スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月28日(水) 活動報告 

 朝、宿舎を出発し、8時より党本部にて地域・中小企業再生若手議連の設立総会に出席する。引き続き防衛部会に出席し、「官邸機能の強化」「中国の人工衛星破壊実験」について報告を聞き議論。会館事務所に戻り、日程調整やパソコンの引っ越し作業など。数年使ったデスクトップのパソコンを新しくする。ディスプレイが17インチから19インチになったが、あまり大きくなった気がしない。21型にすればよかった。12時より参議院内にて参議院政策審議会に副会長として出席。三角合併問題について議論する。経団連、法務省、経産省の報告を聞く。

 13時より国際問題調査会に出席。多極化時代における新たな日本外交をテーマに、国際問題評論家の北沢洋子氏、外交ジャーナリストの手嶋龍一氏、国際日本文化研究センター教授の川勝平太氏よりヒアリング、手嶋さんは1988年に留学した当時、NHKのワシントン特派員だった。昨年出版された「ウルトラダラー」など、何冊か本も読ませていただいたが、外交問題についての取材能力は素晴らしい。議員の外交に関わる姿勢や、二元外交の弊害などについてかなり厳しくご提案を頂いた。僕からはアメリカにおける外交プレイヤーの力関係や、日本版NSCなどについて質問を行った。会館事務所に戻り、選挙運動とインターネットの取材を受けた後、ホテルニューオータニへ。モンゴル大統領を囲むワーキングディナーに出席。日本からは久間防衛大臣、山本金融大臣、主催の幕田国際研修交流協会理事長ら、モンゴルからはエンフバヤル大統領はじめ、外務大臣、大蔵大臣、法務大臣など。昨年のモンゴル訪問の際に会った産業通商省のダワードルジ鉱物資源局長の顔も。ソトバードル副大臣に馬を貰ったスピーチをしたら、結構受けていた。ホテル内の2次会に移動し、馬乳酒ならぬ濁り酒で乾杯。終わったら11時。
s-DSCF3139.jpg


s-DSCF3144.jpg
スポンサーサイト

2月27日(火) 活動報告 

 朝はホテルニューオータニへ。7:30よりIIFWP事務総長のベタンコート氏による「朝鮮半島と日本の今後」についての講演を聞き、その後意見交換する。坂井学代議士、中本太衛元代議士、小峰弘靖PHP研究員という政経塾の同期が参加。ちなみにメニューはアメリカン・ブレックファスト。会館事務所に戻り、面会3件。中身は省エネ、原子力発電、弁理士法の改正など。


 12:10より港区にある米国ドノバン臨時代理大使邸にて、米国国家安全保障担当副補佐官との意見交換昼食会に出席。米国からはJ・D・クラウチ大統領補佐官、デニス・ワイルダー国家安全保障会議アジア担当ディレクター、ジョセフ・ドノバン米国大使館首席公使、マイケル・メザーブ米国大使館政務担当公使他が参加し、日本側は、自民党からは石破茂元防衛庁長官と僕、公明党は上田勇代議士、民主党は前原誠司前代表と末松義規代議士が参加。テロ対策、米軍再編、北朝鮮問題などに関して意見交換。僕からはアメリカにとっての北朝鮮問題のゴールが、金正日総主席体制が温存された上での融和政策の場合には、日本政府(日本国民)はそのシナリオを共有できないと懸念を表明。朝食も昼食も英語(いわゆる横メシ)で少々疲れる。終了後、衆議院第一議員会館に向かい、14時より与党政策責任者会議に出席。知的財産戦略調査会事務局長として映画の盗撮の防止に関する法律案について説明する。思いのほか、中川政調会長はじめ自公の出席者から質問が続出。党本部へ向かい、15時より外交力強化に関する特命委員会「外交プレイヤーとの連携強化に関するワーキングチーム」に出席。中東で発電と淡水化の事業を手がける日本ゼネシスの里見公直代表取締役社長、山田康博ジェトロ総務部長、外務省より説明を聞き、意見交換する。会館事務所に戻り、明日の日程調整後、相模原市へ。18:30より津久井郡選出のえのもと与助県議のフェスティバルに出席。津久井四町が相模原市と合併することにより、榎本県議は津久井郡ではなく新相模原市での選挙に臨むことになる。東京に戻り、会合をはしご。風邪を引きそうで、薬をたっぷり飲んで寝る。


2月26日(月) 活動報告 

 月曜日の朝は週末の疲れがどっと出る。僕のカバンは1週間ほっておくとパンパンに膨れる。いろんな会議資料や新聞の切り抜きなどを整理するのが一苦労。やっとカバンをすっきりさせて議員会館へ。会館事務所も未処理の資料が一杯。明日は、朝食・昼食ともアメリカの専門家と北朝鮮関係の懇談会の予定で、日本語・英語の資料を読み込む。会館事務所にて週末のブログ執筆。モバイルインターネットを使った選挙運動についての勉強会。大手のモバイルコンテンツプロバイダー、総務省選挙課などとの意見交換。インターネットを使った選挙運動の解禁が喫緊の課題だが、時代はさらに進んでいる。打ち合わせ。その後、会館事務所にて再び執務後、横浜市中区へ。18時よりロイヤルホールヨコハマにて、神奈川1区選出の松本純代議士の新春合同総会・懇親会に出席。松本事務所では関係するすべての政治団体の収支報告を、毎年この総会で行う。政治資金のあり方が大きな関心事となっているが、時代を先取りしている。見習おう。中川秀直幹事長の到着が予定より遅れたため、到着前に出発。東京に戻り、広尾にて舛添会長始め、参議院政策審議会役員と党の政調幹部職員との打ち合わせ会に出席。政策立案における衆議院と参議院の関係、参議院選挙に向けたマニフェスト策定の手順などについて意見交換。遅れて出席したため、欠席裁判で窓口を拝命。また仕事が増えた。帰宅するとテレビでは復党問題。支持率が心配。
s-CIMG8083.jpg

2月25日(日) 活動報告 

 週末の移動距離は一日平均200キロから300キロだが、昨日は久々に400キロを越えた。仲町台を出発して、まずは横浜市西区へ向かい、同区から県議会目指し活動されているかとう元弥さんの事務所開きに出席し、ご挨拶する。斉藤達也県連幹事長は、年末に体調を崩されて、ご勇退されることになった。菅事務所勤務の加藤さんが僅か数日の間に決断されての立候補。横浜市港南区へ向かい、同区選出の桐生ひであき県議の事務所開きに出席。大勢の支援者の皆さんが参加。川崎市高津区に向かい、ホテルKSPにて持田裕弘さんの叙勲祝賀会に出席。持田さんは小川くにこ県議の後援会の幹部でかれこれ10年にお付き合い。消防活動での叙勲だが、「地域の顔」という表現がぴったりの方。


 横浜市中区へ向かい、ローズホテル横浜にて神奈川県パワーリフティング協会35周年記念祝賀会に出席。数年前から顧問をお引き受けしているが、会長は僕の前任の石渡清元参議院議員、日本協会の会長は福温会の斉藤会長という布陣。相模原市へ移動し、13:30より中村まさはる相模原市議の新年会に出席の予定が、寒さのために早めに終わりそうだとの連絡が入る。相模原市の南部の田名に向かうが10分間に合わず。後片付け最中の中村市議や後援会の幹部にお詫び。今日は自民党県連の駅伝街頭演説会が開催されていて、昼から茅ヶ崎(15区)、藤沢(12区)、大船(4区)、戸塚(5区)、センター南(7区)、溝口(18区)川崎(10区)、金沢文庫(1区)と移動中。センター南を目指すが、溝口で合流し5分の演説。南武線で川崎駅に向かい5分の演説を2回。5時半に昼ごはん。川崎駅ビルの地下で「なんつッ亭」のネギラーメン。南武線で溝口に戻り、ホテルKSPにて隊友会川崎支部の新春の集いに出席。イラク駐留自衛隊の隊長だった「ヒゲの佐藤」こと佐藤正久さんが出席。佐藤さんは7月の参議院比例区に出馬予定。その後、横浜市磯子区へ向かい、同区選出の関貞彦横浜市議宅にて行われる豊川稲荷大明神稲荷祭に参加。恒例の大きなアナゴのてんぷらを食す。東京に戻り、韓国からの友人に合流。7時半の予定が8時45分に、時間にルーズなわけではないのだが。

