スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月21日(水) 活動報告 

 今日は久々の本会議。参議院内に向かい、議員総会、続いて本会議に出席。首長ビラ(ローカルマニフェスト)に関する公選法改正が成立した。衆議院の予算委員会の審議中に参議院の委員会で法案を審議し、成立をさせることは、米の臨時特例法など、毎年この時期に処理の必要のある法案に限られている。スムーズに成立までこぎつけることが出来たのは、政調、国対、議運、他党の関係者などのご協力のお陰。あらためて感謝。本会議散会後、国対と委員長・理事会議に出席し、今後の国会運営について話し合う。衆議院での予算案の通過をにらみながら、各委員会も大臣所信の聴取など、いわゆる店開きの準備を始める。会館事務所に戻り、事務作業。伊達忠一議員が来訪し「自民党衛生検査所に関する制度推進議員連盟」の運営についての打ち合わせ。12時より参議院内にて、参議院政策審議会に出席。六者協議の意義と今後の北東アジア情勢について意見交換。講師にお招きした伊豆見元(静岡県立大学教授)とは、20年の付き合いになる。僕がワシントンでSAISにいた時代に、伊豆見先生はハーバードにいて、ボストンからワシントンに来た際には運転手兼助手を務めていた。いつものように“学者らしくない視点”からの、鋭い分析に共感。日本が六者協議で存在感を示すために、核、拉致に加えてミサイル開発の問題提起と、将来的な北東アジアの安全保障体制に対する主体的な取り組みが必要とのご提案を頂いた。

 会館事務所に戻り、司会を担当する予定の金曜朝8時からの知的財産戦略調査会について事前レクを受ける。続いて13:30よりインターン面接1件。桜美林大学の杉山君。14時より経済産業省の羽藤情報政策課長ともろもろの打ち合わせ。日本の産業競争力強化のためには、政治のリーダーシップが必要だが、なかなか方向が定まらない。14:30より外務省の廣木参事官より六カ国協議等について、14:50からは文部科学省の勝野課長よりスーパーコンピューター政策について、15:20より経済産業省の内山製造産業局次長から法案のそれぞれ説明を受ける。

 党本部へ向かい、16時より外交力強化に関する特命委員会に出席。「国家の情報機能強化に関する提言」について意見交換。三つの分科会が設置をされ、「外交プレイヤーとの連携強化」チームの委員に任命される。会館事務所に戻り、17時よりインターン面接1件。早稲田大学の小出君。学生インターンも卒業シーズンを控え、新しいメンバーも即戦力になってもらわねば。その後、松下政経塾の後輩の高松君が来訪し、一緒に車に乗って平塚へ向かう。途中で活動の報告を聞きながら、アドヴァイス。19時より自民党第十五選挙区支部の政談演説会に出席。浜田幸一元代議士が講師で、1500人の参加者。県連の選対副本部長として開会前に、平塚の森正明県議、相原清市長候補予定者、杉野正知事候補、平塚市議選の自民党推薦候補の支援をお願いする。東京に引き返し、赤坂プリンスホテルにて、商工会青年部全国組織化40周年記念祝賀会に出席する。赤プリの大きな会場二つが一杯になる盛大な会だった。商工会青年部の代表である松村祥史議員と神奈川のテーブルにお邪魔して、蒔田県連青年部会長らとしばし懇談。松村さんは商工会青年部の推薦候補として中小企業政策に力を注いでいるが、経済産業委員会の若手として、いつも二人で質問を分担している。その後、品川へ向かい食事。帰り際に通信業界関係者と合流。


スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobayashiyutaka.blog46.fc2.com/tb.php/395-1dfda1be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。