スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月3日(日) 活動報告 

 東京を11時半過ぎに出発して成田へ、今日からインドへ出張。今回は電子電気業界との官民合同インドミッションの団長を務める。インドは中国と並んで急速に経済発展をしている大国でBRICSの一国としての巨大な市場に内外から大きな関心を集めている。我が国電子電気業界もかつてインドへ進出したものの、業績が十分に上がらず相次ぎ撤退。一方で最近では韓国や欧州、中国のメーカーなどが積極的に進出しており、日本メーカーのインドへの取り組みの出遅れ感が否めない。今回のミッションでは、インドにおける日本の電子電気業界のプレゼンス向上・市場開拓を目指す。

 成田到着後、午後1時より空港内でミッションの結団式が行われた。副団長である富士通の小野副社長とシャープの安達専務をはじめJEITA(社団法人日本電子情報技術産業協会)会員企業の役員クラス、METIの中山情報政策課参事官など総勢26名。ミッション全体の日程は約1週間であるが僕はスケジュールの制約上1泊3日のとんぼ返り出張となる。

 午後2時40分のJL471便に乗り込み一路デリーへ。3時間半の時差があるが、9時間のフライト。機中では、運よくインターネットも使えて仕事がはかどる。メールの処理、読んでいない資料の整理など、あっという間にデリーには夜8時頃に到着。そのまま市内の日航ホテルへ、夜はホテル内のレストランで同行メンバーと夕食。普段からお世話になっている松下の桂常務、JEITAの金子専務、日本ケミコンの井上社長などとインドビールとインド料理で懇親、気分良く就寝。現地時間では12時だが、日本時間は3時半。少し長い一日だった。
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobayashiyutaka.blog46.fc2.com/tb.php/223-2ff1f976

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。