2月24日(土) 活動報告 

 今日も、メニューは盛り沢山。朝9時に早稲田大学に向かい、大学院公共経営科の石田科長らと面談。その後、横浜市西区へ向かい、11時より新都市ホールにて神奈川2区選出の菅義偉総務大臣の西区新春の集いに出席。大臣就任を受けて大盛況。その後、鎌倉市へ移動し、同市選出の中村省司県議の女性後援会「やよい会」早春の集いに出席し、すぐ退席。皆さんごめんなさい。綾瀬市へ向かい、ザ・ウイングスにて神奈川13区選出の甘利明経済産業大臣の綾瀬市賀詞交歓会に出席。ちょうど大臣の挨拶中で、タイミング良く挨拶しすぐ退席。その後、横浜市西区の新都市ホールに戻り、菅総務大臣の南区新春の集いに出席し、ご挨拶する。菅大臣は、選挙区の西区、南区、港南区に加え、経済人の新年会の四回開催が恒例。



 横浜市戸塚区へ向かい、同区選出の松田よしあき県議の新年会に出席。2時から3時半までの開催で、何度も車から連絡をとりながら無事到着。その後、横浜市泉区へ移動し、同区選出の横山栄一横浜市議の新春の集い・総決起大会に出席。ここも4時終了予定の会に3時50分に到着。川崎市多摩区へ移動し、自民党多摩区演説会に出席する予定だったが、渋滞のため間に合わず。司会を務め、連絡をくれた土井県議に電話でお詫び。申し訳ありません。厚木市へ向かいガソリン補給。神子雅人厚木市議の総会・新春の集いに出席。神子市議は故亀井善之事務所に勤務時代にお世話になった同じ39年生まれ。厚木市議選は参議院直前の7月1日投票。同じ会場で退任された前山口厚木市長の会があり、誘われて顔を出す。選挙前の身としては有り難い。その後、藤沢市へ移動し、すわま春雄藤沢市議の早春の集いに出席。芸達者な諏訪間議員らしく、フルバンドの演奏で北島三郎の「祭り」を熱唱していた。横浜市港北区へ移動し、自民党新田分会の会合に出席し、ご挨拶する。港北区選出の嶋村ただし県議、佐藤ひろふみ横浜市議の県政・市政報告に飛び入りの形で参加。中区に向かい、統一地方選の打ち合わせ。あと1ヶ月で知事選が始まる。熱が入って、終わったら11時。疲れた。

2月23日(金) 活動報告 

 党本部に向かい、8時より知的財産戦略調査会に出席。事務局長として司会を務め、映画の盗撮の防止に関する法律案について議論する。この法律がないために封切り直後の新作映画が、DVDやインターネット上で公開されてしまう。被害額は年間200億と言われている。終了後、会館事務所に戻り、事務作業後、経済産業省の鈴木企業行動課長と税制関係の打ち合わせ。昨年の税制改正は、かなりの成果を挙げたが、この年末以降の議論のたたき台が必要。また、野党が言う「格差」の数字的な根拠についても整理をする。資源の無い日本にとっては、稼ぐ企業の本社が日本にあって、法人税を納めてくれることが大事。法人実効税率の国際比較も真剣な議論が年末には必要。その後、経済産業省の遠藤環境政策課室長よりCDMプロジェクトについて説明を受ける。

 12時より参議院幹事長室にて執行部会に出席。その後、会館事務所に戻り、週末の日程や広報関係の打ち合わせ。一旦、有楽町へ立ち寄った後、横浜へ。16時より横浜事務所にて、昨年8月の南米出張の際にお世話になった、来日中の石油天然ガス金属鉱物資源機構(JOGMEC)のペルー所長の西川さんとチリの中山さんと面会する。JOGMECの所長会議が東京で開催中とのこと。地球の裏側で資源確保のために頑張っている方々に報いるためにも、資源エネルギー戦略の実行が重要。17時よりNTT東日本の岡田支店長らと、地上波デジタル放送とインターネットの融合などについて意見交換。メルパルク横浜へ移動し、岩野建設主催の安全大会に出席し、ご挨拶する。その後、横浜ベイシェラトンホテルに向かい、神奈川区選出の藤代耕一横浜市議の新春の集いに出席。藤代幹事長は今日もパワフル。

2月22日(木) 活動報告 

 午前、会館事務所にて事務作業、膨大な資料の山と格闘するが、なかなか進まず。11:45より全国商工会青年部の要望行進に際し、参議院議員面会所前にて応援。全国の商工会青年部の皆さんからブロックごとに要望を頂く。各都道府県の皆さんには、7月の参議院の地方区候補のお願いも。その後、赤坂プリンスホテルに向かい、清和政策研究会の議員総会に出席。木曜日の昼食はこの派閥の総会で取ることが多いが、メニューはホテルの苦心の作が出る。きっと誰かが「バラエティに富んだものを」とリクエストしているのだろうが、中には、味や見た目で驚くものも。今日は白身魚の海鮮丼昆布風味。可もなく不可もなく。


 一旦、会館事務所に戻り、事務作業後、横浜市中区へ。ロイヤルホールヨコハマにて、自民党県連の統一地方選に向けての企業・団体決起大会に出席、いつものガンバローコールの担当。喫茶店で関係者と打ち合わせし、16時から衆議院支部長の事務所の皆さんとの会議。その後、川崎市中原区へ向かい、18時よりホテル ザ・エルシーにて上原国男 元川崎市議の叙勲祝賀会に出席。上原先生は3期務められて、4年前にご勇退された。再度、ロイヤルホールヨコハマに戻り、同区選出のいなみ洋之助横浜市議の総決起大会に出席。会場中央に特設リングが設けられ、四方に参加者が座っているため、ぐるぐる廻りながら挨拶。その後、藤沢市へ移動し、石井博藤沢市議の後継として藤沢市政目指し活動されている加藤一さんの決起大会に出席。加藤さんは教師の経験と、PTA会長の経験を併せ持つ。教育改革にはうってつけの候補者だ。港区に戻り、群馬県出身者の会である「坂東太郎の会」に出席。何故か福島出身の僕がメンバーになっている。その後、韓国大使館のメンバーらと合流。


2月21日(水) 活動報告 

 今日は久々の本会議。参議院内に向かい、議員総会、続いて本会議に出席。首長ビラ(ローカルマニフェスト)に関する公選法改正が成立した。衆議院の予算委員会の審議中に参議院の委員会で法案を審議し、成立をさせることは、米の臨時特例法など、毎年この時期に処理の必要のある法案に限られている。スムーズに成立までこぎつけることが出来たのは、政調、国対、議運、他党の関係者などのご協力のお陰。あらためて感謝。本会議散会後、国対と委員長・理事会議に出席し、今後の国会運営について話し合う。衆議院での予算案の通過をにらみながら、各委員会も大臣所信の聴取など、いわゆる店開きの準備を始める。会館事務所に戻り、事務作業。伊達忠一議員が来訪し「自民党衛生検査所に関する制度推進議員連盟」の運営についての打ち合わせ。12時より参議院内にて、参議院政策審議会に出席。六者協議の意義と今後の北東アジア情勢について意見交換。講師にお招きした伊豆見元(静岡県立大学教授)とは、20年の付き合いになる。僕がワシントンでSAISにいた時代に、伊豆見先生はハーバードにいて、ボストンからワシントンに来た際には運転手兼助手を務めていた。いつものように“学者らしくない視点”からの、鋭い分析に共感。日本が六者協議で存在感を示すために、核、拉致に加えてミサイル開発の問題提起と、将来的な北東アジアの安全保障体制に対する主体的な取り組みが必要とのご提案を頂いた。

