請により県知事選の応援のため福島へ。8:08に東京駅から新幹線に乗って、9:31に郡山駅へ。同級生の松井君の車で猪苗代へ。磐梯山は初冠雪でスキー場の中腹まで白かった。まず選挙事務所を訪問し、小桧山義継県議、渡部英一町議と合流。一緒に町役場に町長を訪ねる。相手候補は会津地方出身の前参議院議員だが、他の市町村に比べて猪苗代は自民党が踏ん張っているとのこと。その後、隣の磐梯町の商工会、猪苗代に戻り商工会や観光業、建設業関係などをまわり森候補の支援を訴える。かつての中選挙区の名残で、民主党も予算や政府の政策に触れるという大きな誤解が存在するようだ。今は二大政党制が進んで、国と県政のねじれは政策遂行のためには大きな障害であることを強調する。実家に3分だけ寄って仏壇に手を合わせる。昼食はなじみの中華料理屋で青年会議所や商工会の関係者20名と懇談しながら名物の餃子。ニンニクがたっぷりでコンビニでブレスケアを仕入れ、一時間かけて福島市へ。14時より知事選挙団体総決起大会に出席をする。片山幹事長はじめ国会議員が15名程度。特に組織団体を抱える比例区の議員が多い。どうやら戦況は急速に追い上げているようだ。その後、15:17福島駅発の新幹線に乗り、東京に戻る。


 16:56に東京駅着。横浜へ向かい、横浜ベイシェラトンホテルにて開催された県建設業協会横浜支部50周年祝賀会に出席。続いて、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルに向かい、横浜青年会議所シニア会秋の総会懇親会に出席。東京に戻り、まず韓国から来日中の東アジア財団の洪事務局長と、12月のシンポジウムと、第1号が出来上がった英文季刊誌「Global Asia」について打ち合わせ。「Global Asia」は東アジア版の「Foreign Affairs」を目指す野心的な取り組みだが、第1号は見た目もCOOLだ。執筆者も中曽根元首相、金大中大統領、マハティール元首相など、アジアを代表する面々と豪華。そこに韓国ハンナラ党の南議員と神奈川の姉妹関係の京畿道の金知事が合流。またまた韓国ナイトに。米国の中間選挙や、両国の地方と国の関係の違いなどについて懇談。2次会に誘われたが、風邪が悪化しそうで帰ることに。


11月7日(火) 活動報告 

 朝、参議院会館に向かい、アジア外交安保ビジョン研究会設立総会に出席。北朝鮮情勢について、田中均元外務審議官から話を聞く。ある先輩に誘われて設立総会に出席したはずが、実は前からある研究会の再スタートだった。発起人名簿を見ると、山崎拓先生や加藤紘一先生など。かなり場違いな感じ。取りあえず平静を装い、しかも最初に堂々と質問をして退席。まあ総裁選も終わったからいいか。続いて、会館事務所にて、21世紀臨調の前田事務局長と面会。政治改革や選挙制度改革について意見交換。


 12時より参議院内で執行部会に出席。某議員から復党問題について意見が。党本部へ向かい、経済産業部会・商工中小企業関係団体委員会合同会議に出席。自動車関係団体から税制要望を聞く。会館事務所で事務作業後、横浜へ。14:30より神奈川県連の小島武子女性局長のお宅にて、川口より子参議院議員とともに女性局の皆さんと懇親する。その後、横浜ベイシェラトンホテルに向かい、10月のパーティーの後始末。途中で逢沢一郎さんから電話が入り、拉致特命委員会の件で打ち合わせ。県知事選の関係の電話が数本。


 南区にある菅総務大臣の事務所に立ちよる。新しい広報物を配ってくれるという。有難い。一方うちの事務所は何しているのだろうか。選挙前の緊張感が全く感じられない。東京からの移動で携帯は電池切れ、つい先日リチウム電池を交換したのに。松下さん、もっと持続時間の長い電池を作ってください。栄区へ向かい、角田宏子横浜市議の市政報告会に出席。会場は満員だった。帰りに品川に。南口がすごく賑わっているのに驚く。確かにいつも高輪口しか使わなかった。食事をして帰宅。どうやら3回目の風邪をひいたらしい。明日は福島行き。暖まって寝よう。

11月6日(月) 活動報告 

 月曜の朝なのに8時から経済活性化税制議員連盟の勉強会。通常月曜日の朝は国会議員にとって、自分で使える有効な時間。時にイレギュラーで会議などが入ると、週末の疲れも抜けず、どんよりとした週のスタートとなる。などとも言っていられないので、富士通の秋草会長やオークマの柏会長から、減価償却制度の改正が企業の競争力にとって、どういう意味があるかを聞く。

