スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月29日(火) 活動報告 

 初めてつくばエクスプレスに乗って、筑波へ。たった45分、便利になった。駅からタクシーで国土地理院へ。今日は前通常国会で提出した地理空間情報活用推進基本法案の審議の準備のため、測位・地理情報システム合同部会の視察。概要説明、GPSの活用事例、ある地点の緯度経度を常時計測する、電子基準点などの説明。日本列島は動いている。外に出ると日本列島を縮尺した球体の模型があって、南鳥島、沖ノ鳥島など、日本の領海やEEZが広大なことを再認識。沖ノ鳥島にも電子基準点があった。海洋国家日本にとっては竹島や尖閣もやはり必要だ。

 バスで浦安に移動。浦安市役所で統合型GISの運用状況について説明を聞く。浦安では自治省の統合型GISの実証実験を行ったのをきっかけに本格的な運用を行っている。道路台帳図、家屋図、地番図、地形などのデータを重ね合わせ、庁内で1枚の共通の基図「共用空間データベース」を整備しており、庁内各課の連携強化、重複投資等がなくなることによる予算の削減等、様々な効果が得られていると言う。



 そのまま議員会館へ戻り、メールチェックや打ち合わせなど。6時から会館近くの中華料理屋で今日の視察の懇親会。内閣官房、国土交通省、文部省、経産省、総務省などの担当者と意見交換。

 その後、某IT企業の社長室長と会食。10時に世耕さんと合流、若手6人で遅くまで、打ち合わせもろもろ。次は総裁選後にやろうといって別れる。
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobayashiyutaka.blog46.fc2.com/tb.php/218-9dfd8e85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。