 会館事務所に戻り、司会を担当する予定の金曜朝8時からの知的財産戦略調査会について事前レクを受ける。続いて13:30よりインターン面接1件。桜美林大学の杉山君。14時より経済産業省の羽藤情報政策課長ともろもろの打ち合わせ。日本の産業競争力強化のためには、政治のリーダーシップが必要だが、なかなか方向が定まらない。14:30より外務省の廣木参事官より六カ国協議等について、14:50からは文部科学省の勝野課長よりスーパーコンピューター政策について、15:20より経済産業省の内山製造産業局次長から法案のそれぞれ説明を受ける。

 党本部へ向かい、16時より外交力強化に関する特命委員会に出席。「国家の情報機能強化に関する提言」について意見交換。三つの分科会が設置をされ、「外交プレイヤーとの連携強化」チームの委員に任命される。会館事務所に戻り、17時よりインターン面接1件。早稲田大学の小出君。学生インターンも卒業シーズンを控え、新しいメンバーも即戦力になってもらわねば。その後、松下政経塾の後輩の高松君が来訪し、一緒に車に乗って平塚へ向かう。途中で活動の報告を聞きながら、アドヴァイス。19時より自民党第十五選挙区支部の政談演説会に出席。浜田幸一元代議士が講師で、1500人の参加者。県連の選対副本部長として開会前に、平塚の森正明県議、相原清市長候補予定者、杉野正知事候補、平塚市議選の自民党推薦候補の支援をお願いする。東京に引き返し、赤坂プリンスホテルにて、商工会青年部全国組織化40周年記念祝賀会に出席する。赤プリの大きな会場二つが一杯になる盛大な会だった。商工会青年部の代表である松村祥史議員と神奈川のテーブルにお邪魔して、蒔田県連青年部会長らとしばし懇談。松村さんは商工会青年部の推薦候補として中小企業政策に力を注いでいるが、経済産業委員会の若手として、いつも二人で質問を分担している。その後、品川へ向かい食事。帰り際に通信業界関係者と合流。


2月20日(火) 活動報告 

 朝8時より、党本部にて、エネルギー戦略合同部会に出席。エネルギー基本計画改定案について議論する。会館事務所へ戻り事務作業。議院内へ移動し、9:40より衆議院国会対策委員会に出席。首長ビラ(ローカルマニフェスト)に関する公選法改正について報告。衆議院の自民党国対は郵政選挙で初当選した83人が委員のため、大きな部屋で開催される。冒頭に了承頂き、すぐ退室。参議院分館へ急いで移動し、9:50より経済産業委員会理事会に出席、続いて10時より経済産業委員会に出席。視察日程のみで1分で終了。党本部へ移動し、海洋基本法ワーキングチームに出席し、海洋基本法案について議論する。海洋国家日本にとっては極めて大事な法律で、一日も早い成立を目指すことに。議員立法で提案予定だが、各委員会の審議日程は込み合っている上に、参議院選挙が近づき、与野党対立ムードが高まるだけに、先行きは?


 会館事務所に戻り、メールチェックなどを行った後、12時より参議院内の幹事長室にて、執行部会に出席。たまには仕事している写真をホームページに載せますと、青木会長と片山幹事長と写真撮影。その後、東京プリンスホテルへ移動し、サーベラスグループ懇談会に出席する。何度か朝食会でご一緒したクエル元副大統領、スノー前財務長官などに挨拶。会館事務所に戻り、事務作業後、15時より党本部にて、第5回国際局セミナー「議員が読み解く国際政治」に。川口より子参議院議員による「気候温暖化の今後」と題した講演が行われ、司会を務めた。16時より地理空間情報活用推進合同部会に出席。GISアクションプログラム2010(案)(仮称)の概要や測位・地理情報システム関連施策について説明を聞く。地理空間情報も準天頂衛星も単独ではインパクトが弱いため、合同部会が昨年設置された。測位空間情報基本法を前国会に提案済みだが、午前中の海洋基本法と状況は同じ。そういえばどちらも事務局長は、我が盟友の西村康稔衆議院議員。「よろしくお願いします。」17時より事業承継問題検討小委員会に出席。中小企業団体からヒアリングし、意見交換。平井経済産業部会長のご配慮で、「非上場株式等の事業承継税制の拡充」の検討チームの主査に指名される。この事業承継の制度見直しは、参議院選挙に向けての党の看板政策の一つになるだけに、しっかりとした提案をまとめなければ。議論が長引き、横浜には戻れず。一旦、会館事務所に戻り事務作業後、今年初めてのスポーツジムへ。体がギシギシ音を立てる。週末までに目を通す資源エネルギー関係の資料を山ほど抱えて帰宅。

2月19日(月) 活動報告 

 週明けの月曜日の午前中は、僕にとっては貴重な時間。東京から遠い選挙区の議員は、月曜日の午前中を選挙区から東京への移動に充てるから、会議が少ない。たまりに溜まった資料の整理。パソコンのデスクトップのメンテナンス。その他もろもろ。横浜市港北区へ向かい、ソシア21にて同区選出の佐藤ひろふみ横浜市議の女性の集いに出席。500名の女性参加者に対して、男性参加者は来賓の議員と後援会の幹部のみで、倍率は50倍。佐藤議員の女性人気を垣間見た。
s-CIMG8877.jpg

 遅い昼食は、六角屋のラーメン。一時期ラーメンを控えていたが、県内の移動が多くなって、ついつい有名店が空いていると飛び込んでしまう。梅沢健治元県連会長の自宅にお邪魔して懇談。続いて、横浜市中区へ向かい、自民党神奈川県連にて、広報関係の打ち合わせ。青年会議所の神奈川ブロックの久保田会長らが来訪し、公開討論会の開催方法などについて意見交換。その後、横浜市栄区へ向かい、18:30より上郷地区センターにて、保阪努県議の県政報告会に出席。保阪県議とは県連の広報で一緒に仕事をさせていただいている。横浜市西区へ向かい、ホテルキャメロットジャパンにて、神奈川区選出の福田進横浜市議の春の例会に出席。いつもながらに温かい雰囲気の後援会の皆さんとしばし懇談。
s-CIMG8883.jpg s-CIMG8897.jpg

2月18日(日) 活動報告 

 朝、仲町台の自宅を出発し、東名高速の海老名サービスエリアへ。8:30より鶴見区選出の山田一海横浜市議の後援会総会旅行の休憩に駆けつけ、バス6台を回り、ご挨拶する。横殴りの冷たい雨の中びしょびしょに。暖まろうとサービスエリア内の食堂へ。吉野家の豚丼と豚汁セット。その後、横浜市中区へ向かい、神奈川県歯科医師会館にて7月の参議院選挙比例区に向けて活動されている石井みどりさんを支援する会に出席。石井みどり候補は鶴見大学の歯学部出身で、神奈川県内には同窓の歯科医師の皆さんが多数いらっしゃるとのこと。横浜市戸塚区へ向かい、同区選出の鈴木太郎横浜市議の新年会・決起大会に出席。金融やITなどの政策に強い太郎さんの活躍ぶりについて一言二言。
s-CIMG8812.jpg s-CIMG8824.jpg

 横浜市港南区へ向かい、13時より神奈川2区選出の菅義偉総務大臣の港南区新春の集いに出席。大臣就任後初の港南区での大きな会合で、大臣からも力強い挨拶があった。その後、茅ヶ崎市へ向かい、同市選出の藤間明男県議の新年会に出席。藤間議員は「県政人語」という活動報告を定期的に発刊し、会合や街頭などで配布しているが、一年分まとめたものをファイルにしていただいて帰る。川崎市多摩区で同時刻に行われている佐藤光一川崎市議の賀詞交歓会に出席の予定だったが、早めに終わってしまい間に合わず。横浜市西区へ向かい、横浜ロイヤルパークホテルにて神奈川県神輿保存会の新年会に出席。県内各地の神輿会や他の神輿の連合会からも参加者多数。これからも日本の伝統文化を守ってください。横浜市中区へ向かい、横浜市社交飲食喫茶技能連合会の賀詞交歓会に出席。テーブルを廻っていると、平山会長から2次会にお誘いを頂く。プライベートの新年会をキャンセルして、中華街へ。
s-CIMG8859.jpg s-CIMG8868.jpg