 会館でメールチェックなど。アメリカから来る選挙広報大手の社長との面談や福島県知事選の応援など、今週はスケジュールの大幅変更が必要そうだ。迷惑をかける皆さんごめんなさい。10時から経済産業省の羽藤情報政策課長と、税制や競争力強化などについて打ち合わせ。念願の床屋へ。議員会館地下の理容室に行ってみる。理容室のおじさんは神奈川県の参議院議員では河野謙三議長や亀井善太郎さんのおじいさんがお客だったと言っていた。

 昼は情報産業振興議員連盟の総会。日立の中村副社長とNTTデータの山下副社長がゲスト。僕からは、IT人材の育成のために(1)IT産業だけではなく、日本の産業構造全体の問題で(2)これまでの教育システムに意義を唱えるような、積極的な人材育成の環境整備が必要という問題提起をした。



 午後は1時半から外務省山田北東アジア課長から最近の朝鮮半島情勢などについてレク。6者協議再開後の日本はメインプレーヤー足りうるのか。安倍政権の外交力が問われている。2時半過ぎに砂防会館で行われた土地改良団体主催の農業農村の集いに出席するために向かうが、早めに閉会してしまい間に合わず。その後東京で数件の用事をこなし、横浜に向かい、自民党横浜市支部連合会のパーティーに。自分のパーティーが終わったばかりで、ノルマは全く達成できず。ほぼ全部自腹。統一地方選を控え、大盛況。終了後、スタッフの打ち上げにも参加。女性局、青年局メンバーと楽しく過ごす。結局、ビールだけで何も食べることができず。東京に戻り一人で食事、その後友人たちと合流。先々週の報道事件の慰労をしてもらう。


11月5日(日) 活動報告 

 朝は家の近くの都筑小学校で空手道MACの「ルーキーチャレンジトーナメント」の開会式に。大会特別顧問を拝命している。いつもながら指導者も選手も礼儀正しく、素晴らしい運営が行われていた。数試合観戦するが、どちらが優勢なのかは素人にはよくわからない。センター北駅で杉野正さんと合流。一路横須賀へ。4件の訪問。昼食はよこすか名物海軍カレー。必ず牛乳がついてくる。同行者には好評だった。


 その後三浦へ。夏の海水浴シーズンには大渋滞だが、今日はすいすい。逗子へ向かい、12月の市長選に立候補予定の網倉大介市議の事務所へ。ちょうど開催中の懇談会へ移動して挨拶。地方分権の時代には、ビジョンと信念とリーダーシップを持った市長が必要だと強調。逗子は池子問題などを抱え、長い間市政の混乱が続いてきた。もうパフォーマンスのうまい市長が必要ないことは、市民には理解されているようだ。鎌倉に向かい中村議長宅を訪問。その後石渡徳一市長の市政報告会に出席。ここでも世界に誇る鎌倉市が地方の時代の都市間競争を勝ち抜くために、ビジョンとリーダーシップを持った市長の必要性を話す。


 一路東京へ。野菜を食べるためにサラダバーのあるファミレスへ。3連休もおしまい。3日間で800キロぐらいは走っただろうか。湘南、足柄、三浦半島など、海や山や緑の景色を駆け巡った3日間だが、すべては政治活動で色気は無かった。県下の政局は4月の統一地方選勝利に向けて走り出した。他党の地方選候補は参議院候補とのカップリングだが、自民党は知事候補を前面に押し出さざるを得ない。僕の7月の選挙が心配になってきた。悩みは尽きない。

11月4日(土) 活動報告 

 早起きして平塚へ。諸星光秦野市議と東海大学の正門で合流。キャンパスは学園祭でにぎやかだ。高野学長、渡瀬副学長などと懇談。平塚キャンパスだけでも学生、教職員で3万人の関係者がいるとのこと。その後、雄弁会の先輩である山田清志教授の部屋を訪問し、経産省の「アジア人財基金」などについて意見交換。弦巻温泉駅で今日も杉野正さんと合流。秦野、足柄上郡、南足柄を訪問し17区は終了。途中でおいしいそばに舌鼓。「選挙が近くなったら毎日車内でおにぎりですよ」と脅かす。多分去年も川口より子さんに同じセリフを言ったような。その後、厚木、愛甲郡、座間、大和、綾瀬、海老名と訪問。残念ながら相模原だけが残った。来週にしよう。杉野さんを海老名駅に送って、川崎に。昨日に続いて宮前区の持田文夫県議の県政報告会へ遅れて出席。予定より25分も遅刻して横浜駅前のベイシェラトンへ。加藤たかひさ県議らの会に合流。


11月3日(金) 活動報告 

 朝は東京から磯子区民綱引き大会に向かう。来年の市議選候補関勝則さんが会長を務める、記念すべき第1回目の開催。スタッフにも顔見知りが多い。開会式前の9時に役員の皆さんに挨拶して移動。運転の米山さんと朝からハンバーガーを食べて桜木町に。10時から実践倫理宏正会の秋の集い。家族のあり方について様々な世代の皆さんが体験発表。安倍政権の目玉の教育論議も国会では進んでいるが、家族の役割はやはり大きい。会場ロビーで知事選候補予定者の杉野正さんと合流し、県の西部へ。横浜・川崎以外の衆議院、県議への挨拶周りをスタート。3日で終わらせるのはかなりきついが、取りあえずトライ。

