スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月2日(日)活動報告 

 韓国の済州島にてCEAA(Council on East Asian Affairs)日韓セミナーに出席。この東アジア協議会は韓国で設立された東アジア財団が中心となって、日、韓、米、ロ、中、モンゴルの政、財、学、マスコミのメンバーシップで立ち上がった新しい組織だ。二カ国の対話と全体のフォーラムを年に一度開催する予定で、季刊誌も発行する。外交・安保で最も権威のあるフォーリーアフェアーズを発行しているアメリカの外交問題評議会(CFR)の東アジア版を目指している。ノムヒョン大統領の側近中の側近でもある文正仁(ムンジョンイン)延世大教授が仕掛け人だが、本来なら日本でこういうイニシアティブがあるべき。

 午後にはパク・チョルヒ ソウル大助教授と東アジア財団のウェブサイト用の対話を収録。テーマは「日韓関係と世代交代」。

 夕方、済州空港へ向かい、18時5分発の飛行機に乗り、20時30分成田空港に到着する。そのまま成田の隣町である多古町の町長選に出馬予定の所一重氏の事務所に激励訪問。所氏は学生時代にジョージタウンで英語を勉強した時の友人。火曜日が告示、9日が投票日。三つどもえの大激戦のようだ。
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobayashiyutaka.blog46.fc2.com/tb.php/71-0f4a3aa9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。