2月17日(土) 活動報告 

 朝は横浜市栄区へ。10時より同区選出の角田宏子横浜市議の事務所開きに出席。事務所の雰囲気や看板類も、通常の選挙事務所とは違っていて、さすが角田議員。続いて保土ヶ谷区へ移動し、同区選出の田中忠昭横浜市議の事務所開きに遅れて出席。縁起物の赤飯をご馳走になる。保土ヶ谷区には500枚を超える田中先生とのポスターが貼られている。感謝。昼食は「支那そばや」、藤沢の本店ではなく鶴ヶ峰店。綾瀬市に向かい、13時より同市選出の笠間しげじ県議の事務所開所式に出席。甘利大臣も駆けつける。その後、小田原市へ向かい、15時より同市選出の磯貝としひこ県議の決起大会に出席。河野議長も出席。横浜事務所に戻り、事務所ミーティングを行う。統一地方選の対応、選挙事務所の開設、印刷物、各後援会の決起大会など、やるべきことは沢山あるが、統一地方選挙の邪魔をしないように進めるのはかなり難しい。スタッフも必要だ。誰かいませんか?
s-CIMG8775.jpg s-CIMG8783.jpg

 川崎市川崎区へ向かい、18:30より同区選出の林ひろみ川崎市議の賀詞交歓会に出席。林さんは、6年前の選挙の時は川崎市連の青年局長としてお世話になった。夕食はテレビのランキングで全国2位にランキングされた本厚木本丸亭の塩ラーメン(川崎店だが)。結局昼夜続けてラーメンになった。帰りに県連関係者と合流。早めに帰ってテレビをつけると、北川正泰早大教授(前三重県知事)が、ローカルマニフェストの法案が成立しそうだと喜んでいた。頑張りました。明日も厳しいスケジュールが続く。
s-CIMG8807.jpg

2月16日(金) 活動報告 

 朝、8:30より党本部にて拉致問題対策特命委員会に出席。六カ国協議の結果と拉致問題について報告を聞き、意見交換。今日も説明は佐々江アジア大洋州局長。会館事務所に向かい、日程の打ち合わせや事務作業等の後、喪服に着替え、青山斎場へ。細田博之元官房長官のご尊父である細田吉蔵元総務会長の告別式に参列する。防衛庁長官経験者の葬儀の際は、自衛隊が葬送でいろいろと出番がある。
s-DSCF2996.jpg

 その後、有楽町に向かい、新構造春季会員展へ。高校の先輩の相模原市の佐藤賢さんが猪苗代湖の風景を描いたというので、駆け足で鑑賞。会館事務所に戻り、事務作業後、森喜朗事務所へ。6月の韓国での会議の参加を依頼。赤坂で会社訪問1件。7月の選挙に向けていろいろとお願い。会館事務所に戻り、日程等の打ち合わせの後、川崎市川崎区へ向かい、18:30より川崎日航ホテルにて、神奈川10区選出の田中和徳財務副大臣の賀詞交歓会に出席し、ご挨拶する。エレベータ待ちの列がホテルの外まで続くほどの大盛況。横浜市西区へ向かい、横浜ベイシェラトンホテルにて、旭区選出の梶村充横浜市議の賀詞交歓会に出席。自民党逗葉連合支部の総会にも出席の予定だったが、早めに終わったとのこと。お見送りまで付き合って、数名と一緒に2次会へ。あっという間に今週も週末に突入。天気が心配だ。
s-CIMG8758.jpg s-CIMG8767.jpg

2月15日(木) 活動報告 

 午前、広報政策関係の資料作成後、清和政策研究会の議員総会へ。町村会長らからの挨拶の後、外務省の佐々江アジア大洋州局長から6者協議について報告を受ける。6者協議の結果については、安倍総理が「拉致問題の進展が無ければ、我が国は北朝鮮に対する支援に参加はしない」とメッセージを出したため、そのラインで合意がなされたとの評価。結果はともかく、今後の推移についてはかなりの精査が必要だと思う。海外の論調などでは、米朝主導の合意と日本の存在感の無さが報道されているため、外務省は「6者協議の中で孤立しているのは北朝鮮であって、日本ではない」と繰り返す。しかし、そもそも中国、ロシア、韓国は拉致問題の解決において全く頼りにならないのであって、心配すべきは米国が日本の頭越しに金融制裁を含む制裁措置を解除したり、米朝国交正常化が急速に進展することである。その点についてアメリカと日本がどの程度の情報交換を行っているのかについて、「日米は緊密だ」という答えが外務省からは返ってくるが、僕は極めて懐疑的である。この時代にあり得ないとは思うが、30数年前のニクソンショックの再来は我が国外交にとっては、あまりに屈辱的。
s-DSCF2972.jpg

 会館事務所に戻り、ホームページのリニューアルについて打ち合わせ。与野党国会議員のホームページの中で面白そうなものをピックアップして、あれやこれや。色々と新しいことを考えている議員もいて、参考になる。一方で、選挙期間中にはインターネットを活用できないという公職選挙法は、情報発信の連続性という観点からも不合理。その後、党本部へ向かい、新堀・竹内両県議とともに中川秀直幹事長と面談。途中で、谷津選挙対策総局長、茂木筆頭副幹事長らと選挙情勢について打ち合わせ。続いて総務会長室に向かい、丹羽総務会長に対し、明日の総務会で審議予定の首長ビラ(ローカルマニフェスト)の法案の説明を行う。会館事務所に戻り、17時より取材1件。その後、経済産業省の瀬戸審議官から経済産業委員会の審議日程などについての説明を受ける。
s-DSCF2983.jpg s-DSCF2991.jpg

 赤坂プリンスホテルに向かい、18時より自民党の各種団体との新春懇親会に出席。商工・中小企業のテーブルを中心に関係者と懇談。比例区候補者はタスキをかけて会場内を精力的に歩いていた。続いて、同じく赤坂プリンスホテルにて、野上浩太郎参議院議員を励ます会に出席する。野上さんは同期当選で、僕より3才若い。学生時代に永田町でバイトをしたときにお父上にお世話になった2代の付き合い。会場は参加者で一杯だった。さすが。横浜市中区へ向かい、横浜青年会議所同期の卒業生の会である「目辰会」に出席する。鴨料理に舌鼓。友人の新年会の2次会に合流。背中が張って、たまらず針治療。

2月14日(水) 活動報告 

 午前、議員会館事務所に向かい、日程等の打ち合わせ。その後、議員総会、12時より本会議に出席。本日の議題は、いわゆる米の臨特法の採決のみで所要5分。本会議終了後に参議院自民党政策審議会での法案説明会。今国会に政府が提出予定の法案・条約など106件、提案が検討中の法案・条約18件、計124件の説明を各省庁の大臣政務官から聴く。自分の所属する委員会や、関心のある分野の法案については役所の担当者が説明に来たり、党本部の部会に出席するが、全法案を網羅してコンパクトに説明してもらうことは、極めて効率的。与党、特に自民党はこれだけ多くの法案を議論し、提出に漕ぎ着けているという事実をもっと国民の皆さんには知って欲しい。メディアで報道される法案審議は極々一部だということも。今年は統一地方選挙があり一時期国会審議がストップすること、参議院選挙のために延長がないことから、提出法案の数は絞るように、党の執行部からは指導があったが、必要性のある法案の提出を見送るわけには行かず、こういう数字になっている。検討中の法案の中にも教育改革関連など重要なものもたくさんあって、各委員会の審議スケジュールはかなりタイトになりそうだ。議員立法については、通常政府提出法案の後に審議されるため、僕が関わっている法案も、どう成立させるか綱渡りのものがほとんど。
s-DSCF2960.jpg

 会館事務所に戻り、打ち合わせや来客の後、17時より選挙制度改革について公明党との協議に出席。自民党からは中川幹事長、中川政調会長、片山参議院幹事長、鳩山選挙制度調査会長と僕、公明党からは北側幹事長、斉藤政調会長、木庭参議院幹事長、東政治改革本部長、佐藤茂樹代議士が出席し、首長ビラ(ローカルマニフェスト)の解禁を先行し、国政マニフェストの頒布解禁については3月をメドに協議を継続することに。今週中に党内手続きを終えて、来週早々に衆議院、参議院で成立させる運びに。インターネットの担当のはずが、いつの間にかマニフェストの担当になって苦労したが、取りあえずは一段落。民主党の担当である武正議員にその旨の報告をして、成立へ向けてのご協力をお願いする。
s-DSCF2965.jpg

