スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月9日(金) 活動報告 

 全日空ホテルに向かい、8時から韓国のジャーナリストとの懇談会に出席し、日韓関係について意見交換する。後藤田正純代議士、山本一太議員も参加。参加者は東亜日報、朝鮮日報、中央日報、毎日経済新聞の編集委員クラス。それぞれ滞米経験があり、経済にも詳しいようだった。日韓FTAの必要性について訴えると、「韓国政府は米韓FTAの締結が第一の目標であり、日韓FTAは経済的な効果も政治的な効果も期待できないので、後回し」という答えが返ってきた。日韓関係の専門家が参加する会議では、「日韓のFTAを早急に進める必要あり」という点で意見の一致を見るが、あれは知日派(親日派)のスタンスなのだと理解する。
 僕からのもう一つの問題提起は、米韓関係は大丈夫かということ。来週チェイニー副大統領が訪日するが、韓国に寄らずに帰る。米韓関係の希薄化は、朝鮮半島情勢にも日米韓の3国の関係にも影響は大きい。昨日から始まった六者協議は、議長国の中国が仲介する形で、実質的には米朝の二者協議が進んでいる。我が国及び韓国はお客さんのような状況だが、協議の結果が、我が国の国益や国民の意見に適うものなのか、非常に心配だ。最悪のシナリオは、拉致問題は進展せず、金融制裁をはじめとする制裁措置は緩和され、北に対するエネルギー支援に協力を求められること。あらためて思うのは、90年代前半の第一次核危機以来北の外交交渉能力は極めて高いということ。外務省も頑張って欲しいし、日本版NSCの必要性を今ほど感じること無い。
s-DSCF2942.jpg

 会館事務所に戻り、広報物の打ち合わせ等事務作業を行う。来客があったり、マニフェスト法案関係の電話連絡などで、午前中は終わる。

 参議院内に向かい、12時より参議院執行部会に出席。舛添要一政策審議会長と打ち合わせ。会館事務所に戻り、柳瀬原子力政策課長、原子力安全保安院、公正取引委員会からそれぞれ説明を受ける。続いて、面会1件。日本のIT分野の競争力強化について意見交換。引き続き事務作業と、マニフェスト法案の手続き準備、与党内の交渉は行きつ戻りつ。結論は週明けの火曜日に持ち越す。

 今日も綱渡りの新年会廻り。横浜市港北区へ向かい、18時より神奈川12区の鈴木恒夫代議士の賀詞交歓会に出席。早めに会場入りし、鈴木代議士とともにお出迎え。河野洋平議長、麻生外務大臣と挨拶が続くため、冒頭で退席し、溝口へ。川崎市高津区のホテルKSPにて、市議選に挑戦する斉藤正彦さんの新年会へ。斉藤さんは自民党川崎市連の青年局長。続いて、川崎日航ホテルへ向かい、川崎区選出の嶋崎嘉夫川崎市議の賀詞交歓会に出席。乾杯前に滑り込み。電車に乗り換えて、藤沢市へ。同市選出の鈴木つねお県議の早春の集いに出席し、ご挨拶する。鈴木恒夫代議士と鈴木恒夫県議は同姓同名。同じ日に新年会があるのも不思議だ。東海道線でビールを飲みながら東京に戻り、ベンチャー企業経営者との懇親会に出席する。携帯電話を使った選挙運動について意見交換。明日から地獄(?)の三連休。
s-CIMG8636.jpg s-CIMG8640.jpg s-CIMG8647.jpg

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobayashiyutaka.blog46.fc2.com/tb.php/383-02f2e41e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。