 東名、小田原厚木道路で二宮へ、続いて小田原で4件の訪問をして湯河原へ向かう杉野さんと別れる。一路横浜へ戻るが、3連休の初日で道路はどこも混んでいる。横浜事務所でスタッフミーティング。来年の選挙に向けて、スタッフも増やさなければ。10月のパーティーの総括をするが、期待していたほどの結果ではない。先が思いやられる。気を取り直して川崎宮前区に。持田文夫県議の県政報告会に出席し挨拶。持田後援会の皆さんとは付き合いもあるので、ついでに先週の報道についても触れてみるが、「安心した」「知らなかった」など反応は様々。おでんで健康的に食事。


11月2日(木) 活動報告 

 8時より党本部にて、経済活性化税制議連に出席。日本商工会議所から税制改正要望をヒアリング。会館事務所に戻って雑務の後、9:50より経済産業委員会理事会に出席。続いて10時より経済産業委員会に出席。本日は一般質疑で、自民党からは加納時男議員が質問。



 昼の委員会休憩時間は党本部に向かい、経済産業部会・商工中小企業関係団体委員会合同会議に出席。機械・工業団体から税制改正要望を聞く。その後、赤坂プリンスホテルに向かい、遅れて清和政策研究会議員総会に出席。核保有論議に対し慎重意見多数。13時より参議院へ戻り、経済産業委員会午後の部に出席。14時には首相官邸に向かい、世耕総理補佐官、アメリカ大使館のメザーブ政務担当公使と懇談。米国政府もNSC構想や日本の官邸の変化に興味があるようだ。日本政府にとっても、6者協議が新たな局面を迎えた状況で米国の真意を見極める必要がある。ワシントンのオピニオンリーダーとのチャネルづくり、中間選挙の結果や2年後の大統領選挙をにらんで、米国民主党とのチャネル作りも必要だ。再び経済産業委員会に戻る。


 15時より党本部に向かい、外交力強化に関する特命委員会に出席。緒方貞子JICA理事長、ダイニュス・カマイティス駐日リトアニア大使から国際的な人材育成等について聞く。続いて、党青年局役員会に出席。今回の人事で、青年局次長に再任された。政調会長室で中丸室長としばし懇談。ITや北朝鮮などで少し政調会長に進言したい旨伝える。会館事務所に戻り、雑務後、アメリカから訪問中のトニー・ナムクン博士とホテルオークラで会う。ナムクン博士はワシントン時代の上司だった。19時より赤坂で新世代総理を創る会の解散式に出席する。3年前に結成の際は、安倍さんの世代を総理にすることが大目標だった。周りからは「10年早い」と言われたが、時代の流れのほうが速かった。日本中をキャラバンし、車検を迎えた新世代号は参議院選挙を控える我が事務所で引き取ることに。次の3年はどれだけのスピードで進むのだろう。メンバーで「復党問題」など議論。神奈川県では郵政法案にすべての現職議員が賛成した。郵政選挙で初当選した議員も多く、復党の影響は自分の選挙にも計り知れない。一方で離党組みの力なしでは勝てない参議院の選挙区があるのも事実。当事者だけに、逆に複雑。


 その後、ナムクン博士、ACTの金子専務と再合流。世耕補佐官、柳井中大教授(元外務次官)も加わり、6者協議の北朝鮮復帰の真相など、かなりディープな話題(中身は怖くて書けないが)で夜は更けた。

11月1日(水) 活動報告 

 国会日程の谷間なので、地元で活動。川崎、横浜を中心に日ごろなかなか回れない議員事務所、団体や後援者宅を訪問する。先週の報道からしばらく経過したため、先方も言いにくそうに「ところで先週の報道は、問題無いよね」と切り出してくる。「あれっきりです」と応え、一通り事情を説明。みんなに説明できればいいが、限界がある。これは来年の選挙を睨んだマスコミによる選挙妨害だ。

 夕方、横浜市中区で、横浜の議員や企業関係者の親睦団体であるベストメンバーズクラブの例会に出席し挨拶。ベストメンバーズクラブでは、12月8日に恒例のクリスマスパーティーを開催する。今年のチャリティーでは横浜市内の区役所に車椅子を寄附する予定。19時からは、横浜JCの若手OBの皆さんとの会。僕を囲む会を立ち上げて頂く事に。横浜青年会議所には結局4年の在籍だった。議員になってしまったため、以前の猪苗代青年会議所のように活動は出来なかったため最後は消化不良だったが、知り合った皆さんと末永い付き合いをしたいと思う。2次会まで繰り出し、久々にストレス解消。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。