 その後、経団連会館に向かい、参議院自民党と日本経団連との新年懇親会に出席。川崎市川崎区へ向かうが、春の嵐で天候は大荒れ。川崎日航ホテルにて、同区選出の坂本茂川崎市議の賀詞交歓会に出席。坂本議員の新年会は何故か毎年バレンタインデイ。ご両親が福島出身の坂本市議には、僕の後援会の幹部もお願いしている。お土産のチョコレートに加えて、激励の花束も頂いた。東京に引き返すが、かなり遅れて若手議員とマスコミ関係者の懇親会に参加、安倍政権の外交政策などについて議論。

 ところで、六者協議。日本は存在感を示せぬままに終了。米朝協議の中身など、日本には事前に情報が伝わっているのだろうか。今回の合意は12月に、アメリカの関係者から聞いた中身そのもの。我が国の知らないところで、大枠が決まっているらしい。日本側は少なくとも米国とは意思疎通が出来ているというが、事前のコンサルテーションと事後報告は全く別物。北朝鮮の核廃棄、拉致問題の解決において、日本はお客さんでいいはずがない。

2月13日(火) 活動報告 

 午前、衆議院第一議員会館に向かい、2階の面談室にて鳩山邦夫選挙制度調査会長とともに、公明党の東順治、佐藤茂樹両衆議院議員と選挙制度改革について打ち合わせを行う。その後、鳩山会長とともに参議院内に向かい、舛添参議院政審会長と打ち合わせ。続いて、衆議院内に向かい、中川秀直幹事長と打ち合わせ。さらに、参議院内に戻り、片山虎之助参議院幹事長と打ち合わせをする。途中、公明党の木庭健太郎参議院幹事長と片山幹事長との打ち合わせに同席。ローカルマニフェストの法案は法案成立後に、地方議会での条例策定が必要なため、統一地方選挙に間に合わせるためには来週がタイムリミット。まだまだ意見の相違がある国政選挙のマニフェストの議論とどうリンク(切り離すか)させるか最後の調整が続く。通称ローカルマニフェスト法案は、マニフェストの言葉が独り歩きしているが、実際は自治体の首長選挙で、候補者個人のビラを配布できるようにするもの。現行の法律では、候補者本人の名前や写真を使ったビラを選挙期間中に配布することが出来ず、「○○市の未来を創る会」とか「元気な○○県を実現する会」という誰の選挙運動かわからないビラを配っている。時にはどのビラがどの候補者のものか判別できないときもある。首長選挙の候補者や知事会などは、この法案の成立に強い期待を寄せている。改正に関わっている本人も、なぜこんな法律があるのか不思議。
s-DSCF2949.jpg s-DSCF2951.jpg

 12:20より参議院執行部会に出席する。議員会館に戻り、13:30より来客1件。14時より広報物の打ち合わせを行う。20代、30代の有権者に向けた新しい広報戦略を検討する。その後、衆議院第二議員会館へ移動し、神奈川8区選出の福田峰之代議士の会館事務所に立ち寄って、昨日の新年会に間に合わなかったお詫び。すみません。その後、横浜市中区へ。自民党神奈川県連にて、県知事選挙の広報関係の打ち合わせを行う。気がつくと告示日まであと40日。時間との勝負だ。横浜市港北区へ移動し、17:30より、新横浜国際ホテルにて、青葉区選出の横山正人横浜市議の新年会に出席。横山市議は同じ39年生まれだが、すでに3期12年を務め、今回は四回目の選挙。横浜青年会議所では僕の所属委員会の委員長でもあった。会議所メンバーも多数出席。その後、東京都港区に向かうが、横羽線は渋滞。遅れてエネルギー関係の勉強会に出席し、電力、ガス、石油業界の皆さんとエネルギー情勢について懇談。
s-CIMG8749.jpg

2月12日(月) 活動報告 

 横浜市中区へ向かい、横浜文化体育館にて、全日本バトントワリング選手権大会関東ブロック大会の開会式に出席。この大会は3月に名古屋で開催される全日本選手権の代表選考会を兼ねている。大会副会長としてご挨拶。鎌倉市へ向かい、神奈川4区選出の林潤代議士と鎌倉市選出の中村省司県議の報告会に出席。熱心に聴いていただく皆さんの前で、特に中村県会議長の県議会や自民党県連における存在感についてお話しする。横浜市中区へ戻り、ロイヤルホールヨコハマにて同区選出の村上健司県議のはなむら会に出席。はなむら会は村上県議の女性後援会。いつも華やかな雰囲気で開催される。
s-CIMG8706.jpg s-CIMG8720.jpg

 早々に、川崎市麻生区へ向かい、13:30より同区選出の尾作ひとし川崎市議の賀詞交歓会に出席。会の冒頭で川口より子議員とともに挨拶の時間をいただきご挨拶。厚木市へ移動し、神奈川16区選出の亀井善太郎代議士の国政報告会に出席。一部のセレモニーが終わり、二部の善太郎さんの国政報告が始まったところに到着。割り込んでご挨拶。新横浜で開催される神奈川8区選出の福田峰之代議士の新春の集いに向かう。途中までは順調だったが、保土ヶ谷バイパスから環状二号に入ったとたんに大渋滞。別のルートをと思ったが時、既に遅く。間に合わず。待っていて頂いた福田代議士、スタッフの皆さんごめんなさい。気を取り直して、横浜市戸塚区へ向かい、同区選出の吉原訓横浜市議の総決起大会に出席。菅大臣も参加して盛り上がった。横浜市連の総務会長を務める吉原市議は六期目の選挙。藤沢市へ向かい、同市選出の星野つよし県議の賀詞交歓会に出席。星野県議は来年に予定されている藤沢市長選挙を目指し、今回の県議選は出馬されない。その旨の経過報告と決意表明があった。やっと三連休も終了。やはり渋滞に巻き込まれて、スケジュールは大混乱。なかなかうまく行かない。明日からまた頑張ろう。
s-CIMG8734.jpg s-CIMG8739.jpg

2月11日(日) 活動報告 

 早めに出発するが、東名は予想以上の大渋滞。三連休の中日だが、お盆の時の様な状況だった。大和市へ向かい、同市選出の安藤ひろお県議の事務所開きに。遅れたために終了後の事務所を訪問。先が思いやられる。相模原市へ移動し、同市から神奈川県議会目指し活動されている本間としぞう元相模原市議の事務所開きに出席。横浜市瀬谷区へ移動し、自民党瀬谷支部の総会・新年賀詞交歓会に出席。ちょうど乾杯のタイミングで到着し、そのままご挨拶。恒例のおでんを頂いて出発。その後、再度相模原市へ移動し、けやき会館にて同市選出のたてもり勝弘県議の賀詞交歓会に出席。やはり乾杯前に到着し、一言あいさつ。しばらくして県議選の決起大会に式次第が変わって、さらに激励のご挨拶。続いて、同市の大沼神社にて須田たけし相模原市議の新春の集いに向かってご挨拶する。
s-CIMG8677.jpg s-CIMG8679.jpg

 渋滞のため川崎市中原区の福島県人会には間に合いそうもなく、断念。横浜市保土ヶ谷区へ向かい、保土ヶ谷公会堂にて同市選出の坂井太横浜市議の芸能の集いに出席。時間があれば、歌を一曲披露するところだが、挨拶だけで退席。横浜市中区へ向かい、神奈川県医師会59周年記念式典に出席。県の医師会では毎年この時期に、周年の新年会が開催される。一部の講師は安保・外交評論家の小川和久先生。ワシントン時代からお付き合いを頂いている。懇親会の片隅では、医師会の先生方が小川講師と日本の安全保障政策について意見交換をしていた。医師会代表で、夏に改選を迎える武見敬三参議院議員も出席。川崎市宮前区に移動し、自民党宮前区支部定期総会に出席。出席していた小泉昭男、川口より子、森元恒雄、小林温の四人の参議院議員は先に挨拶をさせてもらって退席。その後県連関係者と、統一地方選挙について打ち合わせ。今日も疲れた。
s-CIMG8683.jpg s-CIMG8699.jpg

2月10日(土) 活動報告 

 まず横浜市中区へ向かい、神奈川県看護連盟の事務所に。看護連盟の代表である清水かよこ参議院議員の後継として、7月の参議院比例区目指し活動されている松原まなみさんを講師として招いての講習会で挨拶。参議院の比例区には職域代表の候補者が並ぶが、特に専門性の必要な政策分野には、その分野に詳しい政治家が必要だと強く感じる。医師、歯科医師、看護師、歯科技工士などが並ぶ医療分野などはその典型。衆議院や参議院の地方区ではなかなか擁立が難しいが、全国に会員を有する団体であれば総合力で比例区に代表を送っている。ただし、団体の組織率が下がって、選挙の際の得票が伸びないのも近年の実情で、それぞれの団体が頭を痛めている。僕の立場は、それぞれの自民党の比例候補の運動に連動させてもらうという、調子の良いものだが、こういう機会には必ず、皆さんの代表を国会に送ることがどれだけ意味のあることかを、しっかりと訴える。残念ながら、役人のつくる法律は現場の声を無視したものが多いし、議論の現場に専門家がいることが大事だ。
s-CIMG8650.jpg

 川崎市高津区へ向かい、ホテルKSPにて同区から川崎市議会目指し活動されている青木のりおさんの賀詞交歓会に出席し、ご挨拶する。青木さんは29才。こういう若者が、公認候補として選挙への挑戦を決意してくれるような政党に、自民党は変わりつつある。後戻りは出来ない。その後、鎌倉市へ向かい、同市選出の中村省司県議の手広地区の後援会である広友会の新年会に出席。中村議長の新年会は、鎌倉、大船、手広と毎年三回お邪魔する。横浜市西区へ向かい、ホテルキャメロットジャパンにて、全日本不動産政治連盟神奈川県本部の政経懇話会に出席。今日は一部で甘利経産大臣、菅総務大臣と二人の講演があって、二部の懇親会に出席。夕食は豆腐料理でヘルシーに。久々に鍼を打ってもらって、体調を整える。
s-CIMG8668.jpg s-CIMG8671.jpg

2月9日(金) 活動報告 

 全日空ホテルに向かい、8時から韓国のジャーナリストとの懇談会に出席し、日韓関係について意見交換する。後藤田正純代議士、山本一太議員も参加。参加者は東亜日報、朝鮮日報、中央日報、毎日経済新聞の編集委員クラス。それぞれ滞米経験があり、経済にも詳しいようだった。日韓FTAの必要性について訴えると、「韓国政府は米韓FTAの締結が第一の目標であり、日韓FTAは経済的な効果も政治的な効果も期待できないので、後回し」という答えが返ってきた。日韓関係の専門家が参加する会議では、「日韓のFTAを早急に進める必要あり」という点で意見の一致を見るが、あれは知日派(親日派)のスタンスなのだと理解する。
 僕からのもう一つの問題提起は、米韓関係は大丈夫かということ。来週チェイニー副大統領が訪日するが、韓国に寄らずに帰る。米韓関係の希薄化は、朝鮮半島情勢にも日米韓の3国の関係にも影響は大きい。昨日から始まった六者協議は、議長国の中国が仲介する形で、実質的には米朝の二者協議が進んでいる。我が国及び韓国はお客さんのような状況だが、協議の結果が、我が国の国益や国民の意見に適うものなのか、非常に心配だ。最悪のシナリオは、拉致問題は進展せず、金融制裁をはじめとする制裁措置は緩和され、北に対するエネルギー支援に協力を求められること。あらためて思うのは、90年代前半の第一次核危機以来北の外交交渉能力は極めて高いということ。外務省も頑張って欲しいし、日本版NSCの必要性を今ほど感じること無い。
s-DSCF2942.jpg

 会館事務所に戻り、広報物の打ち合わせ等事務作業を行う。来客があったり、マニフェスト法案関係の電話連絡などで、午前中は終わる。

 参議院内に向かい、12時より参議院執行部会に出席。舛添要一政策審議会長と打ち合わせ。会館事務所に戻り、柳瀬原子力政策課長、原子力安全保安院、公正取引委員会からそれぞれ説明を受ける。続いて、面会1件。日本のIT分野の競争力強化について意見交換。引き続き事務作業と、マニフェスト法案の手続き準備、与党内の交渉は行きつ戻りつ。結論は週明けの火曜日に持ち越す。

 今日も綱渡りの新年会廻り。横浜市港北区へ向かい、18時より神奈川12区の鈴木恒夫代議士の賀詞交歓会に出席。早めに会場入りし、鈴木代議士とともにお出迎え。河野洋平議長、麻生外務大臣と挨拶が続くため、冒頭で退席し、溝口へ。川崎市高津区のホテルKSPにて、市議選に挑戦する斉藤正彦さんの新年会へ。斉藤さんは自民党川崎市連の青年局長。続いて、川崎日航ホテルへ向かい、川崎区選出の嶋崎嘉夫川崎市議の賀詞交歓会に出席。乾杯前に滑り込み。電車に乗り換えて、藤沢市へ。同市選出の鈴木つねお県議の早春の集いに出席し、ご挨拶する。鈴木恒夫代議士と鈴木恒夫県議は同姓同名。同じ日に新年会があるのも不思議だ。東海道線でビールを飲みながら東京に戻り、ベンチャー企業経営者との懇親会に出席する。携帯電話を使った選挙運動について意見交換。明日から地獄(?)の三連休。
s-CIMG8636.jpg s-CIMG8640.jpg s-CIMG8647.jpg

2月8日(木) 活動報告 

 朝、宿舎を出発し、衆議院内へ。参観ホールにて、神奈川13区選出の甘利明経済産業大臣の後援会綾瀬市寺尾支部の国会見学会に駆けつける。今日は国会見学の団体が集中していて、待合室もごった返していた。その後、会館事務所に戻り、事務作業。途中、取材1件。ロシアの資源エネルギー外交の影響について。12時より赤坂プリンスホテルにて、清和政策研究会の議員総会に出席。清和研では教育再生の集中的な議論を行っており、その結果も発表された。少し時間があったのでプライベートの事務処理数件。その後、会館事務所に戻り、面会と取材1件ずつ。マスコミは官邸内部のパワーバランスに興味があるようだが、安倍内閣の政権運営の本質を見て欲しい。
s-DSCF2925.jpg s-DSCF2935.jpg

 神奈川県東京事務所に向かい、県が推進する主な施策に関する説明会に出席し、神奈川県の来年度予算について説明を聞いた後、横浜市西区へ。17時より崎陽軒本店にて、崎陽軒の野並豊会長の出版記念祝賀会に出席し、ご挨拶する。知事、横浜市長、相鉄の星野会長に続いての来賓祝辞で、ちょっと長く話しすぎて反省。会合で頂くシュウマイ弁当や、海外出張の際に現地の日本人向けに持っていく真空パックシュウマイの話などをさせて頂いた。磯子区へ向かい、18時より同区から横浜市会目指し活動されている渕龍一さんの新春の集いに出席。渕さんは、6年前の参議院選挙と同じ投票日の市会補選で熱い夏をともに闘った同志。横浜市港北区へ向かい、神奈川区選出の梅沢裕之県議の賀詞交歓会に出席。裕之議員の先代は、僕の育ての親とも言える梅沢健治元県連会長。今は県の選挙管理委員のため、息子さんの新年会にも顔を出せない。相模原市へ移動し、同市から神奈川県議会目指し活動されている飯田のりやすさんの決起大会に向かうが、予定より早く終わるとの連絡。途中で断念。ジンギスカンでスタミナをつける。
s-CIMG8613.jpg s-CIMG8623.jpg

2月7日(木) 活動報告 

 朝8時よりルポール麹町にて、「国民主役の新しい公職選挙法を考える会」第一回会合に出席。経済界やマスコミなどが結集し、政治改革の推進を目指した21世紀臨調と、超党派国会議員有志による会であり、昨年5月の発足会合に続いての実質的な初会合。国会図書館から諸外国の選挙制度関連の事例を聞き、衆議院憲法調査特別委員会筆頭理事の保岡興治代議士より国民投票法と18歳選挙権について報告を聞いた後、僕からインターネットを利用した選挙運動の自民党における検討状況について報告する。その後、民主党からも状況報告を聞く等の後、意見交換した。現在党の選挙制度調査会で大詰めを迎えているマニフェストの法改正が一段落すれば、いよいよインターネット選挙の議論が始まる。「選挙におけるインターネット利用の解禁」というと、インターネットに詳しい、既に活用している候補者に有利なのではという意見が党内にはある。しかし、ホームページはじめ、実際はネットを政治活動や選挙活動に使うことは常識になりつつあり、逆に無法地帯と化している。立法府においては、時代にあったルール作りが必要だという論点が優先されるべき。衆議院補選や愛知県知事選ではSNSを使った後援会活動が展開されたらしい。自分の選挙でも使えないかどうかをチェックしているが、仮に選挙管理委員会に問い合わせをすれば、SNSの利用は公職選挙法違反に該当する可能性があると答えが返ってくるはず。議論をしている間に、新しい技術はどんどん開発され、現行の公職選挙法はさらに時代遅れになる。
s-DSCF2889.jpg

 会館事務所に戻り、メールチェックや日程調整等の打ち合わせの後、12時より参議院政策審議会に出席。総務省選挙部より政治資金規正法・公職選挙法のこれまでの改正経緯と現状について聞き、議論する。マスコミをにぎわした「事務所費」や「小沢民主党代表の不動産」などの法的根拠を確認する。特に政治家に関わる問題については、総務省も踏み込んでは来ないため、事件が起きたり、国民世論が盛り上がったときに、つぎはぎの改正が行われた。抜本的な改正を参議院主導ですべきだと提案。その後、13時から16時まで国際問題に関する調査会に出席。多極化時代における新たな日本外交について参考人から意見聴取し、議論する。
s-DSCF2906.jpg s-DSCF2914.jpg

 会館事務所にて事務作業後、横浜市中区へ。18:30よりロイヤルホールヨコハマにて、同区選出の村上健司県議の選対拡大役員幹部会に出席。6年前の公募当時、村上県議は県連幹事長だった。現在も県連の実務の中心的存在。中区は今回定数が1から2に増員となり、無投票の可能性もあるといわれている。再び東京に戻り、明治記念館にて町村派の参議院議員の会の「清風会」の新年会にかなり遅れて出席。町村会長、森名誉会長も加わり、選挙に向けての結束を誓い合う。当選若手6人で2次会へ。
s-CIMG8595.jpg

2月6日(火) 活動報告 

 朝7:30より、党本部にて参議院自民党競馬推進議連の勉強会に出席。時間前に到着したが、青木会長は既にタバコを吸っていた。地方競馬に限らず公営ギャンブルは苦戦が続いているが、売り上げが底を打った開催者は、様々な努力が実ったようだ。続いて8時より、経済産業部会・中小企業調査会の合同会議に出席する。本日の議題は、株式会社商工中金法案や中小企業信用保険法改正案等。続いて、政策金融機関改革合同部会にも出席し、株式会社日本政策投資銀行法案等について意見交換。会館事務所に戻り、日程の打ち合わせやメールチェックを行う。衆議院内にて、神奈川13区選出の甘利明代議士後援会の綾瀬市蓼川支部の国会見学会に駆けつけ、ご挨拶する。参議院内に向かい、10時からの国会対策委員会に出席、幹事長室に顔を出す。政審会長室にて、舛添要一政審会長と選挙制度改革について打ち合わせ。


 会館事務所に一旦戻った後、12時より参議院内にて執行部会に出席。その後、大急ぎで衆議院内の議員食堂へ移動し、神奈川1区選出の松本純代議士のご紹介で金沢区大道町内会の国会見学昼食会に出席し、ご挨拶する。その後、同じくお隣で国会見学昼食会をされていた、神奈川9区選出の山内康一代議士と川崎市麻生区選出の尾作ひとし川崎市議の川崎市王禅寺地区後援会の国会見学会の皆さんにご挨拶。衆議院第一議員会館へ移動し、地下食堂にて、神奈川10区選出の田中和徳代議士のご紹介で今井西町町内会の国会見学会に出席し、ご挨拶する。今日は国会見学デー。


 12:45より、参議院内にて、議員総会に出席。終了後、本会議に出席。新型インフルエンザ対策や災害復旧事業など緊急に執行すべき予算が計上された平成18年度補正予算が成立した。野党は出席せず、全会一致と思ったが、民主党を離脱中の今泉副議長の反対票(多分)があった。会館事務所に戻り、先日の逗子市長選で惜敗をした網倉大介前逗子市議と面会。その後、広告代理店と選挙の広報戦略について打ち合わせ。統一地方選挙から参議院選挙にかけての、浮動層向けの新しい選挙戦術について意見交換。衆議院第一議員会館へ移動し、公明党の佐藤茂樹代議士と選挙制度改革について打ち合わせを行う。タイムリミットは迫っているが、何とか法案提出に漕ぎ着けたい。その後、党本部へ移動し、鳩山邦夫選挙制度調査会長に佐藤議員との調整状況について報告する。会館事務所に戻り、16時より新聞社の取材2件。米国の選挙コンサルタントと打ち合わせ。

 横浜市西区へ移動し、18時よりパシフィコ横浜にて、全日本美容師講師会トップマスターズライン発表会・懇親会に出席。パンパシフィックホテル横浜にて、南区食品衛生協会の賀詞交歓会に出席し、ご挨拶する。東京に戻り、メディア関係者と夕食。安倍内閣に対する逆風はまだ止まないようだ。反転攻勢の妙手は何だろう。平日の新年会はだんだん数が減ってきたが、統一地方選挙の事務所開き、決起大会がこれから本格化する。

2月5日(月) 活動報告 

 参議院予算委員会は、与党のみの出席で予定通り開会。メディアは、与野党が水面下で国会正常化への接触をはじめたと報じている。東京駅に向かい、東海道線に乗って茅ヶ崎駅へ。阿部浅本店にて、保守系の茅ヶ崎市議会のOB及び現職議員の会である茅柱会の新年賀詞交歓会に出席。数年前に横浜新道の事故渋滞で2時間遅れた記憶があって、無難に電車で移動。再び茅ヶ崎駅から東海道線に乗って新橋駅に戻り、議員会館へ。事務所で日程等の打ち合わせ後、14:30より鳩山邦夫選挙制度調査会長と選挙制度改革の打ち合わせをする。マニフェスト法案の審議スケジュールを考えると、今週中にある程度の結論が必要。公明党との与党協議を急ぐことに。

 横浜市中区へ向かい、神奈川県調理師会の賀詞交歓会に出席。50分の余裕を見つけて散髪に。「若く見える髪形に」とお願いするが、あまり変わらず。18時より横浜市西区の横浜ランドマークタワーにて、神奈川県歯科技工士連盟の中西しげあき氏と語る会に出席し、ご挨拶する。中西しげあきさんは、歯科技工士の代表として参議院比例区を目指し活動されている。3年前に続く挑戦だが、今度こそ当選をして欲しい。その後、川崎市麻生区に向かい、同区選出の山崎なおふみ川崎市議の賀詞交歓会に出席。四年前に勇退した笠原勝利議員の後継として公募候補になって当選した山崎さんは、誠実な政治姿勢で確実に前進している。新年会も大盛況。


2月4日(日) 活動報告 

 今日は愛知県知事選、北九州市長選の投票日。天気は良さそうなので、投票率が上がりそうだ。今日はまず横浜市旭区に向かい、同区選出の古川なおき横浜市議の新春寄席に出席。古川市議は26歳で初当選、38歳で四期目の選挙を迎える。市営の施設のネーミングライツの導入を提案し、横浜スタジアムは日産スタジアムになった。いつも爽やかな政治を実践している。今日もサッカーのユニフォーム姿の若手が中心で会の運営にあたっていた。相模原市へ移動し、ホテルラ・ポール千寿閣にて神奈川14区選出の赤間二郎代議士の南部新春の集いに出席。三日連続の会の最終日。今日も大盛況だった。昨日おとといは、乾杯後の到着だったが、今日は何とかご本人の挨拶中に到着。横浜市西区へ移動し、東京地方税理士会の石井宏尚会長の藍綬褒章受章祝賀会に出席。続いて横浜市港北区へ向かい、新横浜国際ホテルにて、民謡の会である清謡連合の新年会に出席。小山内清謡先生中心に盛大な会だった。お世話になっている元綾瀬市議会議長の渡部泰先生と懇談。


 川崎市高津区へ向かい、ホテルKSPにて神奈川18区選出の山際大志郎代議士の賀詞交歓会に出席。4年前の補欠選で苦杯をなめ、3年前に雪辱をした山際代議士も、どんどん逞しい政治家になっている。負けないように頑張らねば。横浜栄区に向かい、同区選出保阪努県議のカラオケ大会に出席。これまでは、冬のソナタの主題歌を韓国語で歌ったり、小林旭の歌を歌ったりしたが、今日は時間の関係で挨拶だけ。川崎市多摩区へ向かい、同区選出の土井りゅうすけ県議の新年会に出席。サプライズで小泉前総理が登場。土井県議はかつて小泉純一郎事務所に勤務していた、いわば小泉ファミリーの一員。同じく多摩区にて、19時より阿部たかお川崎市長の中野島ルネッサンス新春の集いに出席。中野島は阿部市長の自宅があり、6年前の選挙の際にはここが中心になった。その後、1時間かけて愛川町へ移動し、党大和支部の女性部長である平沢勝子さん始め、大和と愛川の皆さんの新年会に出席。少しゆっくりとビールを頂く。11時に帰宅。愛知県知事選の当確が現職の神田知事に出た。予想以上の接戦で、明日以降の国会運営にどう影響が出るか、心配だ。またまた長い週末が終わった。お疲れ様でした。

2月3日(土)活動報告 

 昨日の与党だけの補正予算の審議・採決には評価はまちまちのようだ。ただ「審議拒否はよくない」という意見が多いのには、ほっとする。明日の愛知県の知事選の結果がどうなるか。今日はまず川崎市中原区に向かい、11時よりエポック中原にて同区選出の松原成文川崎市議の賀詞交歓会に出席。松原議員は拉致問題や教育問題などで、活発な活動をしている。続いて横浜市港北区へ向かい、都筑区選出の嶋村勝夫横浜市議の賀詞交歓会に出席。もうかなり前に議長も務められた嶋村議員の新年会は今日も大賑わい。中田市長も出席。今日は人不足でドライバーの交代があるため、しばらく自分の運転で、横浜市栄区に向かい、同区選出の角田宏子横浜市議の「小さな文化祭」に出席。角田議員のパフォーマンスは見逃す。先代の和宏先生と昼食の巻き寿司を頂く。


 横浜市港南区へ向かい、同区選出の桐生ひであき県議の新春の集い・総決起大会に出席。地元の菅大臣も忙しい中を出席。その後、横浜市港北区へ向かい、新横浜フジビューホテルにて、同区選出の酒井よしのり横浜市議を囲む会、並びに酒井市議の後継として同区から横浜市会を目指し活動されている酒井まことさんの決起集会に出席。横浜市金沢区へ向かい、相生真鶴会館にて同区で活動されている峯尾ゆずる前県議の初春の集いに出席。真鶴会館のキャパの関係で、この新年会は午前と午後の2回開催が恒例。今日は午後の部のみの出席。横浜市中区へ移動し、17時より早大横浜校友会新年会に出席。県下各地の校友会、稲門会の幹部もいる席で、ご挨拶の時間を頂く。相模原市へ向かうが、土曜の夕方は大渋滞。結局90分かけて移動し、神奈川14区選出の赤間二郎代議士の中部新春の集いに出席。3日連続の2日目。今日も大盛況だった。今日も16号の大渋滞を避けて、中央高速で帰途につく。保土ヶ谷バイパスから16号の渋滞は益々深刻だ。政令市を目指す相模原にとっても、大きな課題。

2月2日(金)活動報告 

 衆議院の予算委員会は今日も野党欠席のまま。衆議院で予算委員会が開かれている間は、参議院は動かない。朝は横浜市中区へ。10:30よりロイヤルホールヨコハマにて党神奈川県連の選対事務局会議に出席。その後、広報戦略について打ち合わせ。宿舎へ戻り。ガス警報器などの点検に立会い。


 川崎市中原区へ向かい、党川崎市連の賀詞交歓会に早めに到着。お出迎えを行うとともに、16時よりの開会後、壇上にてご挨拶する。横浜市中区に向かい、党南区支部の統一地方選挙決起大会に出席。いよいよ、新年会と決起大会が重なり始めた。その後、今日2度目のロイヤルホールヨコハマ。年明けから何度目だろう。中華街のロイヤルホールとローズホテル、みなとみらいのロイヤルパーク、横浜駅西口のベイシェラトンとキャメロットジャパンは、年明けからそれぞれ20回以上の新年会に出席している。表彰して欲しいぐらいだ。港南区選出の田野井一雄横浜市議の賀詞交歓会に出席。新米のころは、「小林君の挨拶時間は45秒」などと言われたが、今は自分から「1分頂きました」と短いご挨拶。来賓挨拶は短ければ短いほど評判が良い。


 相模原市へ向かう。14区赤間二郎代議士の新年会は3日間続く。今日は初日の北部地区。1時間15分遅れで着いたが、肝心の本人は衆議院本会議のためにまだ到着していないとのこと。本人不在のまま、ご挨拶をする。1時間30分遅れで、本人が麻生大臣と河野太郎県連会長とともに到着。盛り上がった。橋本からの帰りは八王子経由中央高速。いつも気になっていたラーメン屋で夕食。味は微妙。テレ朝報道ステーションに、ジェームズワグナーというNEWSWEEK日本版の副編集長がコメンテーターで出演していた。古館アナの質問に正論で答えるので、与党批判にならず、古館氏は面白くなさそうで、面白かった。さすがメディアが成熟したアメリカのジャーナリストは違う。長時間の車での移動で、固まってしまった腰を鍼治療。効いた。あっという間に週末が来た。明日明後日もかなりのハードスケジュール。

2月1日(木)活動報告 

 朝、宿舎を出発し、8時からルポール麹町にてマニフェスト推進議連の共同代表である逢沢一郎、玄葉光一郎両代議士と公選法改正に関する打ち合わせを行う。その後、10時より公明党の佐藤茂樹代議士、総務省選挙部と公選法改正の調整作業。その後、国対で衆議院予算委員会の状況などについて、情報収集。柳沢大臣は辞任せず、補正予算審議の重要性に鑑み、与党だけで予算委員会を進める方針。災害復旧5,513億円、新型インフルエンザ対策172億円、学校の耐震補強2,806億円など緊急性を要する予算案件が補正予算案には含まれている。審議拒否は野党の常套手段だが、民主党の若手の中には「時代が違う」と評価しない向きも。政治の信頼性が問われているのだから、問題発言の扱いとは別に、立法の府では必要な審議を進めるべきだと思う。赤坂プリンスに向かい、12時より清和政策研究会議員総会に出席する。森名誉会長と打ち合わせ。

 会館事務所に戻り、本日の講演の打ち合わせ等を行った後、横浜市中区へ。ワークピア横浜にて防災かながわ協同組合・相模原、大和防災設備協同組合合同新年会に出席。県庁の自民党控え室で、新堀典彦議員ら在室の方々と、政局や統一地方選などについて懇談。その後、17時よりホテル横浜ガーデンにて神奈川パナソニックファミリー会新年例会に出席。「我が国のIT・資源エネルギー戦略」と題し、松下政経塾在塾の思い出等も交え、講演を1時間程行う。ファミリー会は神奈川県内にある松下関連会社の会。続いて行われた懇親会にも出席。東京都中央区へ向かい、政経塾OBの嶋聰ソフトバンク社長室長らと会食。逢沢一郎議運委員長は、国会の混乱のため参加できず。さながら今日は松下デーだった。松下幸之助塾主(政経塾ではこう呼ぶ)に感謝。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。